第二新卒看護師の転職先

看護師2年目でも転職できる?転職先を見つける方法


看護師2年目でも転職できる?

看護師2年目、転職を考えている看護師

看護師2年目、怒られることも多いし、しんどいことも多い今の職場。。。人間関係にも悩んでいるし、最近は毎日、転職のことを考えてしまっている。2年目で看護師を辞めると不利になるのかな?もしそこまで不利にならないなら、もっと自分に合う病院や施設を探して転職したいかも。

看護師2年目、仕事にもまだまだ慣れず、毎日怒られてばかり。

後輩も入職してきて、自分のことだけでいっぱいいっぱいなのに、プリセプティとしての仕事も増えて・・・

仕事が辛すぎる、人間関係も辛い・・・もう今の職場は無理かも
辞めたいな。

2年目は1年目よりも負担が大きくなり、辞めることを考える看護師さんも多いです。

仕事が辛いだけではなく、人間関係の悩みなども大きい場合には、転職を考えた方が良い場合もあります。

2年目に退職して転職することは可能です。

看護師2年目だからまだ辞めるのは早い、といったことはありません。

もっと自分に合う病棟で働きたい、経験を積みたい領域がある、といった場合。

早く転職した方がその後の良い結果につながることは多いといえます。

看護師2年目で転職に悩む方に、自分に合った働きやすい転職先を見つける方法をご紹介します。

2年目の看護師でも転職できます

看護師2年目、転職を考えている看護師

看護師2年目で転職するのは早いのかな・・・?

と迷っている方も多いかもしれません。

しかし、看護師さん向け転職エージェントを利用する人の中で、2年目という看護師さんは多いということです。

実際に転職して、その後イキイキと働いている看護師さんもたくさんいらっしゃいます。

看護師は1年目でも転職先が見つかるのですから、2年目ならさらに転職に成功しやすくなります。

もちろん不利な点もありますが、転職先を見つけることは十分可能です。

2年目の看護師でも転職できる理由としては、次のようなものがあります。

看護師が人手不足だから

看護師不足

看護師2年目でも転職できる大きな理由は、全国的に看護師が不足している状況が続いているためです。

大病院であっても、規模の小さな総合病院、クリニックなども含めて、人手不足に困っている医療機関は多いです。

介護施設も含めると、さらにその数は増えます。

看護師が余っていて困る、という話は滅多に聞くことはないですよね。

看護協会の発表(2018年 病院看護実態調査)などでも見られますが、

「看護師の採用を増やしたい」と回答した病院は3割以上となっています。

また採用予定人数に達していない病院も多いです。

看護師不足で病棟を閉鎖、といったニュースも時々目にするくらいですからね。

病院の中には、第二新卒看護師の受け入れに積極的なところもあります。

2年目の看護師は伸びしろいっぱいです。

採用する病院側としても、看護師としての基礎は身についていますから研修・教育の負担が新卒看護師と比べて軽減されます。

それに短期離職になりますから、転職先ではしっかり頑張ろう、という気持ちで入職してくる看護師も多くそこにも期待をしているようです。

2年目の看護師は第二新卒として採用の需要が高いから

看護師2年目でも転職しやすい理由の2つ目は、第二新卒看護師として採用の需要が高いからです。

新卒看護師よりも経験があり、うまく能力が伸びれば、即戦力に近い存在として期待できる第二新卒看護師。

教える側として負担が軽く、何より「次の職場では頑張りたい」と考えている看護師さんも多いです。

1度転職した、という経験から次の職場では長く働いて一人前の看護師になりたい、と思っている看護師さんも多いのではないでしょうか。

そうしたやる気があり、伸びしろいっぱいの第二新卒の看護師は、病院側にとって採用する大きなメリットとして捉えられています。

病院の中には、第二新卒看護師を積極的に受け入れているところもあるくらいです。

第二新卒看護師として採用された先輩ナースの体験談が多いところは積極的に経験の浅い看護師の採用を行っている病院である可能性が高いです。

また、第二新卒看護師歓迎、と求人ページに明記している病院もあります。

第二新卒看護師が働きやすい職場選びのポイントは、教育・研修体制が充実しているかどうかです。

中途採用であっても、それまでの臨床経験に応じてプリセプター制度が利用できる病院も少なくありません。

看護師2年目の転職先として、教育・研修制度が整っている病院を再就職先として選ぶと、失敗を防ぎやすいでしょう。

第二新卒看護師を歓迎、教育・研修制度を整えている病院探し、再就職先探しには、

などが病院の詳しい内部情報を持っているので、情報収集におすすめです。

新たに看護師としての基礎スキルを学びなおしたい、といった2年目の看護師さんも多いと思います。

研修制度が整った病院探しをしたい場合、効率よく病院の求人情報を得られるこうした看護師専門の転職エージェントの利用がおすすめです。

2年目の看護師の転職、おすすめ転職サイト

看護師2年目の転職に、おすすめの転職サイトをご紹介します。

看護師の求人情報を得る方法としては、ハローワーク、ナースセンターなどを利用する方法もありますが、看護師専門の転職サイトに登録、情報収集に活用されることをおすすめします。

看護師転職サイトの多くは、専任のアドバイザー(中には国家資格であるキャリアコンサルタントを取得した人も)が担当としてついて、転職をサポートしてくれます。

長期的なキャリアも考慮しながら、2年目、3年目、4年目と看護師として経験を積んでいきたいといった相談も可能です。

また看護師転職サイトには、多くの病院、介護施設、クリニック、企業からの求人情報が集まっており、職場の詳しい内部情報(研修・教育制度、人間関係、残業の状況など)の情報も持っていることが多いため、自分にとって働きやすい職場を探しやすいメリットもあります。

応募書類、面接対策、採用担当者への推薦など、自力で転職活動をするよりも、内定をもらいやすいことも看護師専門の転職サイトを利用するメリットです。

それぞれの転職サイトが独自求人を持っているため、併用して情報を得る方法もおすすめです。

マイナビ看護師

看護師転職大手エージェント、マイナビ看護師です。

「第二新卒看護師歓迎」の病院についての情報も多く持っています。

看護師2年目の転職は、3年目に転職する場合と比べて、不利になることもあります。

臨床経験の面、短期離職となる点などを不安視する採用担当者もいるでしょう。

希望通りの転職を成功させるためには、業界知識の豊富な転職エージェントの活用が欠かせません

書類選考に通りやすくなるための、履歴書や職務経歴書の書き方、模擬面接など転職先が決まるために手厚いサポートをしてくれます。

相談会やセミナーが充実していますので、相談しやすいのもメリットでしょう。
拠点数も大手マイナビはとても多いのもポイントですね。

マイナビ看護師は企業からの求人が多いことも特徴です。

治験看護師(CRA、CRC)の求人を得たい方も、ぜひ活用してみてくだしあ。

全国の看護師求人を取り扱っており、業界トップクラスの求人数を扱っています。

サポートの手厚さでも昔から評判が高く、看護師経験の浅い方の転職にもおすすめです。

信頼度の高い転職エージェントとして、マイナビ看護師は相談しやすい点もおすすめとなります。

⇒ マイナビ看護師

ナース人材バンク

ナース人材バンクは紹介実績No.1!

こちらも業界で大手転職エージェントとなります。

求人数の多さが特徴です。

紹介してもらえる求人数が多く、様々な職場を比較して転職先を検討したい看護師さんにおすすめです。

基本的に大手転職エージェントは求人が充実しており、多くの病院やクリニックなどの情報をカバーしやすいメリットがあります。

ナース人材バンクは求人数が豊富で、新卒者や第二新卒看護師へ研修が充実している病院などを探す際にもおすすめです。

コンサルタントも丁寧にサポートしてくれるという口コミも多く見られます。

経験の浅い看護師さんにもおすすめの転職エージェントです。

⇒ ナース人材バンク

看護のお仕事

看護のお仕事

看護師求人数、業界トップクラスの看護のお仕事です。
全国12万件以上の情報をカバーしています。

「第二新卒看護師歓迎」

「研修充実」

といった条件で看護師求人をお探しになるのもおすすめです。

足を運んで病院、施設の情報を集めることに力を入れており、詳しい情報を得やすいことも、看護のお仕事の特徴と言えます。

ブラック病院には転職したくない、2年目の看護師に対しても教育・研修制度が整っている病院に転職したい、といった方は情報を得るためにぜひ活用してみてください。

常勤転職に強く、サポートを徹底的にしてくれると定評のある看護師専門の転職エージェントです。

⇒ 看護のお仕事

2年目の看護師の悩み、転職理由

2年目の看護師が辞めたい、転職したいと思う理由には次のようなことが挙げられます。

看護師2年目ともなると、1年目とは違う悩みが出てくるものです。

転職理由となるものには、どういったものがあるでしょうか。

複数の転職理由がある看護師さんも多いでしょう。

ミスが多く仕事ができない、怒られてばかり

2年目の看護師、怒られてばかりで辛い

看護師2年目とはいえ、新人の時とあまり変わらない自分の看護スキルに悩む方も多いようです。

2年目だからこそ仕事のミスを厳しく指摘されるようになり、辛いと感じる看護師さんも多いのではと思います。

さらに新人看護師が後輩として入職して、プレッシャーを感じることも増えてくるでしょう。

私はまだ夜勤に入れないのに、あの子は夜勤に入り始めた・・・

など、1年目の新人に仕事面で追い越されてしまい、すっかり自信を無くしてしまう、プレッシャーを感じてしまい辞めてしまうケースも少なくありません。

人間関係

看護師の退職理由として多いのが、人間関係です。

特に最初の病院選びの際には、あまり選択肢がなかった・・・という看護師さんも多いのではないでしょうか。

またもし教育・研修制度が整っていたとしても、先輩ナースからのいじめ、上司からのパワハラ、過度なプレッシャーなど人間関係が悪く、働くのが辛いといった場合。

仕事が辛くても、労働環境が厳しくても人間関係が良い職場なら乗り越えられることもありますが、人間関係が悪い職場は難しいです。

実際、人間関係が悪い職場は離職率も高くなる傾向があります。

看護師2年目になり、後輩看護師ができたことでさらに辛く当たられて、辞める決断をする。
そうしたケースも多くなってくる時期といえるでしょう。

教育制度・研修制度が整っていない

病院によって教育・研修制度には大きく差があります。

大病院だから教育体制が充実している、とは限りません。
しっかり看護技術を学ぶことができるはず・・・と期待して就職したのに、指導はほぼなし。

先輩看護師の仕事の仕方を見て覚える、といったようなケースも。

全体としては教育・研修制度は充実しているものの、病棟や職場によっても差が出ることもあります。

規模の小さな病院の場合には、指導を面族に受けられずほったらかしに近いこともあったりするようです。

また、プリセプターとの相性、人間関係が悪く転職理由となることもあります。

激務なのに給料が安い

給料が安い看護師

2年目の看護師となっても、給料がそこまで上がるわけではありません。

仕事量は増えても、1年目とほとんど給料が変わりません。
そのうえ2年目になると住民税の控除が始まります。

看護師2年目になって、かえって手取りが減ってしまってショック、という方も多いのではと思います。

せっかく頑張ってきたのに、給料が減ることでモチベーションが下がってしまい、退職につながる、といったケースもあります。

年収アップの方法としては、今の給料が安いほど転職によって年収が上がる可能性はあります。

看護師の年収相場を把握して、転職を検討することも重要となります。

基本的には病院の規模によって年収、手当の額が変わってきます。

ただし転職活動をする場合には、給与・年収ばかりに目がいってしまい、働きやすさなどを軽視しないようにする必要があります。

そうした情報を得て判断するには、

などの転職エージェントを利用する方法が良いでしょう。

転職してもすぐに辞めてしまっては、エージェントも病院側も困るということもあります。

長く活躍できる人材を病院側に紹介するという責任もありますから、双方のマッチングを考えて、求人紹介をしてくれるためです。

看護師2年目の離職率

看護師2年目の離職率、という調査結果はあまり目にすることがありません。

そこで参考にするのは、新卒看護師の離職率、正規雇用看護職員の離職率です。

新卒看護師の離職率は大体7%~8%で横ばいといわれています。

正規雇用看護師職員の離職率は大体10%~11%です。

2年目の看護師だけが突出して離職率はが高いとはいえませんから、10%前後の離職率と考えていいでしょう。

ちなみに、医療機関の規模が小さくなるほど離職率は高くなります。
公立病院よりも個人病院の方が離職率が高くなる傾向が強いです。

なぜ、看護師2年目はしんどい?

辛い2年目の看護師

よく、2年目の看護師はしんどい、と言われます。

なんとか新人看護師の時代を乗り切り、楽になるかと思いきや、さらに様々な面でしんどくなり「看護師を辞めたい」気持ちが強くなってしまう・・・

そうした2年目の看護師が多いといわれます。

どうして、2年目になるとさらにしんどいのでしょうか?

先ほどみたような退職理由にもつながるものもありますが、次のようなことからしんどい気持ちが強くなるといえます。

・新卒看護師と比べられる(特に優秀な新卒看護師との比較)
・1年目の看護師に能力面で追い越されてしまう
・夜勤が増えて辛い
・プリセプターが終了し、仕事の責任の重さが辛い
・人間関係が辛い。後輩もでき上からのプレッシャーもありしんどい・看護師に向いていないと感じることが多くなる
・1年目よりも忙しくて大変なのに、手取りが減ってしまって辛い

といったことから、看護師の仕事が辛く辞めることや、転職を考える看護師が増えてくる時期が2年目、といえます。

2年目で辞めるか、転職先の選択肢が増える3年目まで頑張るかは、人それぞれといえます。

看護師2年目、転職を成功させるためのポイント

看護師2年目での転職を成功させるためのポイントがあります。

看護師2年目、転職を考えている看護師

もっとしっかり教育・研修制度の整った病院で学びなおしたいな・・・

といったような理由から、もしこれから転職活動を始めようかな・・・という場合にはぜひ転職成功のポイントを参考にしてみてください。

転職先に求める条件を明確にする

なんとなく、

今の職場、辞めたいな・・・

といったことであれば転職に失敗する可能性が高いです。

どうして今の職場を辞めたいのか。

次の転職先には、どういったことを期待したいのか。

辞めたい理由を解消して働ける職場を選ぶことがとても大切ですよね。

・教育・研修制度が整っている

・人間関係が良い

・オンコールなし

・休みがとりやすい(有給休暇が使いやすい)

・給料が高い

・勉強会、委員会の負担が少ない

など、次の職場に特に求めることを書き出してみてください。

辞めたい理由を書き出すのもおすすめです。

それは転職活動をする際、エージェントに職場選びで重視したい点としても役立つ情報となります。

退職理由を明確にする

退職理由を明確にすることも、とても重要です。

「どうして転職をしようと思ったのですか?」

という質問は、必ず面接でされます。

退職理由についての質問にハッキリと答えられないと、不採用になる可能性が非常に高いです。

また他責の退職理由を答えてしまうことも、マイナスとなります。

人のせい、職場環境のせい、他責にする人は、同じことを繰り返す可能性が高いですから、採用したとしてもすぐに辞めてしまうのでは?という疑念を面接官は抱いてしまいやすいのです。

採用して、長く働いてくれそうな回答を用意しておくことも重要です。

転職先候補の病院、職場の情報収集を徹底的に行う

転職先に良いかも、といったように興味の持てる病院が見つかったら、徹底的に情報収集をすることが大切です。

その方法として、

といった看護師専門の転職エージェントの活用をおすすめしています。

通常の情報収集では手に入らない、職場の内部情報についても把握していることが多いからです。

過去に転職支援した看護師がいる場合には特に、職場の雰囲気についても詳しく聞けることがあります。

・給料
・人間関係
・2年目の看護師への指導体制
・時間外労働

などは2年目の看護師さんにとっては気になるところではないでしょうか。

転職エージェントを利用することで、情報収集がしやすくなります。

給料なども気になるところだと思いますが、本当に大切なのは「自分に合った職場」なのかどうかです。

転職して短期間でまた離職、転職活動をするようなことが無いように、自分にあった転職先探しに重点を置いて、情報収集することが大切です。

転職先は在職中に決める

辞めたい、と考え始めると一刻も早く今の職場を辞めたいという気持ちも強くなるかもしれません。

しかし、退職は次の転職先が決まってからにしましょう。

転職先が決まる前に辞めてしまった場合、転職先が決まるまで長引いてしまうと、お金がなくなり経済的に困窮する可能性があります。

食費、水道光熱費、家賃、転職活動をするにもお金が必要です。

お金がなくなってくると、希望の転職先を見つけるよりも、採用してくれる病院を探すことに重点を置きがちになってしまいます。

それでは、転職に成功することは難しいでしょう。

忙しいかもしれませんが、転職先は在職中に決めることが大切です。

転職エージェントを利用して情報収集をする

在職しながらの転職活動は、時間との闘いです。

自分ひとりで転職活動のすべてを管理して進めるのは、とても大変。

そこで多くの看護師さんが、転職エージェントを利用しています。

記事中にも何度かご紹介させていただいていますが、

といったエージェントです。

専任のアドバイザーが付いて、転職活動を寄り添ってサポートしてくれます。

希望に沿った職場探し、応募書類の添削、面接対策など、希望の転職が成功するように、手厚いサポートをしてもらうことができます。

非公開求人もありますので、自分で求人サイトを利用して探すよりも選択肢が増えるのもメリットでしょう。

利用は無料です。

サポートの手厚さ、看護師求人の質・量などを比較するためにも、複数の転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

看護師2年目で転職するメリット

2年目で転職するメリットには次のようなものがあります。

【看護師2年目で転職するメリット】
・1年目の看護師よりも知識、経験がある

・伸びしろがある

・体力がある

・今後のビジョンを評価してもらいやすい

看護師2年目の転職を成功させるには、上記のような点をいかにアピールするか、といったことも重要になります。

長く働きたい、といったことをアピールすることも大切です。

すぐ辞めそう、と思って面接をしている面接官もいることは忘れずにいたいポイントです。

看護師2年目で転職するデメリット

【看護師2年目で転職するデメリット】

・臨床経験はまだまだ少ない

・すぐに辞めそうと思われていることもある

・中途採用なので、職場になじみにくい可能性

・最初の職場との仕事の進め方、教育体制の違いに戸惑う可能性

新人看護師よりは経験はありますが、臨床経験の不足は否めません。

そのため、即戦力に近い存在として考えられると、プレッシャーがきつくなる可能性もあります。

面接ではこれまでの経験、スキルをしっかりと伝えておくことが大切になるでしょう。

また「採用してもすぐに辞めるかもしれない」と思われることもあります。

もし採用してもらえたら、長く働きたいことをしっかりとアピールすることは大切です。

2年目の看護師、転職先選びのポイント

2年目の看護師が転職先を選ぶ際、次のようなポイントに気を付けて選ぶとよいでしょう。

研修・教育制度の整った病院

2年目であれば、まだまだ基礎を身に着けることが大切な時期です。

特に退職理由が教育についての不満、といった場合には研修・教育制度が整っている病院を選ぶことが重要です。

規模の小さな病院よりは、大規模な総合病院、大学病院は充実した教育制度となっていることが多いといえます。

人間関係の良い病院

人間関係の良い職場は、辛いことがあっても踏みとどまりやすく、離職率が低いです。

とはいえ、職場の離職率を発表している病院は滅多にありません。

看護職員の離職率、定着率については転職エージェントがある程度把握していることが多いですから、情報収集を依頼されるのがおすすめです。

人の出入りが激しい病院、というのは特にエージェントは抑えているものです。

スタッフが定着しない病院への転職は、避けた方が良いでしょう。

看護師2年目の転職におすすめの職場

まだまだ経験を積みたい看護師2年目におすすめしたい職場などをご紹介します。

中規模で教育制度が整っている総合病院

看護技術を学びなおしたい、しっかり基礎を身に付けたい、と考えている看護師さんにとおって教育制度はとても重要なもの。

中規模の総合病院、特に急性期で働いた経験は評価されやすいため、次の転職も考えやすくなります。

病院内での配置換えで領域を変えて経験を積むこともできるでしょう。

病院によっては最先端の医療技術に取り組んでいるところもありますから、選ぶ職場によって専門性を高めていきやすいメリットもあります。

人数も多く、将来的に出産・育児休暇を取りやすく、復職もしやすい病院を選んで転職しておくといったことも考えてみても良いかもしれません。

療養型の病院

救急、急性期での仕事に疲れてしまって・・・限界で辞めたい、といった看護師さんには、療養型の病院が働きやすい職場となる可能性が高いです。

これから先、ゆっくりめに働いていきたいといった場合には、身に付くスキルが急性期と比べて物足りなくはなりますが、療養型医療施設も有力な転職先として検討する価値はあるでしょう。

辞めたい!退職を考える2年目の看護師におすすめ転職エージェントのまとめ

看護師2年目の転職、ということで転職に成功するためのポイント、おすすめの転職エージェントなどについてご紹介しました。

看護師の仕事自体を辞めたい、という方は少ないと思います。

もっと働きやすい職場へ転職して頑張りたい。

そうした2年目の看護師さんが多いのではないでしょうか。

情報収集をしっかり行うことが大切です。

そのための方法として、看護師専門の転職エージェントを活用する方法をおすすめしています。

自分ひとりでは得られない職場の詳しい情報を得ることができますので、ぜひ活用してみてください。




キーワード