アパレルの仕事、辞めたい
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > 仕事辞めたい > アパレル1ヶ月~3か月で辞める人の次の仕事探しについて

アパレル 辞める 1カ月


アパレル1ヶ月だけど辞める

アパレルの仕事に就職したものの、「辞めたい」と思ってしまう方は多いです。

特にアパレルからの仕事に憧れが強かった人にとっては、実際に働き始めるとキツイ、辛いの連続かもしれません。

アパレルを辞めたい・・・と思うタイミングも人それぞれですが、早い人だと1日目に強く思う場合も。

多くは1ヶ月~3か月といった時期に「もうアパレル辞める、無理・・・」となるようです。

そこで頑張れる人もいますが、実際にアパレル業界から異業種転職を目指して求人サイトを見たり、退職願を書いたりする方も多いのではないでしょうか。

今の状況だと、アパレル業界は非常に厳しい状況のお店も多く、

「もっと将来性のある仕事に転職した方が良いのかな?」

と迷っている方もいるでしょう。

アパレルを1カ月で辞める場合には、使用期間中の退職となる方も多いでしょう。
1カ月~3カ月など早期退職者の転職は不利になることが多いです。

では、どのようにすれば成功率の高い転職活動ができるのか、方法をご紹介しています。

短期でアパレルを辞める、短期離職の後の仕事探しはどうする?

アパレルから転職に悩む

アパレルの仕事を辞める、短期離職となる場合。

次の仕事探しが不安になる方も多いと思います。

その1つ目は、履歴書に早期退職の経歴を書かないとダメ?といったことでしょう。

1ヵ月で退職、履歴書に書かないとダメ?

転職活動には履歴書が必須になりますが、職歴を書かなければなりません。

1ヵ月や3ヵ月など早期での退職になる場合でも、履歴書には職歴として会社名を書く必要があります。

1ヵ月の職歴はできれば履歴書に書きたくないものですが、書かないと経歴詐称となってしまいます。

短期離職でも履歴書には書きましょう。

1ヵ月でなど早期退職で重要なのは退職理由

その時重要になるのは、

退職理由

転職理由

です。

初めての就職がアパレルの仕事で早期退職、といったことであれば、年齢を考えると転職先が全く全く見つからない、ということはないでしょう。

退職理由については、確実に面接で質問されます。

環境のせいだけにするのはあまり良い印象を与えません。

企業研究に甘さがあった、実際に働き始めて本当にやりたい仕事が分かってきた、など面接官にポジティブな転職であるように伝えることが重要です。

フリーターではなくできれば正社員の転職を目指す

求人探し

アパレルの仕事を辞めた後、気楽にアルバイトで稼ぎながら生活したいな・・・と思うかもしれません。

激務、ラックな働き方で精神的にも疲れ切っていると、余計にそう思うかもしれませんね。

しかし、フリーターになった場合。

やはりズルズルとフリーター期間が長くなる方も多いようです。

フリーター期間が長くなると、正社員として転職するのが難しくなってしまいます。

こちらはフリーター期間と正社員就職の成功率の図です。

正社員になる期間

図表6-34 フリーター継続期間と正社員になれた割合(N=640)
大都市の若者の就業行動と意識の分化- 「第4回 若者のワークスタイル調査」から-より

フリーター期間期間が1年を超えると、成功率がガクッと落ちています。

アパレルを辞めてしばらくフリーターで良いかな・・・と思っている場合には、3ヵ月、半年など期限を決めて転職活動をスタートする、と決めておくと良いと思います。

アパレルを辞める人は多い・・・

アパレルの離職率は高いです。

統計的にアパレル販売員の離職率、といった調査はないようですが肌感覚でも退職する人多いんだろうな・・・と実際に思っているのではないでしょうか。

約半数は3年持たずに転職する、という話もあります。

長時間労働ですし、一人の抱える仕事量も多いです。
人間関係の問題やお客様からのクレームに疲れ果ててしまう方もいたりします。

退職理由は様々ですが、アパレル店員の中に1日、数日でバックレるケースもありますから、離職率は高いといって良いでしょう。

アパレルの仕事を辞めるなら、ぶれない気持ちが一番大切

アパレルの仕事を辞める場合、1ヵ月や2ヵ月、3ヵ月といった短期間での退職ともなれば、円満退職はそもそも難しいと思った方が良いかもしれません。

よく「円満退職が原則」といったことも言われますが、現実的にはなかなか難しいのです。

新入社員で経験もまだ浅いですから、そこまで強固に引き留められることは無いかもしれませんが、それでも引き留めはあるでしょうし思ったように辞められない可能性はあります。

できれば、次の転職先を決めてから退職の相談を切り出すのが良いです。

経済的な不安を取り除くことも大きいのですが、

次の転職先が決まっているので、辞めなくてはならない

と気持ちを強く持って退職の手続きを進めることができます。

早期退職の場合、円満退職を目指すのはなかなか難しいものがあります。

これから教育して戦力にしていこう!という矢先の退職になりますからね・・・

人材をまた採用しなおす、というのは大変なのです。

しかし、辞めると決めたあなたにはもう関係のない話といって良いでしょう。

アパレルの仕事を辞めると決めたのであれば、ぶれずに退職まで進める気持ちが一番大切です。

妥協して退職を思いとどまると、ずるずると辞められないでしまう可能性大です。

基本的に小規模なお店が多いと思いますので、人手不足です。

会社の規定を調べ、退職日のどれくらい前に退職の意思を伝えることが必要なのか確認しましょう。

この場合には、退職届の方が良いかもしれません。
提出日が分かるように書面でしっかり書いて提出しましょう。

退職に失敗するケースは気持ちがぶれてしまい、退職日を決められずに日が経ってしまうことです。
アパレルから転職

アパレル1ヶ月~3か月で辞める場合、転職は厳しいことを前提に進める

辞めるにあたり、

「もうアパレルの仕事は辞めておこう」

とお考えになっている方も多いと思います。

実際、アパレルの仕事を続けたくても希望条件で転職先を見つけるのも難しい・・・といった方も多いでしょう。

早期退職の嵐ともいって良い状況で、求人が減っています。
(もちろん、この状況でもスタッフ募集を行っているアパレル企業や店舗もあるのですが)

早期退職の場合には、

「自分ならすぐに次の転職先が決まるはず」

といった楽観的な考え方はしないで、転職活動は難しいという前提でしっかり準備をして進めるのが良いでしょう。

アパレル業界からの異業種転職は、人手不足の業界を狙う

経験の浅い、早期退職の場合。

スキルなどをアピールするのは難しいです。

面接する側からすると、経験やスキルをアピールされてもこの職歴の短さでは・・・といった感じになります。

そのため、人柄重視、ポテンシャル採用を行っている企業を中心に、未経験歓迎の正社員求人を探す方法がおすすめです。

人手不足の業界・職種はありますし、今の状況下でも採用の需要が高い仕事はあります。

そうした人手不足の業界・職種から、自分に合った仕事、長く働けそうな仕事を探してみることをおすすめします。

アパレルからでも可、未経験から転職を狙いやすい仕事

短期離職した後の転職、面接対策

例えば、

・営業職

・ITエンジニア

などは現在でもおすすめの仕事です。

営業職で数年経験を積めば、そのあとの転職活動もしやすくなります。

やはり営業職は経験を評価されやすい職種です。
様々なスキルが身に付きますからね。

ITエンジニアも以前ほどは、未経験から転職をするのは難しくなりつつありますが、人手不足ですから求人を選べば、まだまだチャンスはあります。

やっぱり販売、接客の仕事が良い、という場合でも求人はあります。

ただし、将来的に倒産しないかどうか、業界の状況はどうなのかといったことは、徹底的に情報収集してから転職先を決めないとなりません。

早期退職者向けの転職支援サービス

1ヵ月で辞める、といったような場合。

次の転職先を決めるのに不安が大きい方もいると思います。

自力で転職活動して決まらなかったら、辞める時期が決められない・・・という方も多いかもしれません。

そうした場合、早期退職の方の転職支援にも実績が多く、利用をおすすめできる転職エージェントもあります。

・第二孫卒エージェントneo
・DYM就職
・ジェイック
・ハタラクティブ

などの転職エージェントです。

辞めてから利用しても良いと思います。

ブラック企業に就職してしまって、早く辞めないと持たない・・・といった方もいるかもしれません。

在職中の方は、面倒な退職や入社の手続きなどのご相談にも応じてくれますから、転職に関しての悩みはエージェントに相談をしてみましょう。

早期退職者の転職支援に強い転職エージェント

先ほどご紹介した、

・第二孫卒エージェントneo
・DYM就職
・ジェイック
・ハタラクティブ

といった転職エージェントは、次の記事で詳しくご紹介しています。

⇒ 短期離職、第二新卒の転職にも強い転職エージェント

転職について悩みがある場合、早く次の転職先を決めたい場合などは、ぜひ活用してみてください。

アパレルから転職 関連記事

関連記事も合わせて、ご覧になってみてください。

アパレルから転職 関連記事

アパレル辞めたい 新卒 1年目の転職

実際にアパレル販売員として働き始めてみて、ブラックな働き方、過酷な労働環境にもう辞めたいと思っている方も多いかもしれません。

アパレルを新卒で辞めて転職に成功するためのポイントについて掲載しています。




キーワード