短期離職後、転職が決まらない

薬剤師 1年目 辞めたい


薬剤師1年目 辞めたい、転職したい

薬剤師1年目、働き始めて数ヶ月、半年など1年未満で辞めたい・・・と転職を考える人も少なくないと思います。

薬剤師となって最初の就職先、理想の職場で働くことができた、と満足している人はほとんどいないでしょう。

実際、新卒薬剤師の3人に1人が3年以内に転職しているともいいます。

理想と現実のギャップが大きい薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

結論からいうと、1年目の薬剤師でも転職することは可能です。
薬剤師となって数ヶ月、半年でも転職は可能といいます。

ただし、次の転職先で長く働くことが重要です。
早期離職を繰り返す経歴となってしまうと、さすがに需要が高く転職しやすいといわれる薬剤師であっても、次第に正社員としての転職が難しくなってしまいます。

薬剤師1年目で辞めたい、転職は失敗しやすい?

と悩んでいる新卒薬剤師さんも多いと思います。

薬剤師1年目でも転職は可能です。
転職に失敗しないために気をつけるポイントをご紹介します。

この記事でご紹介している薬剤師転職エージェント

薬剤師1年目の転職にもおすすめの転職エージェントをご紹介しています。

【薬剤師転職エージェント】

ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師

もしこれから転職活動をされるのでしたら、こうした職場の詳しい情報を持つ転職エージェントの活用が成功のためのポイントになります。

まずは相談から、という利用方法もおすすめです。

情報を集めてみて、転職せずに今の職場でもう少し頑張ってみるという選択肢もあります。

薬剤師1年目、多い退職理由

退職願

薬剤師1年目で転職する場合、多い退職理由としては次のようなものが挙げられます。

人間関係が辛いので辞めたい

薬剤師の退職理由で多いのが人間関係です。

薬剤師は女性が多い職業であり、人数がそれほど多くはない薬局など職場も多いでしょう。

新卒薬剤師として入職、面倒見が良い上司、優しい先輩薬剤師ばかり、とは限りません・・・。

新人ですから当然知識もなく、自分で判断することもできず分からないことだらけ。
失敗もあるかもしれません。

それをカバーするのが先輩薬剤師、上司のはずですが新人薬剤師いじめ、パワハラ、指導をしない、質問しても答えてくれないなど人間関係で悩んでしまうケースもあります。

ドラッグストアなど他店舗経営の場合には異動願いを本部に相談するなども可能ですが、病院や小規模な企業、調剤薬局などの場合には転職するしか解決方法が無い、といったことも。

人間関係は薬剤師の退職理由に限らず、退職理由として常に上位にあるといえます。

労働環境が辛くて辞めたい

労働環境も職場によって大きく差があります。

ほぼ残業無しのホワイトな職場から、長い残業時間が常態化している職場まで・・・
薬剤師の人数が少なく休憩が取れない、といったことも労働環境の辛さには含まれてきます。

忙しいドラッグストア、店舗の場合には細切れ休憩、合計して30分ちょっとの休憩時間といったこともあるでしょう。

60分しっかり休憩時間が取るのは難しい・・・という不満を持つ薬剤師さんは多いのではないでしょうか。

残業時間に関しては不満を持つ薬剤師さんは多いと思います。
職場によってはサービス残業となっているかもしれません。

病院薬剤師の方の場合には、当直も大きな負担になっているかと思います。

給料が低い

金欠の薬剤師

新卒薬剤師の給料、初任給を貰って思ったのが、

意外と給料が安い・・・

だった、という薬剤師さんも多いのではないでしょうか。

勤務時間が長いのに給料が安いと、大きな不満になりやすいです。

病院薬剤師の方は薄給で働く方が多いでしょう。
調剤薬局も就職先によって大きく給与差があるといえます。

ドラッグストアは給与は高めですね。

特に薬剤師になるために学費や生活費のために「奨学金」を利用した方も多いでしょう。

奨学金は返さなければなりません。
しかし大きな負担になりますよね・・・それも長い返済期間です。

給料から家賃、光熱費、食費、光熱費などを引くとほとんど残らない・・・1年目は夏のボーナスもありませんし、冬のボーナスもそこまで支給学も多くはないでしょう。

1年目の薬剤師の給料は安いのは仕方ありませんが、相場を下回るような給料の低さの場合には、転職を考える薬剤師さんも少なくありません。

薬剤師1年目の転職は失敗しやすい?

薬剤師1年目、辞めようかな?転職しようかな?とお考えの薬剤師さんの就職先はどちらでしょうか?

・病院
・ドラッグストア
・調剤薬局

などが新卒薬剤師の主な就職先となると思います。

いずれの職場でも薬剤師の仕事の大変さはあるでしょう。

1年目だから転職に失敗しやすいということはありません。

実際、薬剤師1年目でも転職している人は多く、転職エージェント経由でも登録は多いと言います。

1回目の転職であれば、1年目で早期離職であっても転職先を見つけることは可能だそうです。

もちろん、しっかりと転職の準備をすることが必要不可欠です。

新卒薬剤師、1年未満の転職はよく考えて

調剤薬局へ転職

実際に正社員の薬剤師として働き始めたからこそ分かることは多いですよね。

いずれも就職先を決める際の情報収集の不足が原因ともいえそうです。

新卒薬剤師が3年以内に3人に1人が転職する、といったことを考えても薬剤師の離職率も低くはありません。

しかし3年以上、同じ職場で働く薬剤師もいるのですからやはり就職先選びに失敗した面はあるといえるでしょう。

薬剤師は1年目でも転職は可能です。

しかし、次の職場では長く働くことが大切となります。

今の職場を辞めたい理由を明確すること。
また、自分にも原因がないか、といったことを考えることも転職活動をする際には大切です。

コミュニケーションの取り方に失敗した、体調管理に失敗した、やりたい仕事ではなかった、など原因も色々と見えてくると思います。

転職に踏切る前に、今の悩み・辞めたい原因を改善出来ないかどうかを考えることも転職に失敗しないために重要です。

上司に相談して解決する可能性があるかもしれません。

時間が経てば解決する可能性は無いかどうかも考えてみる必要があるでしょう。
(仕事に慣れたら解決するかも、といったことなど)

また、転職すれば本当に悩みが解決するのかどうかも大切なポイントになりますね。

同じ薬剤師1年目の友達に相談したら、既にその人が転職していたから自分も、といったケースもありそうです。

次に、薬剤師1年目、転職に失敗しやすい人に見られる共通点をみていきましょう。

転職に失敗する新人薬剤師の共通点

転職に失敗して悩む薬剤師

薬剤師は需要が高い職種のため、1年目でも転職が可能です。

退職理由や志望動機をしっかりと準備をして面接に臨めば、今後に期待をして採用してくれる調剤薬局やドラッグストアは見つかるでしょう。

1回目の転職に関しては、早期離職だからこそ次の職場では頑張って働いてくれる、と考える採用担当者、経営者は多いということもあります。

問題は、転職活動に失敗してしまい短期間で辞めて転職を目指してしまうことです。

転職に失敗する新人薬剤師の共通点から、転職に失敗しないためには、どういった点に注意すると良いかを抑えることも大切です。

給料の高さを優先して転職してしまう

転職先を決めるにあたり、給料の高さはとても気になりますよね。

特に奨学金の返済がある場合、給料が低いと生活が苦しくなります・・・。

少しでも手取りが多い薬剤師求人を探したい。

他にも借金がある場合などは、給料の高さを優先してしまうかもしれませんね。

長く働くために重要なのは職場の人間関係、労働環境などです。

給料の高さも重要ですが、福利厚生や職場の雰囲気などもしっかりと情報収集する必要があります。

焦って転職先を決めてしまった

とにかく今の職場を早く辞めたい、ということで急いで次の転職先を決めて辞める。

そうした薬剤師さんもいるかもしれません。

急いで転職先を決めることもできますが、再び転職活動をすることのないように、しっかりと職場の情報を得てか自分に合っている転職先かどうか。

辞めたい理由を解消できる転職となるかどうかを判断することが大切です。

焦っていると、どうしても良い方に解釈しがちですから、失敗する可能性が高くなります。

情報収集が不足している

興味を持った転職先の情報は、細かいことであっても確認することが大切です。

転職エージェントを利用していれば、代わりに確認してもらうこともできますので、転職活動の負担を軽くすることができます。

自分で転職サイトを利用して求人を探す場合、情報不足になる可能性もあります。

求人票だけの情報で判断してしまう、エージェントに最初に聞いた話だけで判断してしまうなど。

転職エージェントを利用する場合、職場の見学に行くことができる場合が多いです。
(外出自粛の状況によっては、難しい可能性もあります。)

見学をするとしないとではミスマッチの確率が変わってきます。

見学をしない場合であっても、細かいと思うことでも転職したらそこで働くことになるのですから、確認をして情報収集不足にならないようにすることが大切です。

薬剤師1年目だから転職する、という考え方もあります

1年目で転職する場合、経歴としてずっと残りますから転職のたびに早期離職について聞かれるかもしれません。

2年、3年と最初の職場で経験を積んだ方が、転職活動もしやすくなります。

しかしこれ以上働くのが嫌な職場で我慢して働くのは無理・・・

といったケースもあると思います。

既に心身に不調をきたしているような薬剤師さんもいるかもしれません。
その場合には、早期に退職し休養された方が良いかと思います。

転職するにあたり、自分自身にも反省すべき点がある場合には反省して、1年目だからこそ時間は貴重ということで転職を決断する、という考え方もあります。

転職理由をポジティブに説明でき、次の転職先でも長く働くことができれば早期離職の経歴も、その後に影響するものではないといえるでしょう。

1年目の薬剤師でも転職に成功するには

職場の人間関係、労働環境などが原因で、どうにも限界ということで転職を決断される薬剤師さんもいらっしゃると思います。

薬剤師1年目の転職だからこそ、次の転職先選びが重要になります。

次の職場こそ、しっかり長く働きたい。
そう思っている薬剤師さんは多いのはないでしょうか。

転職に成功するために重要なのは、

転職目的がぶれないこと

といえます。

辞めたい理由が解消される職場に転職をすることが最重要となります。

そのためには職場の詳しい内部情報が必要でしょう。

転職エージェントを活用することで詳しい情報を得て、求人に応募するかどうかを判断することが大切となってきます。

薬剤師1年目、第二新卒の転職に強い薬剤師専門の転職エージェント

薬剤師1年目で転職をする場合、経験の浅さから即戦力と考えてもらうことは難しいです。

それが1年目の薬剤師は転職が難しい、ということにつながっています。

しかし長期的なキャリアを考えた上での転職、といったポジティブな転職理由に結びつけてアピールすることで面接官に良い印象を与えることが可能となります。

そうした面接対策などについても、転職支援を専門とする薬剤師転職エージェントの担当者からアドバイスを受けることで、成功率を高めることができます。

ぜひ、長く働くことができる職場への転職を成功させてください。

【おすすめ薬剤師転職エージェント】

ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師




キーワード