短期離職に悩む看護師
社会人1年目,2年目,3年目の転職 > 看護師1年目の転職 > 看護師 短期退職は不利?短期での離職を繰り返してしまう…

看護師 短期退職


看護師の短期退職

転職してすぐに短期離職を考え中の看護師

今の職場に入職したばかりだけど、退職したい・・・でも短期離職はやっぱり転職には不利?1ヵ月で辞めるのは短期すぎる?でも人間関係も悪いし、長くは頑張れないかも

職場の本当の状況って、実際に働いてみないと分からないことも多いですよね。

転職を決める時には、その職場で働くことが自分にとってメリットがある、働きやすい職場であると思って入職を決断すると思います。

しかし、面接で聞いていた話と違ったり、労働環境が悪かったり、他の看護師の患者さんへの接遇がひどかったり・・・思った以上に医療行為が全くない職場で看護師としてダメになっていくのでは・・・と焦りを感じたり。

辞めたい、と考えるといてもたってもいられない気持ちになることもあると思います。

転職を繰り返すことで短いキャリアを作ってしまうことは、確かにその後の転職で不利になることがあります。

しかし、無理してずっと働き続けることができるかどうか、といったことも冷静に考える必要があるでしょう。

看護師は試用期間中に辞めても、1ヵ月、3ヵ月など短期で退職したとしても、新しい仕事を見つけることは可能です。

次こそは長く働ける病院、職場に転職したい、という場合どうすれば良いか転職成功のポイントをご紹介しています。

短期離職 関連記事

関連記事:新人看護師 新卒で辞めた後、再就職について

看護師 短期退職は不利?

辛い2年目の看護師

短期離職の経歴があると、転職では不利になることはあります。

応募者と面接をするかどうかを検討するために、人事担当者はまず履歴書や職務経歴書を見て判断します。

最初にチェックされるのは職歴です。

職歴から、どういったスキルを持つ看護師が応募してきたのか、判断しようとします。

短期間での転職を繰り返していると、

採用しても、すぐに辞めてしまうのでは・・・?

という不安を持たれる可能性はあります。

しかし、面接で辞めたい理由、退職理由をしっかりと説明することができれば、採用してもらえるチャンスはあるでしょう。

まず大切なのは、書類選考に通過すること。

自力での転職活動では今まで全て履歴書で落ちている・・・といった看護師さんもいらっしゃるかもしれません。

応募書類だけで判断されると、短期のキャリアは不利です。
(その前に、5年、6年と働いているキャリアがある看護師さんは面接に進める可能性もあるでしょう)

転職活動のポイントとしては、書類選考を通過できるようにサポートをしてくれる看護師専門の転職エージェントをすることです。

短期離職の転職で、看護師転職エージェントを利用するメリット

短期離職での転職となる場合、看護師は人手不足ですからハローワークなどを利用して求人を探して応募しても採用が決まる可能性はあります。

ハローワークにも地元の多くの病院、クリニック、医院が求人を掲載しています。

しかし、ハローワークでは詳しい職場の情報が手に入らないのです。

短期離職の後、スムーズに新しく働く職場を見つけるのであれば看護師に特化した転職サイトを活用してみてください。

転職サイトには、職支援のプロであるアドバイザーがいて看護師さんの転職を支援してくれます。
、国家資格を持つキャリアコンサルタントも多数所属しています。

短期離職をするからこそ、これからのキャリアを考えて転職をしたい、という看護師さんも多いのではないでしょうか。

新卒看護師で短期離職、急性期で経験を積みたい、もっとゆったり働ける療養機、回復期リハが良いなど、そうした希望も相談することができます。

短期離職を繰り返している看護師さんは、どんどん転職が難しくなってしまいます。
少しでも転職成功の確率を上げるために、転職エージェントを活用してみてください。

本当に長く働ける職場を探すためのカウンセリング、職場探しのサポートをしてもらうことができます。

とはいえサポートの質については担当者によりけり、といった部分があるのも確かです。

複数の転職エージェントを利用して、比較しながら利用を進めていくのが良いと思います。

看護師転職エージェントとしておすすめをしているのは、

などの求人数が豊富で、サポートも手厚いと定評のあるエージェントです。

特にマイナビ看護師はサポートに関して評判の良い口コミも多く、昔から利用者満足度が高い大手転職エージェントです。

ぜひこうした看護師に特化した転職エージェントを利用して、情報収集されることをおすすめします。

看護師の短期離職後、次こそ長く働ける職場を探すには

看護師不足

短期離職の後だからこそ、長く働ける職場を探したい、という気持ちが強い看護師さんも多いと思います。

長く働ける職場を見つけるには、まずは退職理由を明確にすることが必要です。

淡々と事実を書き出していきましょう。

・残業時間(サビ残)
・人間関係
・給料が安い(待遇が悪い)

など。

辞めたいと考えた、最も大きな要因は何かを明らかにすることが必要です。

次の転職先では辞めたい理由を解消できる職場でなければなりません。
それでなければ、また短期離職を繰り返すことになりかねません・・・。

その後、これからどういった経験を積んでいきたいのか、どんな働き方をしていきたいのかも考えてみましょう。

面接官も「入職後、長きするかどうか」を重視しています。

自分自身、長く働ける職場であることを重視して転職先を探すことは、とても大切です。

看護師が短期離職を繰り返さないための対策

短期離職後の転職先

短期での退職を考えている看護師さんにとっては、様々な不安もあると思います。

その一つが、

「もし転職に成功したとしても、次の職場も短期で辞めてしまう可能性があるかも・・・」

といったものです。

短期離職となった場合でも、転職回数がそれほど多くない場合、例えば新卒看護師の1回目の転職、といったような場合であれば転職先は十分に見つかる可能性があります。

しかし、長く働ける職場を選べるかどうか自信がない・・・

入職してから、

「こんなはずではなかった・・・」

と思ってしまう可能性があるのが怖い、といった気持ちを持っている看護師さんもいるかもしれません。

短期離職を繰り返してしまうと、次第に転職が不利になっていきます。

それを防ぐには、以下に注意して転職活動を行うことが重要です。

退職理由を明確にする、自己分析をする

転職活動をする前に行う必要があるのが、退職理由を明確にすることです。

どうして短期離職を選ぶことになったのか。

辞めようと思った理由を明確にすることが最初の作業として必要です。

転職を早く決めたい、という焦る気持ちも分かりますが、職場選びに失敗してしまうとまた早期退職をしてしまうことになりかねません。

退職の大きな理由は、人間関係なのか、残業時間が多いことなのか、看護観が合わないためか、労働環境が悪いためか。

中には今の職場では看護スキルが身に付かない・・・といった悩みからもっとしっかり学ぶことができる職場を求め、転職を決断する新卒看護師もいるかもしれません。

退職理由は人それぞれ。

理想通りの職場、というのは滅多にあるものではないと思います。
何かしら不満を感じること、辛いと感じることはあるものです。

なぜ退職したいと考えているのか、しっかり時間をかけて自己分析も行い次の転職先選びに役立てることが大切です。

幅広い働き方ができる病院を職場として選ぶ

どんな働き方をしていきたいのかはっきりしていない、という看護師の方は、転職先として選ぶのであれば、規模の小さな病院、施設ではなく様々な診療科を持つ総合病院もおすすめです。

病棟で働く割合が多くなりますが、その場合でも科目を変えたりしたくなることもあるでしょう。

手術室勤務、外来勤務など違う勤務先を希望する場合、様々な部署を持つ病院であれば、退職せずに異動を希望すれば叶う可能性があります。

退職、転職をするよりも少ない労力で希望の部署で働くことができる可能性があります。

異動も必ずしも希望が叶うわけではありませんが、一定期間待てば可能性がある、など相談することで道が見えることもあります。

短期での退職を繰り返すのはやはり職歴としてはできる限り避けたいところです。

病棟看護師としての働き方だけではなく、手術室、外来、訪問看護、採血室など多様な部署を選べる病院を選んでみるのも、選択肢の一つです。

情報収集をしっかり行う

新卒1年目で転職に悩む

転職先を探す場合、重要なのは情報収集です。

ただ、在職しながら転職活動をされる看護師さんも多いと思います。

毎日忙しい看護業務と並行して転職活動をするのは、時間的にとても大変です。

そこで利用をおすすめするのが、看護師専門の転職エージェントです。
看護師転職エージェントとして、

の利用をおすすめしていますが、こうした転職エージェントには非公開求人の取り扱いもあります。

ハローワークなどでは見つからない病院の求人も多く、またコンサルタントが代わりに希望に沿った条件で転職先を探してくれますから、忙しい看護師さんの転職活動に心強い味方になるといえます。

履歴書や職務経歴書の書き方も相談できます。

短期離職となると、応募書類の書き方に悩む看護師さんも多いと思います。

転職してすぐに短期離職を考え中の看護師

試用期間での退職は書いた方が良いの?

など迷っていることもあると思います。

そうした迷い、悩みを相談しながら、転職活動を進めることができます。

看護師転職エージェントを利用するメリットの一つとして、医療機関にあなたのことをアピールしてくれる、といったことがあります。

短期離職の経歴があっても面接をしてくれるように交渉してもらったり、どうして短期離職となったのか、これからどういった看護師として働いていきたいのか、といったことを採用担当者に伝えて面接を設定してもらったりしてくれる場合もあります。

担当者次第、ともいえますが、そうした転職支援に熱心なコンサルタントに担当してもらえると、より希望の転職が成功しやすくなります。

看護師の短期離職、短いキャリアは将来どう不利になる?

短期離職の影響

看護師として短期離職を繰り返す場合、短いキャリアは将来的にも不利になるといわれています。

転職時に不利になる

短期離職をする場合、転職活動をする場合に不利なることが増えてしまいます。

転職回数が増えるにつれて、定着しない看護師、というネガティブなイメージを持たれやすくなるためです。

採用担当者が転職希望者を前にして考えることの一つに、

「採用して長く働いてくれる人材かな・・・?」

ということがあります。

採用してもすぐに辞めてしまうのでは?と思われてしまうと、なかなか書類選考に通ることも難しくなってしまいます。

短期離職はマイナスの印象を与えることは間違いありません。

しかし、書類選考を通過し面接にたどり着くことができれば、直接、短期離職となった理由を伝えることができます。

面接官に納得してもらえる退職理由を用意して、面接に臨むことが大切になります。

とはいえ、転職回数が増えるにしたがって書類選考で不採用になりやすくなります。

次の転職先では、長く働くことができるようにしっかりと情報収集をして、自分に合った働き方ができる職場を選ぶことが大切になりますね。

看護師としての知識・技術が定着しない

短期離職を繰り返すと、看護師としての知識・技術が定着しないといわれます。

その理由として、職場によって求められる知識・技術が違う、ということが挙げられます。

しっかりと看護技術が身に付くためには、長く職場で働くことは必要です。

短期だけ在職していても、仕事に慣れる前に転職といったことになりますから、この期間中に身に付けたスキルはなんだろう?と悩むことにもなりかねません。

急性期、慢性期、療養期、回復期リハ、訪問看護など働く短期間に職場を変えて働くことも、避けた方が良いでしょう。

いろいろな職場で働いてみて、自分に合った仕事を見つけたい、という気持ちがある看護師さんもいるかもしれません。

しかし、転職先の一貫性のなさは「うちで採用しても長続きしないのでは」というように採用担当者に思われやすくなります。

看護師としての知識・技術を定着させるには、1年、2年と働く期間が必要になります。

転職を繰り返すと、知識・技術が浅いままの状態となり、いずれ転職の選択肢が減ってきてしまいます。

年齢に応じたキャリア、知識や技術を求められます。

そのため、転職を考えた場合にはどんどん不利になってしまいます。

看護師の退職理由「看護観が合わない」

看護師の退職理由として、病院や訪問看護など職場との看護観が合わない、といったことも挙げられます。

一人ひとりに向き合って看護をしたい、といった看護観を持つ看護師さんにとっては、一人ひとりに時間をかけていては仕事にならないという職場は仕事のやり甲斐を見いだせず、退職の理由となることも多いです。

職場の環境も看護観が合わない、と感じる理由となるようです。

使用する機器の扱い、滅菌の仕方、再利用についての疑問などがあると、看護観の違いを感じることが増えるようです。

短期離職後の職場探し、おすすめ看護師転職サイト

看護師を1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月など短期離職する場合にも、看護師転職サイトは情報収集をするためにとても便利な存在です。

見つかる求人の中には短期離職であっても、人物重視、これからどういった働き方をしたいのか、といったことを重視して採用を考えてくれる医療機関もあります。

当サイトでおすすめをしているのは、次の看護師専門の転職サイトです。

マイナビ看護師はサポートが手厚く、看護師さんの気持ちに寄り添ったサポートをしてくれるといった口コミ・評判の多い転職サイトです。

看護のお仕事もコンサルタントの熱心さ、また看護師求人数が業界トップクラスである点が特徴です。

ナース人材バンクも看護師求人数が多く、スピーディーな転職活動ができるため、早く転職先を見つけたい場合などに便利でしょう。

複数の看護師転職サイトを利用して情報収集することで、より多くの転職先候補を探すことができます。

評判・口コミの良い転職サイトであっても、担当者によって対応が違うケースもあります。

また転職サイトによって扱っている求人が違うことも多いです。

短期離職の場合には、応募先がなかなか見つからない時期もありますから、できるだけ多くの求人情報を得るために複数の転職サイトを併用する方法はおすすめしたいと思います。

退職のサポートもしてもらえます。

看護師の短期離職、まとめ

看護師の短期離職、転職活動についてご紹介しました。

人手不足である看護師は、短期での退職・転職も可能です。

中には超短期、それも試用期間中の退職となる看護師さんもいるかもしれません。

その場合でも、転職先を見つけて新たな職場でお仕事を始めることができます。

キャリアのある看護師ほど転職先を選ぶことはできませんが、探せば転職先は見つけることができます。

大切なことは、次の職場こそは長く働ける職場を見つける、ということです。

転職は可能ですが、短期離職はやはり繰り返さないことが一番です。

転職活動も毎回、気力・体力が必要ですし大変です。
新たな職場に慣れるのも、とても大変ですよね。

人間関係もまた一からの構築です。

転職エージェントを利用することで、職場の詳しい情報を得ることができます。

どんな雰囲気なのか、どんな働き方になるのか、業務時間外の負担はどうか・・・など気になることを事前に確認してから、応募を検討することができるのはメリットといえます。

応募書類の添削、面接対策などのサポートも短期離職者としては、心強いサポートになります。

短期離職をお考えの看護師さんは、情報収集に活用して自分に合った職場探しをしてみてはと^思います。




キーワード