早期離職に悩む

23歳、24歳 転職 3回目


第二新卒で転職回数が多いと厳しい?

23歳、24歳で転職2回目、転職3回目の転職はやっぱり多い?転職が難しくなる?

今や20代、第二新卒でも転職することは珍しくはなくなりました。

特に第二新卒は市場価値も高く、採用の需要も大きいですよね。
第二新卒は転職しやすいため、最初の就職でミスマッチや実際に働いてズレを感じる場合には、転職によって軌道修正を図ることができます。

しかしそれも1回目の転職までといえます。

23歳、24歳で転職2回目、転職3回目となると多いとやはり転職回数が多いと感じる人事担当者や面接官は多く、転職が難しくなってしまいます。

ジョブホッパーになることも避けたいですよね。
そうした不安がある方も多いのではないでしょうか。

23歳、24歳で転職2回目、転職3回目となる場合の注意点、転職エージェントの利用について掲載しています。

23歳、24歳で転職回数が2回目、3回目は厳しい・・・

不採用通知が続く

人材採用を担当していると、様々な求職者の履歴書を見ることになります。

職歴も様々です。

気になるのはどういった経験をしてきて、志望動機はどうか、といったことなのですが職歴を見ていて気になるのは、短期離職をしている方です。

それも時々、23歳や24歳といった若い年齢で転職回数が2回、3回という方からの応募もあります。

23歳、24歳といった年齢の場合、大卒での方であれば社会人2年目、3年目とまだ第二新卒の範囲となります。

印象としては、1社目、2社目とどちらかの勤務先で1年以上在籍していれば、まだ長く働ける方なのかなと思います。

しかし、どちらも短期間での離職となっている場合や、空白期間がある場合には、書類選考の段階で非常に厳しい印象を持ってしまいます。

転職理由にもよりますが、すぐに辞めてしまう傾向が強い方なのではないか、という印象はやはり持ってしまうものです。

転職エージェントを経由した場合でも、2回目、3回目の転職となる場合には、厳しさを感じることは多いと思います。

転職回数が多くても気にしない、という経営者も確かにいるのですが、実際に採用を行う人事レベルでは転職回数は気にされることが多いのが実際といえるでしょう。

人事としては、採用した人が短期離職するのは絶対に避けたいので、転職回数はやはり気にするのです。

転職回数が2回目、3回目の場合、転職活動の注意点とは

とはいえ、既に転職回数が2回目以上になっている方も多いと思います。

短期離職の場合、印象が悪いのでは・・・?と思って1社分、経歴を無かったことにしようと思うかもしれませんが、経歴詐称というリスクを冒すのは代償が大きすぎるでしょう。

履歴書には素直に転職回数を書かれた方が良いです。

転職は厳しくはなりますが、しっかりと転職準備を行うことで転職の難しさをカバーすることが大切になります。

転職自体は無理ではないですから、多少期間が長くかかったとしても諦めずに転職活動を続けてくださいね。

退職理由をまとめる

転職回数が2回目、3回目と増えるにつれて、より重要となるのが退職理由です。

面接官を納得させられるような、会社を辞めた理由が必要になります。

特に短期離職となる会社がある場合には、面接官が「それなら短期間で辞めても仕方無いな」と思えるような退職理由が必要となります。

退職理由は時間をおいて確認してみることが重要です。

明らかなブラック企業の場合には別ですが、辞めた理由が周囲の環境のせいになっていないか、人間関係のせいになっていないか、といった点は注意すべきポイントになります。

反省点があれば素直に反省する

転職回数が多い場合、何かしら反省点があると思います。

それも2回目、3回目と短期間の転職の場合には、しっかりと分析をして面接対策に活かすことが必要になります。

退職を回避するために努力したことなどもあれば、伝える必要はあるでしょう。
それでも改善できなかったため、退職を決意した、といった話は必要です。

会社選びの際に情報収集が足りなかった、人間関係の改善のために努力した点などもあれば伝えた方が良いと思います。

その上で、御社に入社できた場合にはどういった働き方をしていきたいのか、

全く自分に反省すべき点はない、といったことで転職活動を進めた場合、なかなか転職に成功するのは難しいでしょう。

自分ではうまく退職理由などをまとめられない・・・面接官が聞いてどう思うのか、第三者の意見を聞きたい、といった場合には転職エージェントを利用する方法が効果的です。

転職エージェント

【キャリアに自信がある方向け転職エージェント】

⇒ リクルートエージェント

【短期離職、キャリアに不安がある方向け転職エージェント】

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

20代で転職回数3回、4回した人はどうなる?

20代は他の年代よりも転職しやすいと言われています。
求人数も多いですし実際、転職しやすいです。

求人サイトに登録して利用できるスカウトなどでも、メールが来ることも多いでしょう。

しかしその転職のしやすさから、気付けば転職回数が3回、4回と増えていた・・・という方もいるかもしれません。

何度も転職を繰り返す人のことを、ジョブホッパーと呼ぶこともあります。

何回以上、という明確な転職回数はありませんが3回、4回と転職している方はジョブホッパーといわれることが多いのではと思います。

企業(採用担当)は、年齢に対しての転職回数、そして在職期間をとても気にします。

短期離職が1回あったとしても、その後の在職期間が3年、4年といったものがあれば、長く勤められる人、という印象を持って貰うこともできるでしょう。

しかし在職期間が1年程度ばかりだと、転職はどんどん厳しくなっていくと考えることが必要です。

面接官の立場になって職歴を改めて見てみてください。
パッと感じる印象はとても大切です。

転職回数が多くなってくると、書類選考で落とされた・・・といった経験も増えてくると思います。

諦めずに転職活動をすることが大切になります

20代でも、転職回数が3回、4回と増えるとともに転職が難しくなってきます。

そのため、思うように転職先が決まらない・・・といった悩みを抱える方も少なくありません。

応募出来る職種も基本的には、これまでのキャリアを活かしたものでなければ難しいでしょう。

一貫性のないキャリアとなっている場合には、さらに転職が難しいものとなります。

採用しても長続きするとは思えないためです。

転職活動が長引いたとしても、生活のためには仕事に就くことが必要です。

次こそは長く自分に合った企業を見つける

次の転職で最後にしたい、とは思わないまでも次こそは長く働ける会社を見つけたい、という気持ちが強い方は多いと思います。

キャリアを考えたとき、このあたりで腰を据えて長く働ける企業を見つけることがとても重要です。

また短期離職となってしまうと、その後の転職活動はさらに難しくなり、仕事の選択肢も非常に狭くなってしまいます。

給与など働く条件も選べなくなってくるでしょう。

今までの退職理由をしっかり分析することも重要ですし、次の転職を成功指せるためにも企業の詳しい情報を得ることが必要です。

転職エージェントは企業の詳しい情報を持っていますし、応募する企業に合わせて応募書類の作成、面接対策などもサポートしてくれます。

退職理由や転職理由、志望動機などをまとめるのが難しい場合にも、相談することができます。

23歳、24歳で転職2回目、転職3回目と増えてくると自力での転職活動が厳しくなる方も多いです。

転職エージェント(というよりも担当者)によっても対応が厳しいケースもあるようですが、しっかりと転職をサポートしてもらえるエージェントもありますので、複数を利用してみて対応を比較されると良いと思います。

転職エージェント

【キャリアに自信がある方向け転職エージェント】

⇒ リクルートエージェント

【短期離職、キャリアに不安がある方向け転職エージェント】

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ




キーワード