社会人1年目,2年目,3年目の転職 > 高卒の転職 > 10代の転職サイト、高卒でも転職先を見つける方法

10代の転職サイト、高卒でも転職先を見つける方法


10代の転職サイト

仕事辞めたい新社会人

10代で転職しようと思っているけれど、良い会社、ホワイト企業など働きやすい転職先を見つけるのに便利な転職サイトを知りたい。

10代で転職をする場合、職歴が短いことが転職活動のネックになる方もすくなくありません。

新卒入社1年目、就職して2,3ヵ月で転職を早くも考えている、という方もいるのではないでしょうか。

入社して働き始めないと分からないことって、たくさんありますよね。

就職してみたら、実はブラック企業だった・・・といった場合には、早期に退職して転職することを考えた方が良いかもしれません。

遅かれ早かれ、転職することになる。
と思ったら、大抵はその判断は間違いがないものです。

しかし、在職期間が短い10代は、転職活動をしても厳しいことが多いです。

転職成功のポイントは10代向けの転職サイトを利用することです。

その中でも、早期退職の場合でもサポートしてもらうことができる転職サイトをご紹介します。

ぜひ活用して自分に合った転職先を見つけてください。

10代おすすめ転職サイト

第二新卒の転職

10代で転職を目指す場合、初めての転職活動という方も多いと思います。

その場合、

履歴書や職務経歴書の書き方がよく分からない・・・

となる方も多いと思います。

転職活動を始めるための準備であまりに時間がかかってしまうと、面倒になってきてしまうかもしれません。

履歴書や職務経歴書の書き方などのサポートを受けられる転職サイトの活用がおすすめです。

合わせて、10代で転職をする場合、未経験者歓迎、高卒OKの正社員求人を多く取り扱っている転職サイトの活用がおすすめです。

応募の選択肢を少しでも増やすこと、効率よく求人情報を得ることが大切です。

第二新卒エージェントneo


第二新卒エージェントneoは、18歳から20代の若年層の転職に特化している転職エージェントです。

若年層向けの求人を豊富に取り扱っていることが特徴です。

ブラック企業を除外して定着率の高い企業を紹介することに力を入れており、長く働ける会社を見つけたい方は相談してみてください。

キャリアアドバイザーのサポートの手厚さも口コミで定評があります。

10代で職歴の浅い方の転職は、第二新卒エージェントneoのような第二新卒特化、フリーターやニートの就職に強いエージェントを利用する方が対応も丁寧ですし、成功する可能性が高いです。

内定後のフォローにも力を入れていることも第二新卒エージェントの特徴です。

⇒ 第二新卒エージェントneo

ハタラクティブ


ハタラクティブは10代で利用して転職する方もいます。
学歴が高卒の方も利用して転職を目指すことができる転職エージェントです。

10代経歴が浅い方の転職支援、早期退職した方の転職にも利用することができます。

関東、関西を中心に求人紹介を行っています。

高卒、大学中退の方も多く利用して転職を成功させています。

扱っている求人は、学歴以上に人柄や性格といったポテンシャル面を重視して採用している企業の求人が多いことが特徴です。

⇒ ハタラクティブ 公式サイトはこちら

就職shop

就職shopはリクルートが運営する若年層向け転職エージェントです。

経験が浅い10代、20代の転職支援をメインとしています。

母体がリクルートということもあってか、登録企業数が業界トップクラス。
利用者数も10万人を突破しています。

営業の他、幅広い職種の求人を取り扱っているため、まずは色々な仕事の情報収集をしてみたい、方に方にもおすすめです。

若年層、高卒や第二新卒という方の利用も多いため、就職shopには転職ノウハウが蓄積されています。

就職shopの大きな特徴は、書類選考なしで面接に進めるということがあります。

経験の浅い高卒10代の転職、新卒1年目、2年目の転職の場合には書類選考が厳しくなることも多いため、書類選考なしで面接を受けられることはメリットです。

今の状況下において、面談はオンラインで受けることができます。

就職shopは、全国の首都圏・関西圏など主要都市に10店舗展開しています。

関東・関西で転職を目指す方におすすめのエージェントです。

⇒ 就職shop 公式サイトはこちら

キャリアスタート

キャリアスタートは18歳~35歳までの方が利用して仕事探しを行うことができます。

若手人材が再度キャリアをスタートすることを応援してくれるエージェントです。

キャリアスタートは長期的なキャリアを考えて、未経験の仕事への転職でもスキルが身につく求人を紹介してくれることも特徴です。

面接トレーニングに非常に力を入れています。
そのため、自信をもって安心して本番の面接を受けられた、という口コミが多く見られます。

初めての転職活動でも内定獲得できるようにしっかりと手厚くサポートしてもらうことができます。

第二新卒の方がキャリアをやり直すための転職に利用することも多い転職エージェントです。

⇒ キャリアスタートの就職支援サービス 詳細はこちら

DYM就職

DYM就職は18歳~35歳までの正社員として就職・転職を目指す方が利用できる若手に特化した転職エージェントです。

DYM就職は書類選考なしで面接に進むことができます。

書類選考をスキップして面接を受けられることから、転職活動が短期間で進みます。

早く仕事を見つけたい方には、適した転職エージェントとなる可能性が高いです。

DYM就職は東京・大阪・福岡・札幌・名古屋といったエリア以外、地方都市でも多く拠点を開設しているため、広い地域で利用可能です。

経験の浅い若手人材向け転職支援を行っているエージェントです。

未経験OKの正社員求人が多く、ブラック企業を退職して転職したい、キャリアをやり直したい、本当は違う仕事に就きたかった、という10代の転職活動にもおすすめです。

短期離職からの転職にも強いエージェントです。

⇒ DYM就職 公式サイトはこちら

ジェイック

ジェイック

ジェイックは手厚い研修、書類選考なしで面接を受けることができることが特徴の若手人材に特化したエージェントです。

キャリアアップを目指す方には向きませんが、研修内容が手厚いため、改めて転職活動を一からやり直したい方には好評です。

仕事を退職した後、フリーターやニートとして生活し空白期間が長く空いてしまった場合でも高い内定率で転職活動を進めることができます。

退職後フリーター、ニート期間がある方はジェイックで仕事探しをする方法もおすすめです。

⇒ ジェイック 公式サイトはこちら

ウズキャリ

10代の第二新卒、既卒者の利用も多いエージェントがウズキャリです。
他社の10倍時間をかけるというカウンセリング、サポートが特徴です。

18歳~29歳で正社員の仕事探しをしている方が利用することができます。

未経験者向け求人が中心、それもITエンジニア系求人、営業求人が多めとなります。

口コミを調べていると、あまり幅広い職種の求人を扱っているとはいえないようです。

様々な仕事の求人を集めてみてから応募を考えてみたい、という方は就職shopや第二新卒エージェントneo、DYM就職などを利用する方法がおすすめです。

親身に転職をサポートしてくれる担当者でとても良かった、という口コミもあり担当者の質の差が大きいエージェントともいえそうです。

サポートの手厚さを求める方は、相談してみてはいかがでしょうか。

⇒ ウズキャリ 公式サイトはこちら

10代で転職、高卒でも転職先を見つけるには

短期退職した後の面接対策

10代で転職活動をする場合、中には試用期間中に退職して転職を目指す方もいるでしょう。

1年未満での転職活動、という方も多いかもしれないですね。

短期離職はしっかりと転職準備を整えて行うことが大切です。

若いからすぐに仕事が決まるだろう、とあまりに楽観的に考えすぎるとなかなか転職先が決まらずに苦しい思いをすることにもなりかねません。

経歴の短さから、転職活動が不利になることは思っている以上に多いのです。

多くの企業は長く定着して働いてくれる人材を採用したいと考えています。

そのため、職歴の浅い人材はネガティブなイメージを持たれやすいのが実際といえます。

10代で転職成功するためには、転職活動でアピールすべきポイントを抑えて履歴書や職務経歴書の準備、面接対策を行うことが必要です。

10代が転職でアピールするポイント

10代の転職ではアピールすべきポイントがあります。

面接での質問内容に応じて答えることになりますが、しっかりと答えられるように準備をしておくことが大切です。

企業側も10代など若手人材に期待するポイントということも言えますので、しっかりとポジティブに伝えられるように面接対策をしておきましょう。

成長意欲

10代の方が転職でアピールしたいことは、やはり成長意欲です。

企業が若手人材に求めるのは、やはり将来的な伸びしろ、といえます。

未経験に近い人材を採用して教育を行うのは、将来成長して企業の中核を担ってほしいためです。

様々なことを吸収して成長し、企業に貢献したいことをしっかりとアピールしていきましょう。

将来どういった人材になりたいか。

仕事を通じてどんなことを実現していきたいか。

将来のビジョン、などを伝えるとポジティブな印象も与えることができて良いでしょう。

コミュニケーション能力

10代と若い人材を採用する企業が心配することの一つに、コミュニケーションの問題があります。

10代、20代前半が多い職場であれば、自然と打ち解ける機会も多いかもしれません。

しかし多くの企業では30代、40代、50代といった年代の社員が多い職場の場合、若手が馴染めずに退職するケースもあります。

すでにいる社員と上手くコミュニケーションを取ることができるか、といったことも採用選考では見られています。

特に10代で転職となる場合。

職歴が短いため、人間関係について心配されるケースもあります。

本当の退職理由は人間関係ではないか、と質問されることもあるかもしれません。

コミュニケーションを積極的に取り、人間関係を良好に構築することができるかどうか重要視されることが多いです。

積極的に先輩社員、上司ともコミュニケーションを取り、間関係を構築していくことに問題がないことも、しっかりとアピールしたいポイントです。

若さ

若手人材に期待することの一つは、やはり「若さ」です。

職場の雰囲気を変えて欲しい、という期待は多くの場合であります。

若い人材が入社することで先輩社員の意識が変わることを期待するケースもあります。

新たに人材が入社することで、職場の雰囲気はやはり変わることが多いです。

特に若手人材が入社することで、先輩社員が教える意識が強まります。
分からないことを素直に分からない、と答えて質問できることも重要です。

職場の雰囲気が良くなる、教えることで先輩社員がさらに伸びることを期待するケースもあります。

明るきハキハキとポジティブに受け答えをすることで、しっかりとアピールすることができます。

無理に若さをアピールするのも、違和感を覚えられてしまうかもしれません。

10代の転職活動で押さえておきたいポイント

新卒で入社した会社を辞めたい

10代で転職をする場合、若いからすぐに転職できるとは限りません

転職活動に失敗してフリーターやニートになる可能性もあります。

なんとなく今の仕事を辞めるのではなく、しっかりと転職したい理由を明確にして、転職を目指す職種を決めておくといった転職活動の準備も重要となります。

そうしたことも含めて、10代の転職活動で押さえておくべきポイントをご紹介します。

短期での転職は不利

そもそも、短期間で転職をすることは転職活動では不利になることが多いです。

転職すること自体に抵抗感を持つ人は今の時代には少ないと思いますが、それでも短期間で転職をする人は印象はあまり良くありません。

「またすぐに転職してしまうのでは?」

という印象を持たれやすいからです。

短期の経歴を書かずに隠す、といったことはしない方が良いでしょう。

後からバレる可能性があるからです。

経歴詐称をした結果のリスクを考えると、素直に短期離職であることを明記し、退職理由をしっかりと伝えて転職の意欲をアピールする方が成功しやすいです。

前向きな転職であることをしっかりと伝えることが大切です。

退職理由を明確にすることが必要

第二新卒の転職、失敗しないためには

短期での転職となる場合、面接では確実に、

どうして半年で辞めて転職しようと思ったの?

をいった質問をされることになります。

退職理由は他責の内容するのはNGです。

会社選びの基準が甘かった、本当に自分がやりたい仕事が分かっていなかった、といった原因も伝えつつこれからどうしていきたいのか、といった将来の話につなげていくことが重要です。

労働環境が本当に過酷で誰が聞いても「ブラック企業に入社してしまい、で大変でしたね」と思う会社であれば別ですが、基本的には人のせい、職場のせい、会社のせいにせず退職理由を伝えることが基本といえます。

退職理由を明確にすることは、次の転職先選びをするときにも必要なことです。

再び同じ理由から退職を考えないようにするには、退職しようと思った原因を避けられる職場を選び転職をする必要があります。

在職中の転職活動がおすすめ

転職をする場合、基本的には在職中に転職活動をするのがおすすめです。

在職しながらの転職活動は時間的な制約もあり、確かに大変です。

しかし収入面は安心ですし、職歴の空白期間を作らなくて済みます。

退職してからの転職活動は確かに時間的な余裕はありますが、すぐに転職先が決まる保証はありません。

空白期間が長くなると、企業からは「計画性もなく辞める人材」と見られてしまう可能性が出てきます。

また、職歴も浅くブランク期間が長いと第二新卒ではなく未経験者扱いされることから、選考が厳しくなりやすいです。

まっさらな未経験者ではなく、

「早期退職の経歴あり」

ですから余計に転職活動が厳しくなりやすいのです。

ご紹介した転職サイトを利用すれば、あなたが働いている間にも求人を探し、応募準備を整えてくれます。

忙しくても転職活動を進めることができるため、ぜひ相談してみてください。

10代向け転職サイトとは

新卒1年目の転職活動

高卒、10代の人が利用しやすい転職サイトとは経歴の浅い求職者を歓迎する正社員求人を多く掲載している転職サイトです。

掲載している求人を調べていくと、応募しやすい求人が多い転職サイトかどうかが見えてきます。

10代て転職活動をするという場合、18歳、19歳を歓迎する会社の求人を見つけることが必要になります。

職歴が浅いことを考えると、応募しやすいのはやはり未経験者の求人でしょう。

今の仕事、前の仕事とは違う未経験の職種への転職を希望されている方も多いと思います。

新たに違う会社、違う仕事で正社員としてキャリアをスタートするために情報収集が効率よくできる転職サイトを選んで利用してください。

10代向け転職サイト

10代向け求人も取り扱っている転職サイトとして、

などをご紹介しました。

特に在職しながら転職活動をする場合、こうしたサポートも利用しながら転職先を探す方法がおすすめです。

代わりに情報収集をしてもらえるのはメリットです。

また転職活動で迷ったり悩んだ時も、背中を押してもらえることも期待できます。

第三者がいることで途中で転職活動を辞めてフリーターやニートになってしまう、といったことも避けやすいです。

10代の転職活動では、こうした転職サイトの活用をおすすめします。

複数の転職サイトを利用してみることも検討してみてください。

併用することで比較をすることができます。

自分に合ったサービスを提供しているかを見極めることも重要です。

2,3の転職サイトを併用してみることで、自分にとって使いやすいサイト、希望の仕事の取り扱いが多い転職サイトを見極めてメインとして利用されることをおすすめします。




キーワード