転職エージェントを利用して転職活動
社会人1年目の転職|次に失敗しないための転職サイト > 転職エージェント > 転職エージェントは使うべき?メリット・デメリット

転職エージェントは使うべき?メリット・デメリット


転職エージェント 使うべきか

転職エージェントは使った方が良い?使わない方が良い?

転職をする際、転職活動の方法として「転職エージェント」を使うべきか、使わない方が良いかで迷っている方も多いと思います。

入社1年目の転職、2年目の転職であっても転職エージェントを利用する事は可能です。

転職エージェントの口コミ・評判を調べてみれば、コンサルタントの対応について良い評判・悪い評判、求人案件についても同様に良い口コミ・悪い口コミとたくさん出てきますね。

どちらかというと、悪い評判の方が多い気がする・・・といった転職エージェントもあるでしょう。

全ての人が満足できるサービスは転職支援に限らず、難しいです。

実際、転職エージェントを利用せずに自分で転職活動をした方が成功出来るケースだってあります。

重要なのは、今の状況やあなたの性格に合った転職活動が出来るかどうかです。

今とても忙しく日々の業務に追われている方は、自力での転職活動は無理でしょう。
転職エージェントを利用して、代わりに希望条件に沿って求人を探してもらった方が転職成功の可能性は高いです。

転職成功のポイントは、自分に合った転職活動の方法を採ること。

転職エージェントを使うべきか、使わない方が良いのか迷っている方は利用のメリット・デメリットの再確認から始めてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントは使うべきか、メリット・デメリット

多くの方は、転職エージェントを利用して転職活動をすると思います。

何より、楽ですからね。
それに、非公開求人も含めれば、非常に膨大な数の求人を所有しています。

総合型の転職エージェントともなれば、広範な業界・職種の転職支援に対応が可能です。
大抵は、サポートを受けられるのではないでしょうか。

在職しながら転職活動をする場合、時間を効率良く使って転職先を探すためにも転職エージェントは有効である場合が多いですね。

転職エージェントを利用するメリット・デメリットをしっかりと抑えて、利用される事をオススメいたします。

転職エージェントを使うメリット

転職エージェントを利用するメリットですが、次のような事が挙げられます。

・求人紹介を受けられる
・非公開求人が多い
・企業の内部情報を教えてくれる
・面接の日程調整
・面接対策
・採用担当者への推薦が得られる
・給与、年収面など待遇交渉
・客観的に強み・弱みを指摘してくれる
・円満退職に向けてのサポート
・入社日調整
・不採用の場合、理由のフィードバック

などがあります。

転職活動に関する事のほとんどを代行、サポートしてもらう事が出来るというのが転職エージェントを利用する大きなメリットといえますね。

忙しい方が転職活動をする場合、自力では挫折する可能性が非常に高いです。
やるべき事が多すぎて、手が回らなくなります。

それを考えると、転職エージェントはほとんどを代行してくれますから、面接対策に集中する事が出来るなどメリットの方がはるかに大きいと言えますね。

転職成功の可能性が高い求人を紹介もしてくれますので、短期間で転職に成功する方も多いです。

非公開求人が多いため、求人サイトでは見つからないような大手企業、優良企業からの求人を紹介してもらえう可能性もあります。

そうした事も、転職エージェントを利用する大きな動機にもなるでしょう。

転職エージェントのデメリット

転職エージェントを利用する事でデメリットを受ける可能性もあります。

こうしたデメリットについても事前に理解しておく事で、不必要に転職でストレスを溜めなくて済むかも知れません。

・面談が必要な場合が多い(初回、時間が取られる)
・スキル、経験以上の転職は難しい
・地方の求人に弱い
・エージェントの意向も働く場合がある
・コンサルタントの能力差
・条件により、求人紹介が受けられない事も

転職エージェントもビジネスです。

いきおい、内定が獲得出来そうな求職者へのサポートに力が入る事もあるでしょう。

転職を希望される方の経験が足りないと判断した場合、紹介可能な求人が無いと断られる可能性もあります。

転職を希望される地域にもよりますね。
都市部は求人が多いですから、紹介可能な求人がある場合も多いです。
逆に地方都市だと、紹介が難しいケースが増えます。

Uターン転職、Iターン転職の場合には、その傾向は強くなりますね。

初回の面談が必須の転職エージェントは多いです。
ただし、転職エージェントによっては電話対応で面談の代わりと出来る場合もあります。

転職エージェントは基本的に、都市部に拠点を置きます。
そのことから、東京、横浜、名古屋、大阪など都市部の求人しか扱いが無い可能性があります。

全国対応であっても、本当に全国の求人があるかはその時々の状況次第といって良いでしょう。

例えば札幌や広島などでも求人はあったとしても、キャリア3年以上などが必要な求人が多いなどの可能性があります。

都市部は若手、未経験OKの求人が多い傾向がありますから、転職の選択肢は多くなりますね。

転職成功のためのサポートは得られますが、必ずしも自分の希望通りにはいかない、という可能性もあることは理解しておく事が必要でしょう。

転職エージェントを利用しない転職活動

転職活動の仕方では、当然ですが転職エージェントを利用しない方法もあります。

その理由としては、転職エージェントを利用していない企業も多いという事が挙げられます。
また、転職先の企業を既に絞り込んでいる場合には、転職エージェントを経由しない方が良い場合は多いです。

そこには、採用コストの問題があります。
転職エージェントを経由して人材採用を行うと、採用した人材の年収に対して数十%の報酬を支払う必要があります。

理由があって転職エージェントを利用している企業もあれば、そうした採用コストが高いから、と転職エージェントを利用しない企業もあります。

全ての企業が転職エージェントを利用している訳ではない、ということは頭に入れておく方が良いかもしれません。

逆に転職エージェントだけでしか採用を行っていないケースもありますので注意が必要です。

転職エージェントを利用しない転職活動の方法としては、

・ハローワーク
・転職サイト
・企業の採用ページからの直接応募

などがあります。

もう少しキャリアを積んでいれば、ヘッドハンティングという可能性もあるかもしれません。

また、最近ではツイッターなどSNSを利用しての転職もあります。
IT業界などに業界は限られますが、採用担当者とコンタクトを取る方法としてオススメです。

しかし、これまでの自分のSNSでの活動も徹底的にチェックされますので、健全な運用をしている事が重要といえるでしょう。

この会社に転職出来なければ、今の会社の残るという場合

例えば、転職エージェントを利用する必要が無い方のケースとしては、あの会社に転職したいと決めていて、もし不採用だったら何事も無かったように今の会社で仕事を続けよう、という場合です。

転職を希望する企業が複数の場合もあるでしょう。

転職エージェントは基本的に、自分の希望に合った転職先を一緒に探してもらう利用法になります。

ですから、ここに転職出来なかったら今回は転職活動は止める、といった場合には利用する必要は無いといえますね。

転職エージェントが本当に自分の転職活動に必要かどうか

転職エージェントを利用しての転職について、メリット・デメリットも含めて考えてきました。

ただ多くの方にとっては、転職エージェントを利用するメリットの方が大きいと思います。

実際、在職しながら転職活動をしようと思ったら、時間が圧倒的に足りませんからね。
ぜひ上手く活用をして、自分に合った転職先を探しになってみてください。

⇒ リクルートエージェント

⇒ DODA

など業界トップクラスの求人数、実績が多い転職エージェントの活用が鉄板です。

また経験が浅い1年目、異業種転職に強い転職エージェントのオススメはこちらです↓

⇒ 経験の浅い社会人1年目の転職、正社員就職支援サービスを利用しての転職活動




キーワード