第二新卒として転職活動
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > 高卒の転職 > 高卒10代 転職は厳しい?不利にならない転職活動の方法

高卒 10代 転職


高卒 10代の転職は厳しい?

高卒で就職した人の場合、10代で転職する可能性もあります。

高卒10代で転職、となると新卒1年目、2年目での転職となるため経験の浅いことが不安・・・という転職活動になっている方も多いのではないでしょうか。

短期離職を繰り返している場合には、19歳で転職回数が2回、3回といった方もいるかもしれません。

転職回数が短期間で増えると、中途採用されることはやはり厳しくはなっていきます。

高卒10代の転職を成功させる方法、不利にならない転職活動の方法をご紹介しています。

入社1年未満で退職、高卒でも転職は可能です

高卒10代の転職

高卒10代で転職、ということは高卒で正社員就職した会社を新卒入社して1年未満で退職する、という短期離職の方もいると思います。

短期離職という経歴、高卒という学歴、経験の浅さから転職活動に大きな不安を持っている方もいるかもしれ無いのですが、入社1年未満で退職、高卒でも転職はできます!

転職活動のやり方、準備の仕方をしっかり行うことで、大きく不利にならずに転職活動をすることができます

もちろん高卒10代の転職でとても厳しい転職活動になる方もいます。

そうなってしまうと退職してから、なかなか転職先が決まらずに結局、生活のためにフリーターになってしまう・・・といったことにもなりかねません。

入社1年未満で退職、転職を目指すとき、重要なのは「退職理由」です。

そして企業側が10代の転職希望者に入社してから、何を期待するかをしっかり理解して志望動機や面接対策をするかが重要になります。

先にご紹介しますが、経験の浅い10代で転職を成功させるための方法として、転職エージェントの活用をおすすめしています。

高卒10代の転職、第二新卒におすすめ転職エージェント

第二新卒の転職、成功のポイント

高卒10代の転職、特に1年目、2年目と社会人経験が浅い人におすすめの転職エージェントです。

学歴、経歴を理由に利用を断られることもありませんし、中途採用のために利用している企業も未経験者歓迎が多いことから、内定率も高い転職活動ができることがメリットです。

短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)の転職、キャリアチェンジ転職に強い転職エージェントが第二新卒エージェントneoです。

⇒ 第二新卒エージェントneo 転職支援サービスの詳細はこちら

就職shopはリクルートが運営、豊富な求人、幅広い紹介職種などが特徴です。
書類選考なしで面接が受けられることもメリットです。

⇒ 就職shop 転職支援サービスの詳細はこちら

対応エリアが広く、短期離職の転職支援、高卒フリーターからの就職など経験が浅い方の転職支援にも実績が多いのがハタラクティブです。

⇒ ハタラクティブ 転職支援サービスの詳細はこちら

高卒10代の転職、経験が浅い方の転職では知名度が高い、一般的な転職エージェントの利用は向かないことがあります。

未経験歓迎、キャリアチェンジ転職などもしやすいこうした転職エージェントの活用がおすすめです。

高卒10代、仕事を辞めた後、派遣社員やフリーターにならないこと

退職後、フリーター

10代は若いです。

自分自身でもそう思っているでしょうし、他の人からも若いとみられています。

人手不足、少子高齢化社会ですから若い人に対しての採用需要はとても高く、若ければ正社員になるのは簡単、といった状況は確かにありましたよね。

しかし、今はコロナ禍もあり企業の採用意欲は落ちているといわれ、実際に有効求人倍率は下がり傾向です。

企業も存続することが優先、人件費削減のために早期退職者募集、リストラ断行なども実際にありますし、企業自体が倒産してしまう・・・といったことも起きています。

中小企業はやはり倒産しやすいので、転職するなら大企業が良いな、と希望されている方もいるのではないでしょうか。

高卒10代の転職で重要なのは、退職後に派遣社員やフリーターなど非正規雇用で働かないことです。

退職してから転職活動が上手くいかな期間が続くと、収入のために働かなくては・・・と一旦、派遣社員やアルバイトを始める人もいるかもしれません。

また新卒入社した会社がブラック企業、働くことに嫌気がさしてしまったり、疲れ切ってしまい正社員で働くのはしばらくイヤだ・・・という場合には、フリーターを選ぶ方もいるかもしれません。

しかし、一度派遣社員やフリーターなど非正規雇用となると正社員になるのが、かなり厳しい状況になりやすい点には注意が必要です。

転職活動をする場合、途中でフリーターになってしまわないように注意することが大切です。

年齢的には10代と若いですからね。

正社員就職しようと思ったらいつでも正社員になれる、と考えてしまいがちです。

友達もまだフリーターをしている人も多いかもしれません。

また、大学や専門学校などに通っている学生の友達も多く、自分ももう少し気楽に生活しても良いのかな・・・とフリーターになる可能性もあります。

この時、フリーター期間が半年を超えると再び正社員に転職するのがどんどん難しくなっていきますので、注意が必要です。

フリーター歴が長いと、10代でも転職は不利になる

新卒で就職した1社目が、とても厳しい労働環境であったりブラック企業であった場合には、

正社員はやっぱりキツい、まだ10代だしもう少し気楽に働きながら自分に合った仕事を考えてみたい

と思うかもしれません。

しかし、フリーター期間ができた場合、特に半年以上ブランク期間が空き始めると正社員になるのが厳しくなってくるという調査結果もあります。

2012年の資料となりますが、

「フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳)」

を見ると、フリーター年数が長くなるほど、正社員になれる率が下がっていきます。

フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳)

引用元:厚生労働省 若年者雇用を取り巻く現状(pdfファイルが開きます)

フリーター歴が長くなる、ということは正社員の業務から離れてブランク期間が長くなるということです。

第二新卒として転職活動ができる時期であっても、ブランク期間が長いと転職活動は不利になります。

採用担当者、人事は求職者の「業務を離れてからのブランク期間の長さ」を気にするためです。

経験の浅い高卒10代の転職希望者であれば、以前の正社員経験には期待できません。

実績を積めるだけ働いていないためです。

ほぼ新卒の未経験者、短期離職の経歴があり、フリーター期間が長いということで分ネガティブな印象が強くなります。

その結果、転職活動は厳しいものになりやすいので、注意しなくてはなりません。

フリーター期間が長い場合

フリーター期間が長くなる場合、対策として特に重要になるのは、

フリーターになった理由

今どうして、転職活動を始めかという転職理由

などです。

面接でもこうしたを質問される可能性はとても高いです。

面接官が納得できる理由を用意することが大切となります。

高卒10代の転職で不利になる点

高卒10代で転職をすることになる場合、不利になる点をあらかじめ抑えておくことで気持ちの準備ができるため、転職活動がうまくいかなくても乗り切りやすくなります。

短期間での転職は不利になりやすい

新卒1年目、2年目といった短期での転職は、その後もずっと履歴書、職歴に書く必要がありますので転職活動は不利になりやすいです。

転職回数が増えても、短期離職に注目する人事担当者はいます。

面接の場面でも短期離職の経歴について質問されることを予想して、

「次は長く働きたいと考えています」

といったことをビジョンと一緒に語るなどが必要でしょう。

ポジティブな理由を伝えることが重要になります。

高卒が応募できる求人が限られる

高卒10代で転職をする場合、が不利になる点は「学歴の面で応募できる求人が制限される」ということです。

リクナビやマイナビといった求人サイトを利用すると、手軽に膨大な求人から探すことができます。

しかし、高卒は応募出来ない正社員求人もあります。

応募条件として大卒以上可の求人があるためです。

どうしてもやりたい仕事があったとしても、応募条件が大卒以上であった場合は、応募ができません。

学歴で不利になることを実感する瞬間かもしれません・・・

しかし、こうした高卒は採用しない企業は一部といって良いでしょう。

多くの企業は高卒以上応募可で求人を掲載していますので、そうした応募可能な求人を改めて探すことが大切です。

この時、第二新卒歓迎、未経験者歓迎の求人を中心に応募すると書類選考も通りやすくなります。

高卒10代の転職ということは、職歴は浅いと企業側も分かっていますので、即戦力を求める求人への応募は難しいことが多くなります。

求人サイトでは求人検索の条件として、経験、学歴も入力できる場合が多いですから上手く活用して、応募出来る求人だけを情報収集されることをおすすめします。

高卒10代の転職では若さが有利になる

高卒10代の転職

高卒、10代で転職をする場合、やはり有利になるのは「若さ」があることです。

若さは、転職市場においてそれだけで有利です。

人材募集を行う企業によっては即戦力となるベテランを今回は採用したい、管理職を募集している、といったこともあるかもしれません。

しかし、これからの企業活動を考えて若手人材を募集したいという需要は多いです。

伸びしろのある若い未経験者を採用したい、という企業はとても多いんですよね。

転職市場で苦労するのは、30代後半、40代以降の人です。
応募する求人が本当に少なくなってくる年代なんです。

それでいて専門性、マネジメント経験などを求められます。
書類選考が全く通らなくなる方もいます。

それと比べると、10代で転職を目指す場合には、本当に多くの求人を探すことができます。

10代なら未経験、異業種へのキャリアチェンジ転職も目指しやすいです。

それはやはり伸びしろがある年齢、若いから、ということに尽きます。

ただ、若いために採用しても長く働いてくれないのでは?と考える経営者や人事もいるでしょう。

志望動機をしっかりと作り、長く働くつもりであることをアピールするといった応募書類、面接対策は重要となります。

成長意欲、協調性、若さ、10代の転職ではポジティブなイメージが多くあります。

せっかく転職が有利に進められる10代ですから、今後のキャリアを考えて転職に成功できるようにぜひ準備をしてくださいね。

高卒10代の転職は若さ、成長意欲、伸びしろを武器にアピール!

高卒10代の転職は、やはり若さが最大の武器になります。

高卒10代の転職では若さ、成長意欲、伸びしろなどポジティブな面を武器にアピールすることが大切です。

経験の浅さをカバーするには、伸びしろをアピールして、将来大きく貢献できるということを売り込むことがポイントになります。

10代はやはり他の応募者、ライバルと比較して若い場合が多いです。

その分だけ「伸びしろがある」「ポテンシャル採用されやすい」という強みがありいます。

その強みを活かせるアピールをしっかり外さずに行うことが、逆にいうと大切、ということになります。

10代、短期離職での転職となる点からも、即戦力は企業側も期待していません。

企業が10代、経験の浅い第二新卒の若手人材に期待するのは、

・成長意欲
・協調性
・伸びしろ
・素直さ
・継続できる忍耐強さ

などです。

転職にあたり、こうした部分のアピールの仕方に悩んでしまったり、応募書類がどうしても上手く書けない・・・といった場合には、記事の最初にご紹介した転職エージェントを利用してアドバイスをもらう方法も有効です。

未経験職種へのキャリアチェンジ転職を考えている場合にも、転職エージェントを利用して情報収集してみる方法もおすすめです。

高卒10代の転職におすすめエージェント

高卒10代の転職にも強い転職エージェント

経験が浅い第二新卒の転職、短期離職にもおすすめ転職エージェントをご紹介しています。

内定率が高い転職活動ができる点も、利用をおすすめする理由です。

高卒10代の転職も情報収集がカギ

高卒10代の転職では、情報収集がとても重要です。

この後に転職して入社する企業もブラック企業であったり、同様の不満が溜まる会社であったなら短期離職を繰り返してしまう可能性があります。

ジョブホッパーになってしまうと、どんどん転職は難しくなりますし最終的には正社員になれず日雇い派遣、フリーターをするしかない、といった状況になるかもしれません。

30代、40代で非正規雇用はかなり厳しいです。

次の転職で成功するためには、情報収集が必要です。

長く働くことが出来る会社、自分に合った仕事を探すことが必要になります。

その方法として、企業の詳しい情報をもつ転職エージェントを活用しての情報収集がおすすめです。

キャリア向けの転職エージェントは、一般的にも知名度が高いリクルート○ージェントなどの転職エージェントです。

そうではなく、転職エージェントの中には、経験の浅い第二新卒向けの転職支援を行っているエージェントもあります。

短期離職の方もOKの転職エージェントもあります。

記事の最初の方でご紹介した、就職shop、ハタラクティブといった転職エージェントです。

高卒10代の転職、社会人経験が浅いことを気にして悩んでいる方がもしいらっしゃるようでしたら、こうした転職エージェントを活用されることをおすすめします。

第二新卒、キャリアチェンジ転職にも利用できますのでぜひ活用してみてください。

ポテンシャル採用、人物重視で中途採用を行っている企業ばかりが採用に利用していますから、内定率も高いことが特徴です。

高卒10代の転職におすすめ転職エージェント

高卒10代の転職、特に1年目、2年目と社会人経験が浅い人におすすめの転職エージェントを最後にご紹介します。

こうした転職エージェントを利用する場合、学歴、経歴を理由に利用を断られることはありません。

また、中途採用のために利用している企業も未経験者歓迎が多いことから、内定率も高い転職活動ができることがメリットです。

ぜひ活用してみてください。

第二新卒エージェントneo

短期離職、第二新卒(就業後3年以内の離職)の転職、キャリアチェンジ転職に強い転職エージェントが第二新卒エージェントneoです。

⇒ 第二新卒エージェントneo 転職支援サービスの詳細はこちら

就職shop

就職shopはリクルートが運営、豊富な求人、幅広い紹介職種などが特徴です。
書類選考なしで面接が受けられることもメリットです。

⇒ 就職shop 転職支援サービスの詳細はこちら

ハタラクティブ

対応エリアが広く、短期離職の転職支援、高卒フリーターからの就職など経験が浅い方の転職支援にも実績が多いのがハタラクティブです。

⇒ ハタラクティブ 転職支援サービスの詳細はこちら




キーワード