短期離職になるけど、転職しようかな
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > 面接対策 > 離職理由が「残業が多い」ときの面接での話し方

離職理由 残業が多い


離職理由は「残業が多い」

一番の退職理由が「残業が多い」「サービス残業の多さ」

という方も多いでしょう。

その上、仕事にやり甲斐がなく人間関係も悪い、パワハラがあって辛い・・・などがある場合。

やはり、

今の会社を辞めたいな・・・

と思うのは当然です。

残業が多いことを一番の理由として退職するのはアリです。

残業の多さや休日出勤の多さを退職理由としている人は多いですからね。

しかし、その後の転職活動では離職理由を「残業が多かったので退職した」と伝えるのは避けるべきです。

離職理由が「残業が多い」ときの面接での話し方について、解説したいと思います。

短期離職となる方、第二新卒が内定率の高い転職活動をするには

面接対策で離職理由をどう話したら良いの?と色々と調べている方も多く、ご覧になっていると思います。

もし、短期離職や第二新卒としての転職活動となる方で、書類選考や面接が突破できず苦戦している方は、次の記事も合わせてご覧になってみてください。

短期離職、第二新卒の転職を成功させるには

短期離職の方におすすめ転職エージェント(新卒1年目、2年目)

内定率の高い転職活動をすることができます。

サービス残業が多い、休みが潰れる、退職理由として素直に伝えて良いの?

短期離職した後の転職、面接対策

実際、

・残業の多さ
・サービス残業の多さ
・休日出勤の多さ

などを退職理由としている人は多いです。

ですから残業が多すぎてプライベートの時間が無い、なんのために働いているのか悩んでいる、自分を見失いはじめた・・・となれば、退職しようかなと考えるのは当然と思います。

残業が多いことを、自分で変えられるケースはあまり無いように思います。

職場そのものも労働環境の改善、残業削減への取り組み、上司や経営層の残業に対しての考え方を変える必要がある場合が多いためです。

そもそも、ブラックな体質の企業の場合には、長時間労働が奨励されます。

長く働いた分だけ成果が出る、ライバル企業に勝つにはもっと長く働くこと。

エンジニアであれば短納期の仕事が多すぎる、といったようなことも残業の多さの原因かもしれません。

残業時間を短くしようと思っても、自分で解決できないことはとても多いのです。

残業時間が多いことで身体的・精神的に次第に辛くなってきます。
これは私も経験済みです。

やはり残業が100時間を超えると、精神的に参ってきやすいように思います。

中には、精神的に追い詰められている気がする、といったような場合には、早めに環境を変えることが必要かもしれません。

つまり転職です。

残業が多くて退職したい。でも、残業時間はどれくらい長い?

今、勤めている会社を辞めたいという退職理由が「残業が多かった」「休日出勤が多かった」という方は実際多いと思います。

場合によっては、素直に退職理由として伝えても良いでしょう。

ただし、残業時間の長さが問題です。

面接官が残業時間を聞いて、

「その残業時間の長さは身体を壊しても仕方無い、ブラック企業だなあ・・・」

と思うほどの残業時間であったり、連続勤務30日以上などどう考えても激務な方もいると思います。

しかし、そこまで残業時間が多くはない方も多いでしょう。

残業時間が長いと感じるかどうかは、個人差が大きいのです。

みなし残業について

求人を調べていると、

「みなし残業49時間分含む」

といったように、見なし残業と書かれている求人が多いことに気付きませんか?

上記の場合だと、49時間以上の残業は残業代を支払います、ということになります。

つまり、普段から49時間程度、残業がある可能性が高い企業です。

月の稼働日数が20日として、1日あたり2.45時間の残業が平均してあるかもしれません。

就業時間が18時までなら、会社を出るのは21時頃となるでしょうか。

応募先企業の残業時間を確認することが重要です

もし、あなたが今まで毎日3時間ほどの残業があって激務だ、勤務時間が長い・・・と感じていた場合。

再び残業時間が長い・・・と辞めたい気持ちになる可能性が高いです。

また人によっては毎日2時間程度の残業があっても、不満を持つかもしれません。

残業時間が退職理由の場合、転職先候補の企業の残業時間については、しっかり情報収集をしておかなければなりません。

ネットや企業の口コミ情報で残業時間について分からない場合には、面接で確認することが必要です。

あなたが残業時間が月40時間で長い・・・と思って転職活動いるところに、実は応募した企業は月の残業時間が60~70時間あったとしたら。

即効で転職に失敗したと感じるでしょう。

双方のミスマッチを防ぐためにも、退職理由は必ず質問されることになります。

面接で伝えにくいネガティブな退職理由はどうする?

基本的には、転職の面接で答える退職理由は、

残業時間が長くて辛すぎて辞めた

といったようなネガティブな内容にはしない方が、やはり良いです。

残業削減の方向に多くの企業が動いていますが、現実的には全く残業が「ゼロ」という企業は少数派です。

多少の残業なら大丈夫、業種によっては繁忙期は忙しくても頑張ります、とアピールしなくては中途採用してもらえない可能性もあります。

転職の面接で必ず質問される退職理由。

退職理由を答える際には、必ず前向きな話で終わるようにすることが大切になります。

残業時間が多すぎる、ネガティブな退職理由の言い換え

残業時間が多い、それもサービス残業。

働いても働いても残業代も出ないし、疲労だけが残る。土日もどっちか出ないと無理かな。眠い、今日も終電か・・・もうこの会社、辞めたいな・・・

残業時間を理由として、転職を決断する方は少なくありません。

しかし、退職理由として伝えるにはネガティブです。

面接では言い換えて退職理由とすることが必要です。

「もっと効率良く働いて、仕事とプライベートのメリハリをつけることで成果を挙げる働き方を目指したい」

「残業時間の長さではなく、仕事の成果で評価を受けられる会社で働きたい」

合わせて、残業時間を削減するためにどういった提言、行動などを行ってきたかも伝えると良いと思います。

職場で改善が見られなかったために転職を決断したという話の流れで受け取ってもらえます。

保育園のお迎えができなくて困っている、といった家庭の事情などがある場合も、伝えた方が良いでしょう。

退職理由を話すときの注意点

面接で退職理由を質問され、答える時の注意点を再確認しておきましょう。

退職理由は必ず前向きな話で終わる

退職理由を話す時は、必ず前向きな話や志望動機につなげて終わることが重要です。

話の終わり方で、あなたへの印象が大きく変わります。

「○○の経験を活かして、御社で貢献したいと思っています」

といったような前向きな話の終わり方にもっていけるように、意識して受け答えをすることが重要です。

他責、批判はしない

面接官の印象を悪くし、不安感を抱かせるのは「他責の言葉、前の職場への批判」です。

もし採用しても、入社後に同じような不満を言うようになるのでは・・・?と思われる可能性が高いです。

周囲や環境に対して不満を持ちやすい人材、という印象を与えることは避ける必要があります。

表情、声のトーン、仕草に気をつける

今は面接中もマスクをしていたり、オンライン面接という機会も多いと思います。

以前の面接よりもハキハキと面接官が聞き取りやすいように話をすることが重要です。

面接官の目を見て、聞き取りやすい声の大きさ、スピードで話すことを常に意識するようにしてください。

面接では一緒に働きたい人かどうか、といったことも見られています。

なんだか暗そうな人、視線が合わずにおどおどしている人、声がぼそぼそ聞き取りにくい人と一緒に働きたい!とは思わないですよね・・・

面接は転職を決めるために、短いながらも重要な時間です。

少しでも良い印象を持ってもらえるように、表情、声のトーン、仕草に気をつけることが大切となります。

短期離職、第二新卒の転職を成功させるには

短期離職の方におすすめ転職エージェント(新卒1年目、2年目)




キーワード