病院薬剤師を辞めたい
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > 薬剤師の転職 > 病院薬剤師 辞めたい・・・辛過ぎるなら無理せず転職

病院薬剤師 辞めたい


病院薬剤師を辞めたい

薬剤師の仕事の花形ともいえる病院薬剤師

人の役に立ちたい、薬剤師として最も勉強できるスキルアップできる職場は病院、ということで病院薬剤師として就職した新卒薬剤師の方も多いと思います。

チーム医療の経験が積める、最先端の医療を学ぶには病院しかない、といったことも就職先として病院を選ぶ理由にあったかもしれません。

しかし、実際に病院薬剤師としてはじめてみて・・・これは辛い、しんどい、病院薬剤師1年目だけれど辞めたい・・・

と悩んでいる新人薬剤師の方もお多いと思います。

病院薬剤師の離職者は高いです。

病院薬剤師を辞める理由、辞めてどういった転職先があるかについてご紹介します。

毎日が辛過ぎるなら無理せず転職するという選択肢もあります。

病院薬剤師1年目だけれど、しんどい、辞めたい

病院薬剤師へ転職したい薬剤師さんも多いですが、実際になってみると、辛い、しんどい、きつい、体力が持たないなど病院薬剤師を辞める人も多いです。

病院薬剤師を辞めたい理由として多いのは、次のようなものです。

あなたの今の病院を辞めたい理由もあるのではないでしょうか?

幾つも退職理由があって・・・という病院薬剤師さんも多いと思います。

病院薬剤師を辞めたい理由

病院の薬剤師を辞めたい理由で多いのは、次のような退職理由です。

人間関係が悪い

薬剤師の職場はどこも、基本的には人数も限定されており閉ざされた空間であり、人間関係には苦労するところも多いようです。

そうした薬剤師の職場の中でも病院は特殊と言えます。

病院の薬剤部は独立しているため、薬剤科長次第で人間関係がかなり職場環境が変わってきます。

薬剤科長その人自体がパワハラ気質で辛い・・・といった可能性もあります。

職場の雰囲気に全く無頓着で、人間関係でトラブルを訴えても何もしてくれない、黙認といったケースも。

病院は縦割りになっているため、事務長などに相談しても解決が難しいといえます。

人間関係が悪い、新人薬剤師いじめがある、といったような場合には解決策は転職しかない・・・といったケースはあります。

病院薬剤師は給料が安い、年収が低い

薬剤師の薬剤師の給料は安いです。

数ある薬剤師の職場の中でもダントツで病院は薬剤師にとって年収が低い職場となります。

ドラッグストアや製薬会社での勤務経験があって、病院で経験を積んでスキルアップしたい!と転職してきた薬剤師さんは、給料の低さに耐えられず再び転職・・・といったこともあるでしょう。

新人の病院薬剤師の場合、年収300万円台もあります。

病院薬剤師の働き方には夜勤もあり、激務の割には薄給であることも退職理由となっています。

月の給料手取り10万円台、という薬剤師1年目の方も多いのではないでしょうか。

病院薬剤師と比べると年収にして100万円以上高いことが多い、ドラッグストアの方が、薬剤師の離職率は低いです。

離職率に年収が高いか安いかは、大きく影響しているといって良いでしょうね。

それにドラッグストアは夜勤がありません。

夜勤が辛い

病院薬剤師には夜勤があります。

現在のところ夜勤は、他の職場にはない病院ならではの働き方の特徴です。

不規則な夜勤によって体調を崩してしまう方も多いでしょう。

何年経っても夜勤のある生活リズムには慣れることができない・・・という医療関係者は多いです。
(薬剤師さんだけではなく、看護師さんも夜勤が辛くて辞める人は多いです)

責任が重過ぎて辞めたい

病院薬剤師の仕事のやり甲斐として考えていた、患者さんと直接の関わりなど。
しかし、回復する患者さんもいれば回復されない患者さんもいます。

病院勤務は患者さんの生死に関わることが多い、ということもあり、薬剤師の仕事の責任の重さが急に辛くなって薬剤師を辞めたい・・・という気持ちになることもあるようです。

こうした退職理由の場合、生死に関わる事の少ない診療科の処方箋が多い調剤薬局やドラッグストアに転職することで、悩みから解放されるケースは多いといえます。

サービス残業が辛い

病院は残業も多い職場です。

薬剤師のみならず、医師、看護師やそのほかコメディカル、スタッフも含めてサービス残業で成り立っている病院も多いのではないでしょうか。

勉強会なども時間外にあり、休日も準備などで潰れるかもしれません。

サービス残業が多いと体力的にも辛いです。

医師や看護師との関係が辛い

病院で最も立場が高いのは医師、といわれ次が看護師と考えられています。

そのため下に見られているな・・・と感じることがある薬剤師さんもいるでしょう。

全ての医師や看護師がそうではありませんが、明らかに態度が悪い人もいるため退職理由の一つとなることも。

病院では多くの専門職が働いていますが、上下の意識をもつ人が多いと職場の雰囲気、人間関係に悩むことが多くなってしまうでしょう。

病院薬剤師の理想と現実のギャップ

病院薬剤師として就職が決まったとき、働き始めたとき、これから病院で働くことに対しての理想、積めるであろう経験、キャリアについて期待するところもあったと思います。

しかし、ひたすら調剤のみで患者さんと向き合うことがない日々、職場の人間関係、給料の低さ、夜勤の辛さなど・・・

患者さんの回復のために貢献したい気持ちが強い方ほど、理想と現実のギャップの大きさから辞めたい気持ちが強くなってしまうことがあります。

将来が見えてしまう

病院薬剤師として働き続ける将来が見えてしまって、モチベーションが維持出来なくなった、というケースもあります。

薬剤部のポジションは少なく、薬剤科長も一度なると長い方も多いです。

その間、職場の雰囲気はずっと同じでしょう。
働きにくさを感じてしまうと、ずっと辛いと思いながら働き続ける可能性が高いです。

また長くキャリアを積んでいても年収の上限もそれほど病院だと高くありません。

薬剤科長になっても高年収とはいえませんから、なおさらです。

将来に対しての希望が持ちにくいため、3年以内にドラッグストアや調剤薬局に転職する薬剤師は多いといえます。

病院薬剤師1年目は特に辛い、辞めたい時期

病院薬剤師として1年目は特に仕事が辛いと感じるかもしれません。

就職した病院、薬剤師として仕事の進め方も分かりませんし、人間関係を把握するのも気を遣うものです。

さらには夜勤、当直などもシフトに入り始めてきて・・・大きなプレッシャーやストレスを感じることも増えてくるのではないでしょうか。

そして給料が安い・・・

こんなに大変な仕事なのに手取りがこんなに少ない、生活が厳しい・・・となると、病院薬剤師として働くモチベーションを維持するのも難しくなってくる人も多いでしょう。

病院薬剤師として1年目は乗り切っても、2年目、3年目で転職する薬剤師さんも多いです。

入職して1年の間に、先輩薬剤師が次々と辞めていくのを目前にしてしまった・・・といいう方もいるかもしれません。

高い病院薬剤師の離職率

病院薬剤師の離職率は高いと言われます。

正確な数値のデータなどは見つけることが出来ませんでしたが、薬剤師の主な職場である調剤薬局、ドラッグストア、病院の3つの中で最も高い離職率である、といわれます。

病院薬剤師の離職率の高さの背景には、上記でみてきたような退職理由があります。

激務の割には薄給、ということも辞めたい理由として大きいといえるでしょう。

激務であっても給料が高いから頑張れる、というのは現実的にありますよね。

病院薬剤師を辞めたい。辛過ぎるなら無理せず転職を考えるのもあり

病院薬剤師として長く勤務される薬剤師さんも、もちろん多くいらっしゃいます。

しかし、3年以内に病院を辞めてドラッグストアや調剤薬局、一般企業に転職をされる薬剤師さんも多いです。

製薬会社などは薬剤師の採用の需要がありますし、まだまだ高年収です。

製薬会社に転職をして年収が100万円以上、上がるケースも珍しくありません。

これから製薬会社も厳しい時代ですから、どうなるか分かりませんが、薬剤師の知識や経験が求められていることは間違いありません。

ドクターに情報提供する場合でも、薬剤師資格と経験があると関係を築きやすいと言われています。

病院薬剤師を1年目で辞めても転職は可能

病院薬剤師を例え1年目で辞めるにしても、薬剤師の需要は高く、転職先を見つけることは可能です。

ただし、次の転職先では長く働くことが、キャリアとしても大切になってきます。

早期離職を繰り返してしまわないように、辞めたい理由を解消できる転職先を選ぶことが重要です。

もし、転職をお考えになるようであれば転職エージェントを活用されて、転職先の詳しい情報を得て応募を検討する方法がおすすめです。

職場見学も、相談すれば対応してもらえるケースもあります。

薬剤師1年目、第二新卒の転職に強い薬剤師専門の転職エージェント

薬剤師1年目で転職をする場合、経験の浅さから即戦力と考えてもらうことは難しいです。

それが1年目の薬剤師は転職が難しい、ということにつながっています。

しかし長期的なキャリアを考えた上での転職、といったポジティブな転職理由に結びつけてアピールすることで面接官に良い印象を与えることが可能となります。

そうした面接対策などについても、転職支援を専門とする薬剤師転職エージェントの担当者からアドバイスを受けることで、成功率を高めることができます。

ぜひ、長く働くことができる職場への転職を成功させてください。

【おすすめ薬剤師転職エージェント】

ファルマスタッフ

リクナビ薬剤師

薬キャリ

マイナビ薬剤師




キーワード