未経験からプログラマーに転職

保育士からプログラマーへ転職


保育士からプログラマー

保育士からプログラマー、ITエンジニアに転職するのってどうなんだろう?

ずっと夢だった、憧れていた保育士になったけれど・・・実際に保育園で働き出してぶつかった現実に打ちひしがれて・・・転職をしようと思っている。

もしかして「うちの園だけ、労働環境が酷いのかな?」と思って同じ保育士の友人に聞いてみても同じような状況。

将来を考えたら、若いうちに転職したほうが良いかな・・・ということで、転職先としてIT業界、プログラマーに興味を持つ保育士さんもいると思います。

でも、ITについて全く経験も無いしスキルも無い、今までにやったことがあるのはExcelで労働時間を集計することくらい・・・

保育士から異業種転職するのって大変です。

子供を相手として仕事ですから、ビジネススキルが無いと考えられてしまい異業種転職をするときに書類選考で落ちてしまうことが多いのです。

それでも、保育士からプログラマーに転職することはできます。
そしてプログラマーは保育士からの異業種転職にておすすめの職種です。

この記事では、保育士からプログラマー・ITエンジニアへ転職する成功率の高い方法をご紹介します。

保育士からプログラマーは将来性のある、おすすめの職種

未経験からプログラマーに転職

プログラマー、ITエンジニアは少子高齢化の日本においては、将来性のある数少ない仕事のひとつ、といって良いと思います。

保育士の需要はいま超高いですが、少子高齢化が進み将来的には保育士は今度は余る、ともいわれています。

「給料も低いし長時間労働、持ち帰り仕事も多いし職場の人間関係、保護者対応に疲れ切ってしまって、最近は子供たちも可愛いと思えなくなってきた・・・」

など保育士を辞めたい理由もいろいろとあると思います。

保育士からプログラマー、ITエンジニアへの転職に興味をもつきっかけも色々あるとは思いますが、未経験職種への転職でプログラマーはおすすめです。

その理由は2つあります。

プログラマーは未経験でも転職しやすい、高年収を狙える

プログラマーはずっと人手不足です。

そして将来、さらに人手不足になると言われています。

新しい技術がどんどん出てくるため、若いエンジニアの需要が非常に高い業界です。

未経験からの異業種転職者も多いため、採用担当者は、応募者の伸びしろ、ポテンシャルに期待して採用してくれるケースも多いです。

そうした未経験からでも転職できるチャンスが多い業界はそうありません。

何より、プログラマーとして稼げるプログラミング言語を選び経験を積む、開発スキルをアップさせていくことで将来的に高年収を目指すことも十分可能です。

保育士では絶対に無理な、年収500万円以上、さらには年収1,000万円以上を稼ぐエンジニアもいます。

プログラマーは異業種転職者が多い

プログラマーは異業種転職してきた人がとても多い業界です。

「前職は何をされていたんですか?」

と聞くと、大抵は前職の仕事のことを話してくれます。

様々な経歴を持つ方がいて話を聞いていると面白いと思います。

新卒で入ったんで・・・という人より、異業種転職してプログラマーやエンジニアになった人の方が多い現場がたくさんあるのではないでしょうか。

そういったことから、保育士からプログラマーになっても馴染みやすいといえます。

また学歴不問です。

短大卒でも通信教育で保育士になっている方も、プログラマーになってからはスキル次第で活躍することができるのも、IT業界で働く魅力の一つです。

保育士からプログラマーに転職する方法

保育士からプログラマー、ITエンジニアへ転職する方法としておすすめなのは、第二新卒や未経験者向けに転職支援サービスを提供してい転職エージェントを利用することです。

また、もう一つはプログラミングスキルを身に付けてから転職を目指すことができるエンジニアスクールを利用する方法です。

最初に、転職エージェントを利用して保育士からプログラマーに転職する方法をご紹介します。

未経験者向け転職エージェントを利用する

転職エージェントにもいろいろな種類があり、保育士から異業種転職を目指す場合におすすめするのは、未経験者向けの転職エージェントを利用する方法です。

第二新卒の転職を得意とする転職エージェントでもありますので、保育士1年目、2年目で辞めて転職、といった保育士さんにもおすすめです。

紹介職種割合でITエンジニアの比率が多い転職エージェントとして、

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ Re就活エージェント

などがあります。

こうした転職エージェントを利用するメリットは、転職先の企業に対して取材を行い、内部情報をしっかり確認して求職者に紹介してくれることです。

そのため、転職してから保育士だった時と同じようなブラックな働き方になる・・・といったことは避けることができます。

未経験からプログラマー、ITエンジニアに転職するためのエンジニアスクール

未経験からプログラミングを勉強して転職

保育士からプログラマーITエンジニアへの転職を目指したいけれど・・・スキルなし、ITの知識が無い状況で転職するのは不安。

という保育士さんも多いと思います。

その場合、保育士からプログラマーとして転職する前に、プログラミング言語を学びスキルを身に付けてから転職を目指す方法もあります。

無料で学び転職サポートのあるエンジニアスクール、有料で学べるコースが幅広く転職サポートがあるエンジニアスクールとがあります。

無料のエンジニアスクールでもプログラマーとして高い転職成功率があります。

どちらも転職先となる企業は東京都が中心になりますので、その点は注意が必要かもしれません。

こうした未経験からITエンジニアへの転職を目指すエンジニアスクールには、次のようなスクールがあります。

未経験からITエンジニアへ転職、おすすめエンジニアスクール

【無料のエンジニアスクール】

⇒ GEEK JOB スピード転職コース

【有料のエンジニアスクール】

⇒ TechAcademy(無料体験あり)

⇒ 未経験からIT業界へ転職なら【DMM WEBCAMP】

GEEK JOB スピード転職コース

GEEK JOBは利用無料のスクールです。

20代で正社員経験あり、キャリアチェンジを目指す方向けです。

未経験からIT業界・エンジニア正社員への転職率97.8%

というエンジニアスクールです。

現時点では、全ての学習・就職支援をオンラインで受けることができるので安心です。

ITエンジニアへの異業種転職を目指す多くの方が利用して、実際にプログラマーなどとして転職に成功しているエンジニアスクールです。

⇒ GEEK JOBでプログラマー転職を目指してみる

保育士から転職するなら、できるだけ年齢が若いうちが有利

保育士からプログラマー、ITエンジニアなど異業種転職を目指すのであれば、1歳でも年齢が若い方が有利です。

未経験者を採用する場合、どの企業も20代でできるだけ若い人を中途採用したいと考えます。

新しい業界の仕事に対しての吸収力もありますし、素直さもある方が多いからです。

30代後半、40代で未経験者を積極的に採用する企業はほぼありません。

異業種転職は20代のうちがおすすめです。

保育士からプログラマーは、異業種転職のなかでもおすすめの職種です。

保育士から違う仕事に転職をして、やっぱり保育士の仕事に戻りたい・・・と、もし考えた場合も再度、保育士に転職することも可能です。

将来的には保育士は余る、とも言われていますが、現状ではまだまだ保育士不足の状況があるためです。
ブランクがあっても、保育士として再就職することは十分可能です。

働く環境を変えるのは勇気がいることと思います。

でも年齢が若ければ若いほど、採用されやすい仕事が多いです。

プログラマーは学歴不問、経歴不問。
労働環境も改善されて、働きやすい優良企業も増えてきています。

保育士からプログラマーへの転職を目指してみたい、という方はぜひ、

⇒ 未経験者向け転職エージェントを利用する

を活用して未経験OKのプログラマー求人をお探しになってみてください。

または、未経験からプログラマーになるためのスキルを身に付けてから転職を目指す、エンジニアスクールを利用される方法をおすすめします。

⇒ 未経験からプログラマー、ITエンジニアに転職するためのエンジニアスクール

どちらも無料で利用できる方法をご紹介させていただきました。

保育士からプログラマーへの転職に、ぜひ活用してみてください。

保育士からプログラマーへ転職 関連記事

異業種転職に成功した人

プログラマー・ITエンジニアへの異業種転職に成功するためのエンジニアスクールについてご紹介した記事もご覧になってみてください。

未経験 ITエンジニアに転職するためのエンジニアスクール




キーワード