悩む新入社員

1年で退職、第二新卒の転職方法


新卒1年目 第二新卒として転職

新卒1年目、転職したい!

新卒入社1年目、実際に働き出してみて、

思っていた仕事と違う

人間関係が酷すぎて無理かもしれない

働き方がブラックだった、気力も体力も限界

先輩社員を見ていてキャリアアップは無理そう

やっぱり本当にやりたい仕事は違うと気づいた

色々な事情から、入社して1年目という短期間、人によっては入社2ヶ月や3ヶ月といったごく短期間で転職を決意されるケースもあると思います。

理想と現実のギャップであったり、といった事もあるかも知れませんね。

石の上にも3年。

確かによく転職の相談をすると、「3年くらいは頑張った方が良いよ」と言われることが多い気がします。

社会人として1年目での転職は、確かに経験があまりなく即戦力としての転職はまず難しいです。
それでも、毎年多くの方が1年目での転職を第二新卒として成功させています。

もちろん、転職に失敗する人もいます。

1年目での転職、成功する人。
転職に失敗する人。

何が違いを分けるのでしょうか。

1年目での転職に成功する人、また成功率の高い転職活動の方法について情報を掲載しています。

新卒1年目 第二新卒として転職

第二新卒として転職活動
新卒1年目の人は、第二新卒として転職活動をする事が出来ます。

第二新卒とは、就職してから1年目から3年目で転職を希望する方の事を一般的には言います。

第二新卒の求人ニーズは高く、多くの企業が「第二新卒歓迎」として正社員求人を出していますよね。

通常の中途採用枠を目指して転職活動をするよりも、第二新卒歓迎の求人を狙って転職活動をしたほうが採用される可能性が高いので、オススメです。

普通に中途採用枠を狙って応募をすると、他のキャリア転職組の方と競う事になります。
その場合、業務経験が浅いので確実に不利になってしまいますからね。

第二新卒の場合、企業から期待される事が多いのは以下についてです。

第二新卒を中途採用する企業から期待される事

経験の浅い第二新卒ですが、採用したいという需要は多いです。

企業から期待されるのは主に次のようなポイントです。

・今後の成長が期待出来る(伸びしろがある)

・最低限のビジネスマナーが身に付いている

・まだ若く、新卒学生と同様に素直

・柔軟に仕事に取り組んでくれる

といった事などがあります。

新卒者と比べて、教育コストが安く済むという事も第二新卒の採用するメリットです。

第二新卒として転職をする場合、企業側から求められている事を意識して履歴書や職務経歴書の書き方を考えたり、面接対策をするとより内定率を高めた転職活動が出来ると言えます。

話を盛りすぎるのはダメですが、求められているものに寄せる事で、面接官から良い評価を得やすくはなりますよね。

第二新卒を歓迎する企業が何を求めているか、これをしっかりと考えて転職活動をしている第二新卒の方は、転職に成功する可能性は高いといえます。

転職する側、第二新卒者としても早い時期にキャリアチェンジが出来ますから、経験を改めて早くから積む事が出来るメリットもありますね。

第二新卒として1年目での転職活動

企業によっては、第二新卒の扱いにも差があります。

第二新卒は入社して1年目~3年目の方をさしますが、業務経験を考えると1年目と2年目、3年目ではやはりレベルに差が見られます。

そのため第二新卒とはいえ1年以内と短期離職をする人は対象としない企業もあります。
そもそも第二新卒者を歓迎しない企業もありますので、転職先を探す際には注意が必要です。

ライン本当に第二新卒を歓迎している企業、1年目での転職でもOKとする企業からの正社員求人の情報を得る方法として、

⇒ 経験の浅い社会人1年目の転職、正社員就職支援サービスを利用しての転職活動

でご紹介しているような正社員就職支援サービスを利用する方法もオススメしています。

リクルートエージェントやDODA、マイナビなど転職エージェントを利用しても良いのですが、経験が浅い場合には、紹介可能な求人が無いために利用を断られる可能性はあります。

転職を希望される地域にもよりますね。

東京都や神奈川県、大阪府など企業も多く、求人数が多いエリアだとまた話は違うかもしれませんね。

就職支援サイトは、未経験での転職、異業種転職を目指す場合にも利用出来ます。

転職を本当に決断した場合、金銭的に追い込まれる可能性があることから、在職しながらの転職活動が基本ですよ。

ブラックな働き方でもう限界・・・と言った場合は退職も仕方ありませんが、出来る限り収入を得ながら転職活動をする方が、次の転職先をきちんと見極める事が出来ると思います。

お金が無くなると、

どこでも良いから転職しなければ・・・

という考え方になりがちです。

新卒1年目、第二新卒として転職活動をする場合には注意が必要なポイントといえます。
勢いで退職が先にならないように気をつけてください。

1年目、第二新卒として転職する際の給与アップは期待しない

転職に際して、年収アップを期待する方も多いと思います。

せっかくなら、転職を機に今の仕事よりも給料が上がると良いですよね!

しかし・・・社会人1年目での転職、第二新卒として転職活動をする場合、給与の高さにこだわると転職先がなかなか見つからない事が多いでしょう。

今勤務している会社の給料が相場よりも低いのであれば、転職によって年収アップする可能性はあります。

平均並の給与となっている場合には、即戦力といえる人材ではない新卒1年目は新卒と同程度の給与水準となります。

給与を想定するには、求人先企業の新卒初任給を見ると良いかもしれませんね。

また、一般的に第二新卒の転職の場合には年収は下がることも多いです。
現状維持の給料で転職が出来れば成功、といった考え方をする方が転職活動はしやすいかもしれません。

給料が最優先にならないように、希望条件を明確にしておく事も1年目での転職では重要なポイントです。

1年目での転職、第二新卒の転職に強いのは

第二新卒の転職、成功のポイント
入社1年目、第二新卒として経験の浅い状況で転職をするのはリスクも伴います。

しかし、それであっても転職したい!と決意をされるのであれば、第二新卒の転職支援に強く実績を持つ転職エージェントを活用される方法がオススメです。

一人での転職活動は、時間もなかなか取れませんし苦戦する事が予想されます。

転職ノウハウを蓄積し、経験の浅い第二新卒を歓迎する企業からの正社員求人を多く保有するエージェントを利用した方が、効率良く転職活動を進めて行くことが出来ます。

⇒ 経験の浅い社会人1年目の転職、正社員就職支援サービスを利用しての転職活動




キーワード