新卒で入社した会社を辞めたい
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > 短期離職 > 短期離職の方におすすめ転職エージェント(新卒1年目、2年目)

短期離職 エージェント


短期離職、転職エージェントはどこがおすすめ?

短期離職してしまった後、転職エージェントを利用するならどこがおすすめかをご紹介しています。

短期離職者の転職活動は、一般的な転職活動よりも難しいといえます。

ただし、新卒1年目、2年目、3年目など第二新卒といわれる時期での短期離職であれば、1回目の転職活動であれば、準備をしっかり行うことで十分に転職に成功することができます。

2ヶ月、3ヶ月で退職することを不安に思っている方も多いかもしれませんが、安心してください。

問題となるのは短期離職2回目、3回目となる場合です。

その場合には、転職エージェントを利用しても転職先を見つけることに苦戦する可能性があります。

とはいえ、自力で転職活動を行うよりも転職エージェントを利用された方が成功率は高くなりますので活用をおすすめします。

経験が浅い1年目など第二新卒で短期離職する方向けに、おすすめ転職エージェントをご紹介します。

短期離職ってどのくらいの期間?

第二新卒の転職時期

そもそも、

短期離職

ってどれくらいの期間で退職することを言うの?

と気になっている方もいるのではないでしょうか。

ただし、業界や会社によってどれくらいの期間を「短期離職」と呼ぶかは曖昧ともいえます。

人材の流動性が高い業界であれば、2年経てば短期という印象は無く短期離職と言われないこともあるでしょう。

人材が定着して長く働くケースが多い業界であれば、3年でも短期離職というかもしれません。

採用担当者によっても、短期離職の期間の定義はマチマチでしょう。

一般的には短期離職は2年目~3年目まで、と捉えて対策をする必要があります。

特に問題となるのは、やはり新卒で入社して1ヶ月、2ヶ月など数ヶ月で退職するケースです。

そこまで短期での離職ではなくても、業界を問わず入社して1年以内での離職は、短期離職として不安に思う採用担当者は多いです。

短期離職者の転職成功のポイントは「退職理由」

とはいえ、新卒で入社する会社が自分に合っているかどうか、分かる人は少ないでしょう。

入社してみたら、聞いていた話とは違う部署、仕事内容だった、なんてことも実際には多いと思います。

人間関係が最悪だった・・・上司のパワハラが日常茶飯事、といったこともあるかもしれません。

短期離職者は確かに不安に思われるかもしれませんが、重要なのは短期離職するに至った、

退職理由

です。

短期離職での転職は、実はそこまで評価は低くありませんから大丈夫です。

20代など若い人材の採用では「伸びしろ」に期待する部分が大きいですから、退職理由が納得出来るものであればそこまで問題視はしない、という採用担当者は多いですよ。

それに今は終身雇用はもう崩れていますから、目的を持って転職する人を受け入れる下地はできていると言って良いでしょう。

もしかすると、採用担当者も過去に短期離職を経験している可能性もあります。

短期離職者が転職エージェントを利用して転職活動をした方が良い理由

第二新卒向け転職エージェント

短期離職者は転職活動をする際には、転職エージェントを利用した方が良い結果が得やすいです。

新卒1年目、2年目はまだまだ若く、転職市場でも需要が高い年齢です。

短期離職といっても、22歳、23歳、24歳といった方が多いと思います。

年齢を考えると書類選考には通過する確率は高い・・・と思っていたのに、書類選考で落ちまくる。

そうした方は実際に多いのではないでしょうか。

短期離職でも、面接を受けられる可能性が高くなる

転職エージェントを経由して求人に応募する場合、担当者から書類では分からない応募者の魅力などを伝えて貰えることが多いです。

特に企業の採用担当者と強いパイプを持っている場合には、しっかりプッシュしてくれることも少なくありません。

短期離職、転職を成功させるためには、こうしたサポートが受けられる転職エージェントの活用は重要です。

自力で転職活動をしていた時は、書類選考が全く通らなかった・・・

という方も、転職エージェント経由に切り替えたら、早々に転職先が決まった!というケースも少なくありません。

履歴書、職務経歴書、面接対策などアドバイスを貰える

第二新卒の転職、失敗しないためには

応募書類の内容にも注意する必要がありますし、面接対策もとにかく大切です。

プロの目からみて履歴書や職務経歴書、面接対策での的確なアドバイスを貰えることは、短期離職で不安に思う部分も大きい方にとって、とても心強いものとなると思います。

また紹介してもらえる求人は、基本的に「内定が貰えそうな求人」となります。

転職エージェントもビジネスとして、転職に成功する可能性が無い求人を紹介してお互いの時間を無駄にするようなことはありません。

ただし、利用する転職エージェントを選ぶ必要はあります。

キャリア(ハイキャリア)の方を中心に転職支援を行っているエージェントもありますし、20代、第二新卒の転職支援に強い転職エージェントもあるからです。

新卒1年目、2年目といった第二新卒の時期に短期離職する場合には、次のような転職エージェントを活用されるのがおすすめとなります。

短期離職した方におすすめ転職エージェント

新卒1年目、2年目といった時期に短期離職となる方に、おすすめしたい転職エージェントです。
転職エージェントによって得意な求人、特徴が異なります。

また対応エリアが求人状況によって変わる転職エージェントもありますので、それぞれの転職エージェントの公式サイトで最新の利用状況をご確認ください。

転職エージェントを利用した場合、必ず求人に応募しなくてはならないの?と思っている方もいるかもしれませんが、決してそうではないです。

転職エージェントの担当者との相性もありますし、転職活動の進め方に違和感を覚えることもあるでしょう。

そのため、複数の転職エージェントを利用して、自分に合っているところをメインに絞る方法がおすすめです。

ワークポート

ワークポートは未経験者のキャリアチェンジ転職にも強い転職エージェントです。

元々はIT・WEB系に特化型の転職エージェントでしたが、現在は様々な業界の求人を扱っている総合型の転職エージェントとなっています。

とはいえ、元々がIT・WEB系、ゲーム業界のなどのエンジニア求人に強かったため、現在でも取り扱う求人はITエンジニアなどが非常に多いです。

紹介してくれる求人数は他のエージェントと比べて、多いという口コミが多く見られます。

未経験からIT業界への転職を目指す方にもおすすめです。

スピード感のある転職支援が特徴でもありますので、短期離職後に早めに転職先を探したい場合なども利用してみてください。

⇒ ワークポート 転職支援の詳細はこちら

就職shop

就職shopはリクルートが運営しており、求人数の多さも利用するメリットです。

新卒として入社して数ヶ月での短期離職の場合、アピールできる経験が無い・・・といったことは珍しく無いと思います。

その場合、未経験者歓迎の求人を中心に応募した方が転職成功率は高くなります。

就職shopが取り扱う求人の多くは未経験者が対象の正社員求人です。
さらに「書類選考なし」で面接を受けることが出来ます。

新卒、第二新卒の方におすすめの転職エージェントとなります。
学歴についても高卒、中卒の方も利用可能です。

求人数が多く事務職の紹介実績も多いのが、就職shopです。

店舗が集中する関西と関東で、転職を希望される方におすすめです。

⇒ 就職shop 転職支援の詳細はこちら

DYM就職

20代、第二新卒の転職やキャリアチェンジ転職を得意とする転職エージェントがDYM就職です。

相談からの成功率が高いことが特徴です。

もっとしっかり業務経験を積んで、キャリアを積みたい。
もしくはいっそのこと、キャリアチェンジ転職をしたい。

そうした場合には第二新卒、キャリアチェンジ転職にも強いDYM就職の利用を検討してみてください。

転職支援が利用できるエリアも広いので、地方の方も転職相談しやすいと思います。

DYM就職の特徴は書類選考なしで面接が受けられるため、選考スピードが早いことです。

社内ニートの状況から早く脱出したい、と思っているのに転職活動も時間がかかり長引く・・・となるとさらに精神的につらい状況になってしまいます。

内定が出た後の入社日は相談可能な企業が多いですから、まずは転職先を決めましょう。

DYM就職は第二新卒の転職、経験が浅い方の転職支援にも多くの実績があります。

対応エリアも広めです。

⇒ DYM就職 転職支援の詳細はこちら

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

マイナビの中でも20代の転職支援に特化しているのが、マイナビジョブ20’s(マイナビジョブトゥエンティーズ)です。

利用者数のべ16万人、非常に多くの20代の方が利用して転職されています。

未経験OKの求人も多く取り扱っており、キャリアチェンジ転職を目指す方にもおすすめといえます。

コンサルタントのサポートも手厚いと好評です。

⇒ マイナビジョブ20’s 転職支援の詳細はこちら

DODA

DODA

国内トップクラスの圧倒的な求人数を持つDODAです。

上記でご紹介した転職エージェントと比較して、非常に多くの求人数となります。

20代の転職支援でも多くの実績を持ち、未経験OK求人、異業種転職でも強みを発揮してくれる転職エージェントです。

2年以上の職歴がある方は、DODAを利用することで非常に多くの求人を紹介してもらえるのではないでしょうか。

利用者満足度が高く、転職活動が初めての方にもオススメです。

非公開求人も多く、様々な業界・職種の求人情報を得ることが可能です。

⇒ DODA 転職支援の詳細はこちら

短期離職の転職は不利、転職エージェントの情報力・サポートを利用する

短期離職した後の転職活動は不利になることが多いです。

特に、自力で転職先を見つけようとして場合、書類選考で連続で落ちまくることもあります。

・応募する求人選びの失敗

・履歴書、職務経歴書の内容が良くない

・志望動機がアピールできていない

・他に魅力的な応募者が多く比較して落ちた

様々な要因で書類選考が通らない可能性があります。

特に求人サイトを利用して応募する場合、企業によっては応募者多数となりますので、短期離職者は比較して書類選考で落ちるケースが多くなるといえます。

そうした方は、転職エージェントを利用し書類選考通過率をまず上げてください。

応募書類の書き方などのアドバイスを貰い、応募書類だけでは伝わらない転職希望者の魅力、人柄などをプッシュしてもらうことで書類選考が通過しやすくなる場合があります。

面接対策も企業に合わせてアドバイスを貰えますから、内定率を高めることができます。

面接での受け答えも、プロのアドバイザーやコンサルタントから的確なアドバイスを貰えることで、内容が良くなる方は多いです。

短期離職の転職は不利になりがちです。

ぜひ、転職エージェントの情報力・サポートを利用してみてください。

⇒ 短期離職した方におすすめ転職エージェント

でおすすめ転職エージェントをご紹介しました。

相談は無料ですから、ぜひ活用してみてください。




キーワード