早期離職に悩む

美容師1年目 辞めたい


美容師1年目、辞めるということ

美容師は人気の高い職業でもありますが、離職率が高い職業でもあります。

特に離職率が高いのは、美容師1年目。

1年目の美容師の離職率は約50%、と言われています。
(他の美容院などに転職した人いれば、美容師を辞める人も含まれます)

美容師1年目、といえばやっと夢が叶い実際に美容院で働き始める年でもありますが、働き始めてもうすぐに辞めたい・・・という人が多いということにもなります。

この記事では、美容師1年目で転職を考えた場合、転職するならどういった転職サイト、エージェントなどを利用するのがおすすめか、といったことをご紹介しています。

美容師1年目 辞めたい理由

美容師1年目、辞めたい

美容師1年目の離職率は50%と言われます。

知り合いの美容師多数に聞いても、感覚的に離職率はその位だと思う、という返事が返ってくることも多いので、実際の離職率に近いといえそうです。

美容師を1年目で辞めたい理由として多いのは、よく言われる退職理由・転職理由としては次のようなものがあります。

あなたが美容師を辞めたい、と思っている理由に当てはまるもの、近いものはあるでしょうか?

拘束時間が長すぎる

美容師になることを目指した時から、理解はしていた・・・つもりだったけれど、実際に下積みでサロンで働き出してから、拘束時間のあまりの長さに限界を感じてしまって・・・

美容師は長時間労働、と言われます。

開店準備、閉店作業、閉店後のシャンプーやカット、カラー・パーマなどの練習時間など、営業時間外も忙しい毎日です。

体力的に限界を感じて、辞めたい、転職したいという気持ちが強くなる人は多いといえそうです。

朝から働き始め、夜は11時、12時まで営業時間外も練習をする。
そうした毎日を過ごしていれば、やはり嫌気がさすのも仕方無いといえます。

低賃金、年収が低い

美容師は長時間労働のうえ、こうした営業時間外の作業、練習時間などに関しては残業代などが発生しないサロンが大部分です。

そのため、長時間労働に対して給与が見合っていないという不満も持ちやすいですし、30代、40代になっても給料がなかなか上がらない現実も分かってしまうため、転職を決断する美容師も多いといえます。

実際、美容師1年目の給料はかなり低賃金といって良いでしょう。
出費も多いです。

現実的に、将来の年収を考える事もあるでしょう。

実際、家族持ちの美容師にとっては年収の低さは切実な問題となります。
同世代の平均年収と比べて、美容師の年収は低いです。

30歳、40歳になっても続けていける自信が無い・・・と感じることも退職したい理由になる美容師もいるかもしれません。

勤務するサロン、美容院によっては利益を従業員に還元することを重視している場合もあり、高年収を得られるケースもあるようですが、一部といって良いのではないでしょうか。

長時間労働、低賃金によって美容師になってみたものの、1年目で辞めたいと思うケースは多いといえるでしょう。

将来的に独立してオーナーになって稼ぐ目標を持っていたとしても、下積みの長さ、独立しても稼げるのはごく一部、といったこともあり気持ちが続かなくなる美容師が多いといえそうです。

福利厚生が無い、少ない

全てのサロン、美容室がそうとは限りませんが、一般企業と比べると福利厚生が整っていないところが多いです。

中には社会保険に加入していない美容室もあるため、そうなると将来に関しての不安も出てきます。

社会保険完備のサロンに就職したい、と思っても家から遠くて通勤が難しかったり、人気のサロンとなってしまうために応募しても不採用になる・・・といったこともあります。

そもそも法人化していない個人サロンも多いので、社会保険に加入していない美容室も多いです。

社会人になって働き出してから、福利厚生の重要性が分かった、ということで転職を考える美容師も少なくないでしょう。

職場の人間関係

美容師の仕事は上下関係が厳しく、人間関係が難しい仕事でもあります。

女性が多い職業、職場ならではの難しさを感じることも多いのではないでしょうか。

接客ストレス

美容師の仕事は様々なお客様と接する仕事です。

気の合うお客様ばかりではありませんし、見習い中ということで技能も未熟なためにお客様から叱られたり、クレームを受けたりといったこともあるかもしれません。

実際、良いお客様ばかりではなくクレーマーもいます。

そうした接客による精神的なストレスも、辞めたい引き金になるといえます。

手荒れ・腰痛

手荒れ・腰痛など美容師の職業病によって身体的に仕事を続けるのが厳しい・・・ということから美容師を辞めることを考える人も多いでしょう。

中にはドクターストップのために強制的に転職せざるを得ないケースもあるのではないでしょうか。

アシスタント時期、美容師1年目で辞めても良いか悩む・・・

美容師1年目ということで、辞めるべきか、もう少し頑張って続けるべきか・・・悩んでいる方も多いと思います。

現在スタイリストとして活躍している先輩達もこうしたアシスタント時期、下積みを乗り越えています。

美容師1年目で辞めたいと思っている、という場合には下積みの辛さ、長時間労働、給料の低さなど複数が理由になっている方は多いのではないでしょうか。

「まだ美容師の仕事も続けて行きたい気持ちがある」

のでしたら、職場に信頼できる先輩がいる場合には、やはり相談してみることをおすすめします。

迷っている場合には、期限を決めて仕事をもうちょっと頑張ってみる、などした方が良いかもしれません。

もう無理、気持ちが折れた。もう美容師は本当に辞めたい・・・

という場合には、早めに転職活動をした方が心身のダメージを軽減できるでしょうから、早めに転職活動をスタートした方が良いと思います。

美容師学校の学費を出して貰って美容師になった方も多いでしょう。

そうしたことも持ち出して美容師として3年は頑張るべき、下積みの間に逃げるの?といった意見もあるかもしれません。

しかし、無理に続けて結局ダメになる可能性もあります。

真剣に考えてみて、美容師を辞めて他の仕事に就きたい、という結論が出るのでしたら無理して美容師を続けるよりは、早めに見切って転職活動をした方が良い結果になる可能性は高いのではないでしょうか。

この後まだまだ長い期間、仕事をするのですから、納得して働ける仕事に就かれることを大切にした方が良いように思います。

サロンを辞めたいのに辞められない場合

人数が少ないサロンなどの場合、引き留めがきつくてなかなか退職出来ないこともあります。

法的には2週間前に伝えれば退職できますが、実際には人員補充の関係などもありますので2,3ヶ月で考えるケースが多いのではないでしょうか。

ただ、退職時にトラブルになることも実は多く、退職届を受理して貰えないといった可能性もあります。

その場合、

⇒ 弁護士法人みやびの退職代行サービス

⇒ 低価格・確実【退職代行ガーディアン】

といった退職代行も利用できますので、退職に関しては昔よりはハードルは低いといえると思います。

もし退職代行を利用されるのでしたら確実性の高い上記のような弁護士法人、法適合組合が運営する退職代行ガーディアンなどが良いでしょう。

退職についてなかなか言い出すのも難しくて、時間ばかりが過ぎて辛い・・・といった場合も依頼を検討されると良いかもしれません。

辞めてから転職活動をするか、働きながら転職活動をするかは貯蓄額なども考えることが必要になりますね。

お金が無くて焦って転職先を決めるようなことにならないように、注意が必要です。

美容師1年目、新卒だけど辞めたい、異業種に転職したい

美容師を辞めて、異業種に転職することをお考えの場合。

どんな仕事に転職するかによって利用するべき転職サイトなどが変わってきます。

美容師1年目、新卒での短期離職だとしても、働き方、将来性を考えて転職した方が良いと本当に思える場合には、転職活動をスタートしてみることをおすすめします。

幅広く求人を知りたいなら、リクナビNEXTがおすすめ

幅広い業界・業種の求人情報をお探しになるのであれば、

⇒ リクナビNEXT

の利用がおすすめです。

リクナビNEXTは国内トップクラスの求人数ですから、気になる業界・職種の求人を探しやすく便利です。

まずはリクナビNEXTで求人の情報収集が良いのではないでしょうか。

エンジニア、事務職、営業職、色々比較して探してみたい場合

美容師1年目で異業種転職を目指す場合、未経験OKの正社員求人を探すことになります。

その場合、転職先を探す方法として転職サイトの活用とともにおすすめなのが、転職エージェントを利用する方法です。

その中でも、20代向けエージェントもあります。

職歴が浅くても、未経験であっても人物重視で採用したい、という企業が多く利用していることが特徴です。

⇒ 20代専門転職エージェント【Re就活エージェント】

⇒ 20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】

⇒ 【20代特化、未経験歓迎の企業多数】ハタラクティブ

などを利用されますと、未経験であっても歓迎してくれる企業を探しやすいです。

未経験から営業職へ転職したい場合、ジェイック(JAIC)がおすすめ

次の仕事は給料の高い仕事が良い、ということで転職を考える場合、営業職に興味を持つ方もいらっしゃると思います。

その場合、研修がしっかりしているジェイック(JAIC)がおすすめです。

⇒ ジェイック

ジェイックは20代を専門とした転職エージェントで、特に営業職への転職に強いエージェントです。

無料の就活支援講座の中で社会人としてのビジネスマナーなどもしっかり学ぶことが出来る、という点も特徴です。

美容師として就職、働いてきた経験から社会人としてのビジネスマナーに自信が無い・・・という方も実は多いと思います。

そうした心配も研修が充実しているジェイックなら、不安も軽減されるでしょう。

美容師の経験を活かして働くことは可能

美容師としての経験が無駄になるのでは、転職活動であまり評価されないのでは、短期離職は不利なのでは・・・

など、美容師1年目で転職を考えた場合には、ネガティブになってしまう事も多いと思います。

しかし、ご紹介したような転職エージェントを利用される場合には、美容師1年目での転職が不利にならない、人物重視やポテンシャル採用をしてくれる企業からの求人を紹介してもらうことが出来ます。

今までの経験を評価してくれる企業もあるでしょう。

美容師を辞めて転職を目指す場合には、こうした転職エージェントの活用もぜひ検討してみてください。




キーワード