看護師1年目の転職
社会人1年目,2年目,3年目の転職 > 看護師1年目の転職 > 看護師1年目で辞めたい 新人看護師の悩み、転職先

看護師1年目 辞めたい


看護師1年目で辞めたい

看護師2年目、転職を考えている看護師

看護師1年目、辞めたいと思う毎日・・・いっぱいいっぱい過ぎて毎日辛い。なんだか病棟に行くのがこわい日もあって。実際に働いてみて看護師の仕事が向かないかも、とも思っている。プリセプターの先輩とも合わないし、人間関係もあまり良い職場ではないかも・・・

看護師1年目で辞めたい、と考えている。

実際に転職サイトで看護師求人を探したことがある、という1年目の看護師さんも多いのではないでしょうか。

結論を書くと、転職は可能です
しかし、ポイントを抑えて転職活動をすることが大切です。

転職を考えた方が良い看護師さん、もう少し今の職場で頑張って経験を積んだ方が良い看護師さん、といます。

転職1年目で転職、その後イキイキと働く転職成功した看護師さんもいらっしゃいます。

⇒ 看護師の転職は一年未満、新卒でも大丈夫、失敗しないためのポイント

⇒ 新人看護師 新卒で辞めた後、再就職について

看護師1年目で辞めたい 新人看護師の悩み、転職先の探し方について、この記事では解説しています。

看護師1年目 辞めたい

1年目の看護師、怒られてばかりで辛い

看護師1年目の転職で悩んでいる方も多いと思います。

私は看護師に向いていないのでは・・・

もっと人間関係の良い、働きやすい病院に転職したい

看護師は人手不足もあり、1年目、それこそ看護師1年未満での転職もその気になれば可能です。

看護師1年目、いつになったら仕事に慣れるのだろう・・・と悩みつつも毎日お仕事されている方も多いでしょう。

辞めることができる、違う病院、職場に転職することができる、という選択肢があることを知るだけでも、気持ちが楽になるかもしれません。

後程、1年目の看護師さんの離職率についてもご紹介しますが、辞めたいと考え、実際に辞めて転職する新人看護師さんは少なくありません。(それでも他の職業の離職率よりは低いといえますが)

看護師 1年目は辛いのは当たり前!?

看護師1年目、辛いと感じているナースはとてもたくさんいます。

Twitterでもたくさんの新人看護師さんの声を拾うことができます。

看護師1年目は特に辛い、しんどい、でも2年目も3年目の看護師も辛いよ・・・という声もあります。

大切なのは、どこで今の職場を辞めるか線引きをすることなのかもしれません。

精神的に追い詰められすぎて、心身ともに不調になりどうにもならなくなる・・・といったことになるのは避けたいところです・・・。

看護師1年目の辛いこと

看護師1年目で辞めたい、と思う理由としてどういった仕事の辛いことがあるのでしょうか。

よく挙げられる退職理由として、次のようなものがあります。

【看護師1年目で辞めたい理由】

・人間関係で今の職場を辞めたい
・実際の看護業務が辛くて辞めたい
・仕事の責任の重さに耐えられない
・研修会、勉強会、学会などの参加・準備が大変で辛い
・知識不足、経験不足からくる失敗が辛い
・理想と現実のギャップが辛い
・看護師の仕事に向いていないと感じるから

1年目の看護師でよく言われるのは、看護学校時代と実際に入職して働き始めてからの現場での看護業務のギャップの大きさです。

想像していたよりも激務、仕事のプレッシャーが大きすぎて辛い・・・といったことを感じる新人看護師さんはとても多いといいます。

学生の時に習った知識、実習経験が実際に現場で働いてみると、通用しない・・・といった現実の壁にぶつかってしまい、すっかり自信を無くしてしまう。

その時、プリセプターがキツイ人であった場合には、心ない言葉を浴びせられてしまい、辞めたいと考えるようになってしまうケースもあるでしょう。

看護師の仕事に向いていないのでは、能力が低すぎて看護師の仕事はやめた方が良いのではないか、と考えてしまう方もいるかもしれません。

一度ネガティブに考え始めると、離職につながってしまうことも少なくありません。

どういった辛いことがあったとしても、人間関係の良い職場であれば離職せずに踏みとどまって頑張りやすいともいわれます。

看護師2年目、転職を考えている看護師

もっと人間関係の良い、働きやすい職場なら良いのにな・・・

と思っている1年目の看護師さんも多いのではないでしょうか。

今よりももっと働きやすい環境の職場に転職する、という選択肢を選ぶ看護師さんも実際います。

看護師1年目、辞めたい、辛いと感じるときの対策

看護師 一年目 悩み

看護師1年目は特に仕事が辛い、辞めたいと感じる時期だとも言います。

せっかく看護師を目指して看護学校に通い、頑張って国家資格に合格し、看護師になったんだからもう少し頑張りたい。

でも辛い・・・辞めたい

といった時。

看護師を辞めたい理由を一度時間を取って、落ち着いて考えてみることも大切です。

看護師の仕事を辞めたい理由。

人間関係

職場環境、労働環境

自分に自信がなくなったせい

突き詰めていくと、大きく上記3つに集約されるのではないでしょうか。

辞めたい理由を明確にすることができれば、対策を考えることもできそうです。

結果として、転職することを決めるとしても、辞めたい理由を明らかにすることで次の転職先選びはしやすくなりますし、問題点を解消できる職場を選ぶことができるようになるはずです。

有休を取得して休む、休職する

勤務し始めて半年経っていれば、有給休暇が付与されていると思います。

思い切ってお休みを取って、心身ともに休んでみましょう。
といっても、なかなか仕事のことを完全に忘れて休むのも難しいかもしれません。

しかし、休みを取り今の状況を整理する、信頼できる友人に仕事のことを相談してみる、転職サイトを利用して看護師求人を調べてみる、など行動を起こしてみることも良いと思います。

忙しい毎日でただ悩みが深くなるだけ、という日々から脱出して、時間を持つことで何らかの方向性が見えることがあります。

今の職場でまた頑張るか、辞めて違う環境を求めるか、考える時間を持つことも大切です。

部署移動を相談してみる

人間関係が理由の場合、部署移動ができないか相談してみるのも一つのの方法です。

辞めたいくらいの人間関係である場合、同じ職場にいる限りは逃げ場がありません。

理由は質問されるでしょうから、上司を納得させられる答えを用意する必要はあります。

必ずしも成功するとは限りませんが、部署移動を相談して無理であれば、退職の相談に進むといった流れを作ることもできます。

転職する場合、辞めたい理由を解消できる転職先を考える

今の病院を辞める、という決断をする場合。

次の転職先に求める条件を明確にすることが大切です。

具体的には、今の病院を辞めたい理由を解消できる職場を選ぶことが必要です。

そうしなければ、再び同じ理由で転職を考えてしまう可能性があります。

看護師1年目で転職、再び短期間で離職・転職ということになると、経歴としてもキズが付きますし、転職もどんどん難しくなっていきます。

職歴だけを見れば、仕事が長続きしない看護師という印象しかありません。

転職に成功するためには、次の職場に求める条件を明確にすることが必要です。

ポジティブな転職になるように、より自分に合った職場が見つかるように、準備をしっかり行うことが必要です。

自分に合った転職先を見つける方法として、転職活動をサポートしてくれる、

といった看護師専門の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

看護師さんに寄り添ったサポートをすることに熱心なコンサルタントも多いです。
(そうではない担当者もいますから、あたりハズレはあるとはいえます)

辞めたい理由、転職先選びの条件、条件の優先順位、応募書類の添削、面接対策、職場の詳しい内部情報の提供など、転職に成功するためのサポートをしてもらうことができます。

在職中に転職活動をするのが基本ですから、忙しい日々の中で転職先の情報収集もままならないと思います。

代わりに希望条件に沿って求人を探してくれる看護師転職エージェントは心強い味方といえます。

1年目の看護師さんでも利用できます。

1社目の担当者がどうも合わない・・・という場合には、担当者を変えてもらうか違う看護師転職エージェントを利用することを考えてみてください。

複数の転職エージェントを利用して情報収集する看護師さんも少なくありません。

看護師1年目の転職について

新卒1年目で転職に悩む

1年目の看護師でも転職することは可能です。

人手不足の病院や介護施設は多く、基本的には売り手市場。

そのため、1年目の看護師であっても転職活動をすれば、転職先を見つけることは可能です。

しかし、臨床経験が少ない新卒看護師は、転職先もどこでも選べるというわけではありませn。

しっかりと情報収集を行い、経験の浅い第二新卒看護師を受け入れている病院を選ぶことが大切です。

中途採用であっても研修・教育を受けられる病院で学びなおすことができる、といったことが重要と言えるでしょう。

転職先が思っていた職場と違う・・・

といったことになれば、再び退職、転職を繰り返してしまうかもしれません。

看護師1年目の転職を成功させるには、次のポイントを抑えることが大切です。

辞めたい理由を明確にする

転職活動を始めるにあたり、重要なことは「今の職場を辞めたい理由」を明確にすることです。

どうして辞めたいのか、ハッキリとさせておかなければ、次の転職先でも再び同じ理由から「辞めたい・・・」となってしまう可能性があります。

転職するからには、今と同じ状況になってしまうことは避けなければなりません。

また、退職理由については必ず転職活動の面接で質問されます。

辞めたい理由は明確にしておくことが必要です。

ただし、他責にならないように話せるようにしておきましょう。

転職先が決まってから辞める

転職先が決まってから辞めるのが基本です。
それは金銭的な理由が大きいといえます。

辞めたい、と思うと今すぐにでも辞めたいと思うものですが、退職してしまうと無収入の期間が発生してしまうかもしれません。

看護師1年目の場合、経験が浅く、引く手あまたとは言えません。

思っている以上に転職活動の期間が長くなる可能性があります。

転職活動に3ヵ月、4ヵ月以上かかる場合、無収入の期間が2ヵ月以上できることになってしまいます。

1年目ですから、それほど貯金もないでしょう。

金銭的な余裕がなくなると、どこでもいいから転職先を見つけないとヤバい・・・という精神状態になりやすいです。

そうなると、辞めた理由を回避できる職場ではなく、採用してくれる職場を優先してしまいます。

ブラック病院に転職してしまわないように気を付ける必要があります。

教育・研修制度が整っている病院、職場に転職する

看護師1年目での転職となる場合、経験が浅く知識も不足している状況です。

転職先でもしっかりと教育を受けられないと、看護師としての基礎も身に付けられない可能性があります。

いつまで経っても看護師としての知識・スキル不足に悩まされることになってしまうかもしれません。

それを避けるためにも、転職先の教育・研修制度が整っているかはとても重要な問題です。

病院やクリニックの中には、第二新卒看護師を積極的に受け入れており、教育・研修制度が充実しているところもあります。

転職先を比較する際は、教育・研修制度の充実も重視することが大切です。

看護師転職エージェントの活用

転職エージェント

転職活動は、やることが多く一人で全てをこなすのは大変です。

求人探し、応募書類(履歴書や職務経歴書)の準備、志望動機の準備、面接対策・・・

応募する回数に比例して毎回、準備が必要です。

転職エージェントを活用する場合、転職活動での面倒な準備の大部分を代行してもらえるというメリットがあります。

・希望条件に沿った求人の紹介
・非公開求人の紹介
・応募書類の添削
・面接対策
・推薦文の書いてもらえる
・面接日の調整など
・退職手続きの進め方について相談できる

といったことをサポートとして利用することができます。

おすすめ看護師転職エージェント

看護師転職エージェントとしておすすめをしているのは、

などの求人数が豊富で、サポートも手厚いと定評のあるエージェントです。

特にマイナビ看護師はサポートに関して評判の良い口コミも多く、昔から利用者満足度が高い大手エージェントです。

ぜひこうした看護師に特化した転職エージェントを利用して、情報収集されることをおすすめします。

看護師1年目の離職率

新卒看護師、1年目で離職する看護師は少なくありません。

まさに今、辞めようかな・・・と迷っている方も多いのではと思います。

看護師の離職率については、日本看護協会が「病院看護実態調査」で調査結果を発表しています。

2020年 病院看護実態調査によれば、

離職率(2019 年度)が正規雇用看護職員 11.5%、新卒採用者 8.6%に上昇

日本看護協会 2020年 病院看護実態調査より(pdfファイルが開きます)

となっています。

このところ新卒看護師の離職率は7%~8%で推移していましたので、離職率8.6は高い水準、といえます。

そこには現場を取り巻く、今の厳しい看護業務という実態が見えてきそうです。

状況が改善されない限り、離職率の上昇は続くかもしれません。

新人看護師は仕事ができない

どんな仕事でもそうですが、1年目はそれほど仕事ができません。

少しずつ、仕事を覚える時期です。

できないし、分からないのが当たり前です。

しかし、忙しい職場も多く先輩看護師がどうしても入れない場合には、代わりに「分からないのにやらなければならない」状況もあるでしょう。

看護師の仕事上、ミスは絶対に許されないというプレッシャーもあり、精神的に疲弊してしまう新人看護師も多いようです。

患者さんに質問されて分からない、答えられないことばかりで落ち込んでしまう・・・といったこともあるかもしれません。

新人看護師は分からない、できないのが当たり前です。
できる限り、すぐに先輩看護師に質問をして知識を蓄えていく時期と言えます。

それでも看護師1年目で辞めたい、転職先はどうする?

1年目の看護師が転職するデメリットもあります。

しかし、それでもやっぱり今の職場は辞めたい、無理。
転職したい。

といった場合、転職先選びが重要となります。

転職先を探す際に、重視したい点は中途採用であっても「教育・研修制度」があり、しっかり学びなおすことができる、という点です。

1年目で転職しても、引き続き学ぶことができる、ということが看護師1年目での転職では重要といえます。

おすすめは中規模以上の総合病院です。

第二新卒看護師を積極的に受け入れている病院を探すと良いでしょう。

病院の公式サイトに、第二新卒看護師の体験談、転職後の研修スケジュールなど積極的に情報公開を行っている病院もあります。

転職エージェントを利用して、紹介してもらう方法もおすすめです。

他におすすめの職場としては、特に激務が一番の理由で辞めたい看護師さんには、療養型の病院がいいかもしれません。

急性期のような忙しさはありませんから、少しずつ看護技術を覚えていくことができます。

看護師1年目の転職、利用すべき転職エージェント

記事の終わりに、看護師1年目の転職、利用すべき転職エージェントとしておすすめの看護師転職エージェントをご紹介します。

看護師転職エージェントとしておすすめをしているのは、

などの求人数が豊富で、サポートも手厚いと定評のあるエージェントです。

マイナビ看護師は看護師さんに寄り添ったサポートが好評です。
非公開求人が多いことも特徴。

ゆったり急性期、第二新卒看護師歓迎の職場、教育・研修制度の充実した病院などを探してもらうこともできます。

看護師求人数の豊富な転職エージェントを利用したい場合には、看護のお仕事がおすすめです。

日本最大級の求人数を取り扱っています。
サポートも手厚く、熱心なコンサルタントが多いことも特徴と言えます。

ナース人材バンクも老舗の転職エージェントで、求人数が多く病院伊賀の転職先も多いです。

多くの求人を紹介してもらい、転職先を探したい看護師さんにおすすめです。




キーワード