ドラッグストアの薬剤師を辞めたい
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > 薬剤師の転職 > ドラッグストアの薬剤師を辞めたい!転職先探しについて

ドラッグストア 薬剤師 辞めたい


ドラッグストアの薬剤師を辞めたい

新卒1年目、ドラッグストアの正社員、薬剤師として働き始めたけれど・・・ドラッグストアの薬剤師を辞めたい!

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

既に数年ドラッグストアの薬剤師としてキャリアを積み、今辞めたいと考えている薬剤師さんもいらっしゃるでしょう。

長い時間、お金をかけて薬剤師となりドラッグストアに就職したけれど、薬剤師らしい業務が出来ていないことに悩んでいる。

残業が多く週末はもちろん激務、薬剤師の知識をこのまま忘れてしまうのではないか、職場の人間関係が悪い・・・本部と揉めた。

など、ドラッグストアの薬剤師を辞めたい理由もいろいろとあると思います。

薬剤師の資格を活かして転職するのでしたら、転職先はもちろん多数あります

薬剤師がイヤになってキャリアチェンジ転職をしたい方もいるかもしれません。
その際の転職エージェントもご紹介しています。

ドラッグストアの薬剤師を辞めて、転職できる?

薬剤師の転職先

ドラッグストアの薬剤師を辞めて、転職はもちろん可能です。

薬剤師は基本的に人手不足です。

薬剤師が充足しているエリアは確かにありますが都市部に限られますし、都市部といっても少し交通が悪いエリアなどになると薬剤師不足で非常に需要が高くなります。

薬剤師が充足する都市部は、正社員も派遣もパートも給料が安い傾向がありますが、人手不足の調剤薬局に関しては高給与で募集がかかっています。

ドラッグストアの薬剤師を辞めても、薬剤師の資格・経験を活かして転職先をお探しになる場合には、転職エージェントを利用しても、ご自身で転職サイトを利用して求人を探しても転職することができるでしょう。

ただ今回ドラッグストアの薬剤師を辞めるに至っては、退職理由があるはずです。

辞めたい理由を解消できる転職先を選ばなければ、次の転職先で同じような不満を持ち辞めることになる可能性があります。

需要の高い薬剤師ですが、短期間に転職回数が増えるとその後のキャリアが不利になる可能性が高いですからね。

ドラッグストアの薬剤師を辞めた後の転職先探しでは、しっかりと情報収集を行い自分に合った転職先を見つける必要があります。

そのためには、転職先の詳しい情報が必要です。

職場の内部情報に詳しい、薬剤師転職エージェントなどを利用される方法がおすすめです。

薬剤師専門の転職エージェント

薬剤師として次の転職先を探す場合には、次のような転職エージェントの活用がおすすめです。

求人数が非常に豊富です。

大手転職エージェントとなりますので、転職活動が2回目、3回目といった場合には以前利用されたことがある薬剤師さんも多いかもしれませんね。

【薬剤師転職エージェント】

ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師

ドラッグストアのブラックな働き方、長時間残業など過酷な労働環境に疲れてしまって・・・という薬剤師さんは、派遣薬剤師として高収入を得ながら、残業の無い働き方をする期間があっても良いかもしれません。

その場合、ファルマスタッフが求人が豊富です。
正社員求人、派遣も豊富なエージェントですから、働き方を相談しながら職場を探すことも可能です。

ドラッグストアの薬剤師を辞めたい理由

ドラッグストアの薬剤師を退職したい、転職したいと思う理由は何でしょう?

ずっと辞めたいと蓄積されてきた理由がいくつもあるのかもしれません。

ドラッグストアの薬剤師が辞めたい理由

・調剤をする機会が少ない

・薬剤師の仕事以外が多すぎる

・接客が多すぎて疲れる

・お客からのクレームに疲弊してしまった

・残業が多い

・週末の激務に就かれてしまって

・ドラッグストアで働き続けたら薬剤師の知識を忘れそう

・異動、転勤、応援が多い

ドラッグストアで働く薬剤師さんが抱きやすい、辞めたい理由としては労働環境に関しての不満が多いようです。

また調剤に携わることができない配属となった場合には、薬剤師の知識を忘れる、調剤経験を積みたいからとドラッグストアを辞めて転職を希望されるケースも多いといえます。

ドラッグストアを辞めた後の転職先はどうする?

ドラッグストアを辞めるにしても、在職中に転職先を決めるのが基本です。

ドラッグストアで働いていると残業も多く、退勤時間が遅くなりがちです。
週末、土日や祝日ももちろん仕事・・・

退職してから転職活動をした方が、時間が確保できるし少し休みたい・・・という気持ちもあるかもしれません。

しかし、退職すると無収入になります。

万が一、思ったように転職先が決まらない場合には、貯金を切り崩すことになりますから、精神的によろしくありません。

まあ、薬剤師さんの場合には転職先が決まらずに半年、といったようなことは無いので大丈夫かもしれません。

ただ、辞めて空白期間が長く空くのは転職にはネガティブとなります。

ドラッグストアを辞めた後の仕事

・ドラッグストアを辞めた後、引き続き薬剤師として仕事をお探しになる場合

・何かしら薬剤師の仕事に失望したり、自分は薬剤師に向かないと異業種転職を希望する場合

とに分かれるかと思います。

多くの薬剤師さんは、引き続き資格・経験を活かしてお仕事をされることをお考えではと思います。

店舗によっては薬剤師の場合、クレーム対応に出ることが多いために精神的疲弊してしまっている薬剤師さんも多いかもしれませんね・・・

転職活動の方法

転職活動の方法ですが、主に次の3つの方法があります。

薬剤師としての経験年数によらず、転職エージェントの活用をおすすめしています。

やはり転職先の詳しい情報を得られるのは大きなメリットです。

また、転職エージェントを利用した場合、応募先の企業の採用担当者とパイプが太い場合には応募者をプッシュしてくれるケースも少なくありません。

それら要因によって、自力で転職活動をするときよりも高い転職成功率になるといえます。

ただ、転職エージェントとのやり取りが面倒・・・といった方は転職サイトを利用しても良いのですが次の転職先を調剤薬局や病院としたい場合には、情報が得にくくなります。

転職エージェント

薬剤師に特化した転職エージェントが多数あります。

次の転職先を調剤薬局、病院、治験関連の企業などに絞りたい場合には、非公開求人も含めて探す必要がありますので、転職エージェントを利用された方が良いでしょう。

【薬剤師転職エージェント】

ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師

転職サイト

リクナビ、マイナビといった転職サイトです。

こうした転職サイトではドラッグストアの求人は比較的、見つけやすいです。

ただ、次もドラッグストアで働くのは嫌だな・・・という薬剤師さんも多いのでは、と思います。

異業種転職を目指す場合には、求人情報が豊富に得られますので便利な求人情報源となります。

ハローワーク

ハローワークの利用をおすすめするのは、地方にお住まいの場合です。

転職エージェントが対応していないエリア、転職サイトを利用しても求人が手薄なエリアがあります。

そうした場合には、求人情報を得る方法はハローワークが有力といったケースもあります。

ただ、サポートはほとんど期待できませんし、薬剤師さんにとっては中小零細企業の求人も多くあまり魅力的な転職先は見つけられないかと思います。

ドラッグストアの薬剤師を辞めて調剤経験を積みたい場合

ドラッグストアを辞める理由として、

調剤経験が積めない

といった場合。

調剤経験が無い薬剤師は将来的に、働き方がかなり限定されます。

そのため20代、30代の間に調剤経験をしっかりと積みたいとドラッグストアから転職を希望される薬剤師さんも多くいらっしゃいます。

調剤経験を積むには、調剤薬局を転職先として選ばれる薬剤師さんが多いでしょう。

調剤薬局の求人は、薬剤師専門の転職エージェントを利用する方法が一番といえます。

ドラッグストアも辞めて薬剤師も辞める(キャリアチェンジ)

何かしら理由があり、ドラッグストアも辞めて薬剤師の仕事自体を辞めたい、という方もいらっしゃると思います。

異業種転職を目指す場合には、総合的に求人を扱っている大手転職エージェントが良いでしょう。

転職エージェントを利用する場合、面接での退職理由の伝え方、志望動機、今後のビジネスなど受け答えに関してのアドバイスを貰うことができます。

転職活動の際、退職理由はとても重要です。

ポジティブになるように答える必要がありますので、多くの転職希望者をサポートしてきたエージェントの客観的なアドバイスの活用はとても重要といえます。

自力で転職活動をしてみて、書類選考で落ちることが多くて悩んでいる方も転職エージェントを活用してみてください。




キーワード