現場監督を辞めたい
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > 仕事辞めたい > 新卒で施工管理 辞めたい・・・向いていないと分かったら

新卒 施工管理 辞めたい


新卒 施工管理 辞めたい

新卒で施工管理の仕事に就職したけれど・・・辞めたい

施工管理の仕事の魅力として自分が関わった建築物が長く残る、といったこともありますよね。
また、施工管理は給与が高いことも魅力です。

そう思って施工管理会社に就職したけれど、もう限界、辛くて辞めたい

新卒で施工管理 辞めたい、という方は多いです。

新卒就職者、3年以内の施工管理離職率は高卒者で50%前後、大卒者でも30%前後となっています。

実際、定着率を上げるために苦慮している施工管理会社、企業はとても多いです。

施工管理は辞める人もとても多いのです。

残業が多く休みも少ない、今月の残業時間はどれくらいか数える気力も無い・・・施工管理は自分には向いていない、と分かったら。

施工管理会社からの転職、新卒が早期退職する場合の転職活動についても失敗しないための方法を掲載しています。

新卒が施工管理を辞めたい理由

退職願

施工管理は激務で辛い仕事になる現場も多く、新卒で就職しても1年以内に退職する人も多いです。

もちろん、そこまで激務にならないように会社全体で気をつけているところもありますし、仕事に慣れてきたらまた状況は変わる可能性もあります。

新卒で施工管理を辞めたい理由、退職理由として多いのは次のようなものとなります。

【施工管理を辞めたい理由】

・早朝から深夜までの長時間労働が辛い

・サービス残業が当たり前で辛い

・休みがない

・長時間労働、休みが少ない、仕事が大変なのに給料が安い

・現場作業者、上司の荒っぽさに耐えられない

・モノづくりからは遠い仕事だと気付いた

施工管理は長時間労働、休日出勤が多くなりがちです。

新卒で施工管理に就職し、仕事について最初は分からないのが当たり前。

分からないなりに必死に現場を駆けずり回り、少しでも仕事を覚えようと頑張っていたけれど・・・

こうした毎日が将来もずっと続くのか・・・と考えた瞬間に心が折れた、という方もいると思います。

全ての会社がそうだとはいえないかもしれませんが、プライベート、家庭を犠牲にして成り立つ職業とはいえるでしょう。

それ以前に体力的に限界、精神的にも不調をきたしてしまい新卒1年目にもかかわらず退職する人も。

施工管理の仕事が合わない、体力の限界を感じたら・・・施工管理はすぐ辞めるべき?

施工管理で働き始めた人で、すぐに辞めたいと考える理由も様々だと思います。

上司にパワハラが酷すぎる、職人さんとのコミュニケーションに悩んでしまったり、拘束時間の長さに体力的に限界を感じてしまって・・・など。

施工管理は新卒3年以内に辞める人がとても多く、またキャリアのある人も資格取得した後は待遇が良い有利に働ける大手ゼネコンなどに転職する人も多く、全体的に離職率が高いのです。

離職率が高いから中途採用も多い施工管理

そのため、

未経験歓迎、施工管理求人

はたくさん求人サイトにも掲載されています。

もちろん新卒採用にも積極的な会社が多いです。

でも早期退職者も多い、という状況でもあります。

施工管理の仕事で働き始めて、この仕事は合わない・・・と分かった。

激務によって体調を崩してしまった、精神的に不調をきたしてしまった・・・

という場合には、転職が一番良い選択肢となることはあります。

新卒で施工管理を短期離職、そこまで不利にならない?

辞めたい理由を明らかにして、辞めた方が良いのか、もう少し辞めずに頑張ってみた方が良いのかは考える必要があるでしょうけれど、施工管理は激務で辞める人が多いため1回目の転職であれば短期離職がそこまで不利になることは少ないとも言われます。

転職先として選んだ業界によっては、施工監督の仕事の辛さを知っている採用担当者も多いです。

また丸っきり異業種転職となる場合でも、施工管理の仕事の過酷さを客観的に伝えると、

「それは辞めても仕方ない」

と思って貰えるケースは多いでしょう。

一番重要なこととして考えなければならないのは、責任感から施工管理の仕事を頑張り続けて倒れてしまうことです。

最悪、社会復帰するまでに長期間、必要な状況になってしまう可能性もあります。

簡単に仕事を辞めてしまい、ジョブホッパーになるのは避ける必要がありますが、責任感が強い方は頑張り過ぎてしまって倒れてしまうケースもあるんですよね・・・

新卒で施工管理を辞めた方が良いケース

新卒で施工管理として就職、早期退職となっても辞めた方が良いケースがあります。

それは、

・心身に影響が出ている場合

・全く仕事にやり甲斐が感じられない場合

などです。

どんな職種で就職してもいえることですが、激務、過酷な労働環境、人間関係によって心身に影響が出てしまっている状況の場合。

・朝起きれない
・突然涙が出てくる
・それまで楽しめていた趣味が、全く楽しくない、やりたくない

といったような場合、うつの兆候といえます。

私もうつ病になったことがあるので分かるのですが、そこで頑張り過ぎないことが大切です。

そう、そこで休むことができれば回復もしやすいのですが、仕事への責任感から頑張り続けてポキッと折れてしまう人が多いといえます。

また周囲もこの段階では気づいてくれません。

労働環境や人間関係については、できれば上司に相談をして環境改善や異動などの対処をしてもらえると良いのですが、施工管理では異動などの対処も難しいでしょうし上司がキツくて相談なんて無理・・・といったこともあるでしょう。

施工管理は辞める選択肢が一番良い選択肢になる、ということが多いことも、離職率の高さに繋がっているのではないでしょうか。

新卒で施工管理を辞める、その後の転職先って見つかる?

新卒で施工管理を辞めても、転職先は見つかります。

安心してください。

とはいえ、今は有効求人倍率も下がってきており、以前よりは短期離職者の転職、第二新卒の転職も厳しい状況にはなっています。

仕事探しをする地域にもよります。

地方であれば、元々求人が少ない上に旅行・観光に関連する企業も多いため、経営に影響が出ておりむしろ解雇を進めていることもあります。

倒産、中小企業の解散、休業などニュースにならないだけで多いのです。

お住まいの地方でも都市部で働く場合には、未経験者歓迎の仕事もまだまだ多く見つかります。

施工管理の仕事を早期退職した場合でも、年齢を考えれば未経験歓迎の求人に積極的に応募することで内定を得ることはできるでしょう。

第二新卒歓迎の企業も多いです。

異業種転職するなら若い方が有利、ということもあります。

施工管理からおすすめ転職先

短期間ながら施工管理の仕事から学んだ知識を活かして転職をしたい場合には、次のような転職先がおすすめです。

・ハウスメーカーの営業
・建設会社の営業
・住宅設備の営業
・資材メーカーの営業
・ゼネコンの営業
・不動産管理会社
・設備管理(ビルメン)
・設計事務所のCADオペレーター

などは比較的、転職しやすいといえるでしょう。

施工管理から異業種転職したい

新卒の方であれば、施工管理を辞めて全然違う業界の仕事に就きたい、異業種転職したいと考える方も多いと思います。

現場監督はやりたくない、建築関係の仕事は避けたい。
デスクワークがしたい。
残業が少ない会社に転職したい、休みがちゃんと取れる働き方をしたい、など転職にあたっての希望条件も色々とあると思います。

新卒者が短期離職した場合の転職先としては、

・ITエンジニア
・営業
・介護
・製造

といった仕事への転職が、未経験歓迎、第二新卒の求人も多く目指しやすいといえます。

施工管理から転職成功するポイント

施工管理から転職したとしても、後から「やっぱり前の会社の方が良かった・・・」とならないように、施工管理を辞めたい理由を明らかにすることが大切です。

・早朝から深夜までの長時間労働
・休みが少ない
・プライベートの時間が無い
・職人とのコミュニケーションが辛い
・上司のパワハラが辛い
・天候に左右される仕事が嫌だ

など人によって退職したい理由は色々とあると思います。

転職成功のポイントは、辞めたい理由を解消できる職場に転職できるかどうかです。

ただし、全ての希望を満たせる転職先というのは、なかなか見つけるのが難しいため優先順位をつけることも大切です。

・残業が少ない
・人間関係が良い
・土日祝日は基本的に休み

といったことであれば、転職先は見つけやすい条件といえます。

これに年収の高さが絡んでくると、難しくなります。

基本的に施工管理は給与が高いためです。

同程度の年収が欲しい場合には、転職先は結局、施工管理、同業種。
そして、キツいといわれる自動産営業などの仕事となってしまいます。

キャリアとして短期離職を繰り返さないことがとても大切ですから、転職先選びは慎重に考えることが必要です。

新卒で施工管理を早期退職、異業種転職に利用できる転職エージェント

新卒1年未満での転職、2年目など施工管理を辞めて異業種転職したい場合に、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

第二新卒として転職活動に取り組めるこの時期は、転職がしやすいです。

辞めたいと思いつつ下手に3年以上働くと、異業種転職が難しくなってしまう可能性もあるんですよね・・・

辞めるなら早い方が良い、という説も一理あります。

転職先探しには、短期離職した新卒の方の転職実績も多い、第二新卒向けの転職エージェントの活用をおすすめしています。

第二新卒エージェントneo

短期退職後の転職相談にも使えます。

18歳~28歳の方の利用が多いエージェントです。

第二新卒の転職にも強く、非公開求人が多いので、登録してぜひ求人紹介を受けてみてください。

【東京、大阪、名古屋、福岡】に拠点があります。

⇒ 第二新卒エージェントneo

ジェイック

ジェイック

サポートの手厚さならジェイックです。就職成功率も高いですが、就職後の定着率も非常に高いことが特徴です。

施工管理からの転職の場合、一般的なビジネスマナーを改めて抑えることも大切だと思います。
その点、研修がしっかりしているジェイックは適しているといって良いでしょう。

営業職の求人比率は高めですが、事務やエンジニア求人などその時々で職種が見つかります。

【東京、神奈川、大阪、名古屋、福岡などの他、不定期開催の地域も多数】

⇒ ジェイック

DYM就職

第二新卒・キャリアチェンジなど希望する方におすすめの転職エージェント、DYM就職です。

新卒1年目、短期離職となる転職も相談可能です。

拠点も多く、利用可能な地域が多いのも魅力です。

【東京、大阪、名古屋、仙台、札幌など不定期開催の地域も多数】

⇒ DYM就職

いい就職ドットコム


⇒ いい就職ドットコム

いい就職ドットコムは第二新卒の転職に非常に強い転職支援サービスです。
掲載求人数も多く、第二新卒の方におすすめです。




キーワード