入社3週間、もう辞めたい
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > IT業界辞めたい > 新卒のプログラマー辞めたい!向いていない!と思ったら転職した方が良い理由

新卒プログラマー 辞めたい


新卒 プログラマー 辞めたい

新卒でプログラマーとして就職したSIerを辞めたい、自分はプログラマーに向いていないことが分かった・・・

IT業界、プログラマーはとても重要が高い職種です。

とにかく人手不足、ということで未経験者歓迎の正社員求人も多いですし文系でも新卒採用している企業も多いです。

未経験から就職しやすいプログラマーですが、向き・不向きのある職種です。

また、就職した会社により労働環境も大きく変わってきます。

新卒でプログラマーとして就職して2ヶ月、もう辞めたい!自分にはプログラマーは向いていなかった・・・

未経験からプログラマー1年目、残業が多すぎて辛い。身体を壊す前に退職して異業種転職したい・・・

という人も多いです。

ITゼネコン、IT土方といわれるほど過酷な働き方になる現場もあれば、月の残業時間10時間未満のホワイト企業もあるというIT業界は極端な業界といえます。

新卒でプログラマーを辞めたい、という場合の選択肢として2つ、

・IT業界でホワイト企業への転職を目指す

・プログラマーを辞めて異業種を目指す

というケースについて転職活動の方法、おすすめの転職エージェントをご紹介したいと思います。

新卒プログラマーが辞めたい場合、頑張り続けないで転職した方が良い理由

短期離職になるけど、転職しようかな

新卒プログラマーとして入社、しかし1年目でもう辞めたいと考えている・・・

という人は多いと思います。

新卒プログラマーが辞めたいと思う理由として、多いのは次のような退職理由です。

プログラマーを辞めたい理由

・残業が多すぎる

・多くの言語を勉強しなくてはならないのが辛い

・短納期、急な変更依頼で徹夜が多くて辛い

・人間関係

新卒プログラマーが辞めたいと思うのは環境が原因の場合が多い

新卒のプログラマーが辞めたいという場合、実は労働環境や職場環境が大きく影響しているケースが多いと言えます。

ホワイト企業の離職率は低いですからね・・・

IT業界にはブラック企業も多いです。

こうした過酷な働き方となるブラック企業に就職してしまった場合には、転職を考えても良いと思います。

プログラマーの仕事自体が嫌になっていないのでしたら、次の転職もプログラマーとして求人を探すとスムーズに転職先が決まるのでおすすめです。

プログラマー、ITエンジニアとして転職がおすすめ

新卒プログラマーが短期離職となったとしても、次もプログラマーとして転職先を探す場合には、意外と短期間で転職が決まることが多いです。

その理由はやはりエンジニアの人手不足といって良いでしょう。

また第二新卒はIT業界でも需要が高く、経験が浅い1年目のエンジニア、プログラマーでも転職先が決まりやすい状況となっています。

プログラマー1年目、早期離職でも転職先が見つかる理由

また短期間であってもプログラマーとして働いた経験から、知識がゼロではありません。

今後の伸びしろに期待をして、第二新卒として積極的に採用する企業はとても多いと言えます。

ただし、次の転職先でも同じような「辞めたい理由」を抱えてしまわないように、職場の詳しい情報を得てから応募を判断することが大切です。

そのためには、企業の内部情報に詳しいIT業界に強い転職エージェントを利用することが欠かせないといえます。

IT転職に強い、おすすめ転職エージェント

IT業界に特化した転職エージェントを利用して、転職活動をする方法がおすすめです。

残業が多すぎて過酷な働き方を経験した人は、同じ働き方は二度とイヤだ・・・と思っているはずです。

そのため、自社開発の会社を中心に求人を探すといった対策は必要になるでしょう。

現在働くエンジニアがどれくらいの平均残業時間なのか、自分で聞きにくい・・・と思っている人は多いでしょう。

転職エージェントを介して情報収集する場合には、そうした自分では聞きにくいことも代わりに確認をしてくれます。

また短期離職で不利になりがちな応募書類の書き方のアドバイス、志望動機の作り方、面接対策などもサポートしてもらうことができます。

第二新卒のプログラマーを歓迎している企業の求人についての情報も効率良く得ることが出来る点も、転職エージェントを利用するメリットです。

次にご紹介する転職エージェントはIT業界に強く、おすすめです。

おすすめ転職エージェント

IT業界に強い、特化している転職エージェントの中でも、経験の浅いプログラマーやエンジニアに向けの求人も扱っている転職エージェントの活用がおすすめです。

新卒でプログラマーを辞めて異業種転職したい場合

新卒でプログラマーになったけれど、自分はプログラマーに向いていないのではないか?と悩んでいる人も多いと思います。

プログラマーの仕事なら未経験からでもなりやすそうだから選んだ

将来性がありそうだから、なんとなく就活してみたら採用された

ぶっちゃけ、こういった経緯でプログラマーになった方も多いと思います。

エンジニアは未経験者歓迎の求人がとても多く、採用されやすい状況です。

プログラミングは粘り強く学んでいくことで理解出来ますし、スキルも上がっていきます。

しかし、以下のような人はプログラマーには向いていないかもしれません。

プログラマーに向いていない人

【プログラマーに向いていない人】

・自分で調べるのが苦痛、苦手

・新しい技術、知らない技術を勉強するのが苦痛

・コツコツ作業、頭を使う作業が苦手、論理的思考が辛い

プログラマーになって働き始めてから、自分には実はプログラマーの適性が無いと分かった・・・という人もいると思います。

プログラマーには分からないことを調べて解決する能力は必須ですし、とにかくコツコツ積み上げていく作業があり、バグを潰す時には他人の書いたコードも解析していくことも必要になったりと頭をとにかく使う仕事です。

自分は身体を動かしている方が楽しいし、やり甲斐も感じられることに気付いた!

という人は正直なところ、1日でも早くプログラマーを辞めて転職した方が、幸せに働けると思います。

プログラマーよりも向いている仕事があります

プログラマーとして仕事を続けていく場合、今よりも過酷なプロジェクトにアサインされることは必ずある、と言って良いでしょう。

自社開発の会社に勤めていれば別ですが、派遣、常駐エンジニアならデスマーチを経験する可能性は非常に高いです。

協力会社さんのあのエンジニアさん、最近見ないけれどどうしたんですか?

精神的にやられて地元に帰ったみたいです

そうしたケースもありました。

これからあなたがそうなるとは限りませんが、過酷な状況になった時、

「自分で調べるのが苦痛、苦手」

といったことだとプロジェクトをさらに炎上させる原因ともなりかねません。

要件を満たした実装ができない場合、考えても考えてもコードを書けない場合。

半端ではないストレスに襲われる可能性があります。

プログラマーの仕事は未経験から就職を目指す際におすすめの仕事の一つですが、向いていない人には本当に辛い仕事になるかもしれません。

自分にはプログラマーは向いていない、と分かった場合には新卒、1年目であってもプログラマーを辞めて異業種転職することをおすすめします。

その際には、短期離職した方でも内定率の高い転職が可能な転職エージェントを利用しての転職活動の方法をおすすめします。

プログラマーを辞めて異業種転職

短期離職の方におすすめ転職エージェント

プログラマーを短期離職する場合にもおすすめの転職エージェントをご紹介しています。

短期離職の後は、一人で転職活動をしても難しいケースが多いため、転職エージェントを利用する方法がおすすめです。




キーワード