仕事が辛い、辞めたい

不動産営業 辞めたい


不動産営業を辞めたい・・・

不動産営業の仕事はきついです。

不動産営業として就職、転職した当時は売りまくってインセンティブで稼ぎまくってやる!と意気込んでいた方も多いのでは、と思います。

しかし好景気ならいざ知らず、最近の状況では消費者の財布もますます固くなり住宅、不動産営業とっては超キツい時期といって良いかもしれません。

むしろマンション、戸建て、売りに出す人も増えています。
住宅ローン破綻も増えている状況です。

それでも不動産営業、営業ノルマがあり詰められる・・・
もう限界。辞めたい。転職したい。

不動産営業は離職率も非常に高い職種です。

この仕事に向いていない・・・と感じたら、早く辞めるべきといえます。
辞めたい気持ちを超えるほど稼ぎたいモチベーションがある、といったような場合なら別ですが、「もう無理、辞めたい」と思うのであれば仕事を続けるほど精神を病む可能性もあります。

転職は1歳でも若いうちにが鉄則です。

いずれ、辞めたくても転職先が見つからずに不動産業界以外には転職できない状況になる可能性があります。

不動産営業がきつい、辞めたいならすぐに行動すべき

新卒1ヶ月だけど辞めたい

不動産業界の離職率の高さは非常に高く、上位3つに入る離職率でとなります。

一番離職率が高いのは、宿泊・飲食サービス業。

第二位が生活サービス・娯楽業。

第三位が不動産業界です。

不動産営業は営業職の中でもとりわけ離職率が高いです。

新卒入社後3年以内には半数以上が離職する、とも言われます。
(離職率が低いホワイトな会社もありますが・・・)

賃貸仲介も離職率は高いと言われますが、不動産営業はそれを超える離職率となります。

マンション、住宅、売れればインセンティブも大きく月収も跳ね上がることもありますが、今の状況では厳しいノルマにさらされて毎月のように詰められる、心を削られることの方が多いのではないでしょうか。

不動産営業の仕事に就いた当初は、しっかり頑張って稼ごう!と思っていた人も、

不動産営業の仕事きつい、辞めたい

といったことしか考えられなくなっているかもしれません。

向いていないのに続けられるほど不動産営業は楽ではない

向いていないのに続けられるほど、不動産営業は楽な仕事ではありません

不動産営業の仕事が向いていない人は、早く転職する方がその後の人生好転する可能性が大きいのではないでしょうか。

もっと、楽な気持ちで働くことができる仕事はたくさんあります。

入社したばかり、新卒1年目であっても不動産営業を辞めて、違う仕事への転職をおすすめします。

むしろ、新卒入社1年目、第二新卒として転職できる年齢のあいだは転職しやすいので、将来のことを本気で考えて転職も検討されることをおすすめします。

20代後半、30代は異業種転職が難しくなる

入社してみたら話と違う

20代後半、30代になってくると不動産業界、営業の仕事を辞めにくくなります。

辞めにくくなり理由は単純で、20代後半ともなると多くの企業は即戦力となる人材の採用に力を入れるため、経験した業界・職種で転職することが基本路線となるためです。

異業種転職=未経験

となります。

20代後半、30代の未経験者を採用することは、企業にとって大きな負担です。

上司の方が年下、といった状況も発生しやすいでしょう。

不動産営業以外で転職したいと思っても、なかなか転職先が見つからない・・・

どういった仕事への転職を希望するかにもよりますが、転職先が決まらずズルズルと不動産営業の仕事を続けざるを得ない、といった状況も考えられます。

仕事を辞めると、収入が途絶えます。

無職になり転職先が決まらない状況が続くと、貯金がみるみる減っていきます。

無職で転職活動、お金がどんどん減っていく恐怖は計り知れません。

「どこでも良いから転職しないと・・・家賃が払えなくなりそう。ブラック企業でも良いから、内定が欲しい」

といった精神状態になってしまうかもしれません。

不動産営業から異業種転職するなら20代のうちに転職活動を

不動産営業を経験した人は、営業以外のホワイトな働き方ができる職種への転職を考える人も多いでしょう。

異業種転職をするなら20代がギリギリです。

一般的には、未経験の職種へ転職できるのは26歳、27歳くらいまでと考えた方が良いでしょう。

20代前半なら様々な未経験職種への異業種転職に挑戦できます。

第二新卒なら、市場価値も高く転職しやすい年齢となります。

不動産営業を辞めて、未経験でも転職できる職種

もし、不動産営業を辞めて未経験の職種、異業種転職をしたいと考えた場合。

未経験者でも転職可能な職種としては次のような職種があります。

・ITエンジニア

・事務

・サービス・販売

営業職を外して転職を考えると、かなり転職可能な職種は限定されます。

営業の経験を活かして、転職も考えることができるのであれば、かなり転職先の選択肢は増えるといます。

不動産営業から不動産管理会社への転職

不動産営業から管理会社へ転職する方も多いです。

不動産管理の求人を探したい場合、転職エージェントを利用して探す方法が成功率が高くなりますから、おすすめです。

同じ不動産業界での仕事でありながら、全く性質の異なる働き方で、

「やっと気持ちが楽に働けるようになった」

という人も多いのが不動産管理会社での仕事です。

不動産営業を辞めてホワイトな働き方ができる会社に転職したい

不動産業界、営業という職種から離れて転職をしたい方も多いと思います。

先ほどご紹介したような職種は、不動産営業を辞めて転職を考える場合にも、未経験でも転職しやすい職種といえます。

もっとホワイトな働き方ができる会社の営業職として転職を目指すのも、もちろんアリと思います。

もっと売りやすい商材、お客さんと良好なコミュニケーションを取って役に立っていると実感出来る商材を販売する営業の仕事などもあります。

働く業界・職種を変えたい、というのであれば、20代の間に転職活動をする必要があります。

不動産営業を辞めて、もっとホワイトな働き方ができる会社に転職したい、ITエンジニアや技術職への転職にも興味がある、事務系の仕事も働きやすそう・・・など転職をしたい場合には、以下の方法で求人を探すことができます。

30代の方は、経験を活かして不動産管理業への転職、といった道なども考えることができます。

不動産管理会社への転職は、転職エージェントを介して転職される方が多いです。

1年目、第二新卒で転職する場合

不動産営業から転職を希望される方の中には、新卒で入社して2ヶ月、3ヶ月、半年といったような1年未満での転職、早期離職となる人も多いと思います。

その場合、上記でご紹介した大手転職エージェントは経験不足として求人を紹介してもらえない可能性があります。

基本的には、2年以上の経験がある人向けと言って良いでしょう。

新卒1年目の転職、早期離職といった場合には次のような、20代向け、第二新卒に強い転職エージェントの活用が良いと思います。

早期離職、第二新卒に強い転職エージェント

⇒ 第二新卒エージェントneo

⇒ 就職shop

⇒ いい就職ドットコム

⇒ ハタラクティブ

不動産営業を辞めたい・・・転職を成功させるポイント

不動産営業を辞めて、転職に成功するにはいくつかのポイントがあります。

これから何をしたいか、将来のビジョンを明確に

不動産営業の仕事はきついです。

逃げの転職という方が多いと思います。

しかし、転職先を選ぶ際には「これからどんな風に働きたいか」「こんな経験を積みたい」「こうした人材になり活躍したい」といった将来のビジョンが必要です。

将来のビジョンを明確にしておかないと、面接において未来志向のポジティブな受け答えができません。

「不動産営業の仕事が辛いから転職したいんです」

といったニュアンスの言葉が多い求職者は、不採用になります。

面接官も不動産営業の仕事は辛いからこの人は転職をしようと思っているんだな、と本音の部分は分かっていることが多いです。

その上で、ポジティブな考え方、うちの会社に入社してどんな活躍をしてくれるのだろう?

といったことを聞きたいと思っています。

将来のビジョンが明確になっていれば、ポジティブな志望動機なども作りやすくなります。

企業研究をしっかり行う

転職して、また自分に合わない仕事だった・・・となると、再び短期で離礁する可能性があります。

第二新卒の間に2回、3回と転職する人もいますが、短期間で転職回数が増えるのはやはり避けた方が良いでしょう。

その後のキャリアにとってネガティブになりやすいです。

企業研究をしっかり行い、どういった仕事内容か、職場の雰囲気、年間休日数、残業時間なども把握できると、求人への応募を検討しやすくなりますね。

そのためには、転職エージェントの力を利用する方法がおすすめです。

転職エージェントのコンサルタント、営業担当社は企業の採用担当者とパイプを持っていますから、非常に詳しい情報を持っています。

個人では情報収集が難しい部分についても、確認してもらうことができます。

また応募にあたっては、採用担当者に対して求職者のことを応募書類以外の部分でプッシュしてくれることもあります。

そのため、自力で転職活動をするよりも転職成功率が高くなることが多いです。

不動産営業から転職をお考えになる場合、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

不動産営業を辞めたい!転職エージェントのまとめ

不動産営業を辞めて転職を目指す場合、求人サイトを利用して求人を探し直接応募する方法と、転職エージェントを利用して求人紹介をしてもらう方法があります。

転職エージェントの利用を、おすすめしています。

経験年数、第二新卒かどうか、早期離職になるのかどうかなどで利用する転職エージェントを選ばれると良いと思います。

経験年数2年以上、30代の転職におすすめ転職エージェント

大手転職エージェントは経験が浅いと紹介可能な求人が無く、利用しても成果が得られないことがあります。

少なくとも、2年以上の経験が無いと転職活動には向かないといえるでしょう。

不動産管理会社の求人を得たい方も転職相談をしてみてはと思います。

大手転職エージェントほど、求人が見つかりやすい傾向はあります。

新卒1年目で早期離職、第二新卒という方におすすめ転職エージェント

新卒で不動産営業として就職した方、早期離職、第二新卒で転職という方におすすめの転職エージェントです。

経験の浅い方もOK、人物重視で中途採用を行っている企業が多いことが特徴です。

早期離職、第二新卒に強い転職エージェント

⇒ 第二新卒エージェントneo

⇒ 就職shop

⇒ いい就職ドットコム

⇒ ハタラクティブ




キーワード