第二新卒として転職活動、面接

第二新卒に企業が期待する事


第二新卒 転職に成功するポイント

第二新卒へ企業が期待する事を理解する重要性

第二新卒を歓迎する企業は多いです。

求人サイトを利用して情報収集をしてみると、

第二新卒歓迎!

25歳までの第二新卒者、未経験歓迎

といった記載のある正社員求人を多く目にする事が出来ます。

実際、新卒入社1年目、2年目であっても転職は可能です。

とはいえ、入社1年目、2年目での転職はまだまだ経験不足と判断される事もあり、しっかりとした準備も必要です。

転職成功の確率を高めるためには、企業が第二新卒に期待する事を理解する事も重要ですね。

それにより、アピールは確実にしやすくなります。

企業が求める事を理解し、面接対策などを行う事が出来ればさらに転職成功の可能性が高まりますので、ぜひ第二新卒を採用する企業が期待する事を抑えておきましょう。

第二新卒の転職にもオススメの転職エージェントは、こちらでご紹介をしています。

⇒ 第二新卒、20代の転職にオススメ転職エージェント

企業が第二新卒へ期待する事

第二新卒の特徴
知り合いの人事担当者、役員、転職エージェントからの話を総合してまとめると、第二新卒を積極的に中途採用しようと考えている企業は、第二新卒に対して次の事を期待していると言えます。

ポテンシャル、将来性

新卒入社1年目、2年目、3年目といった事で、第二新卒の多くは企業のカラーに染まりきっていないため、新たな仕事に柔軟に対応出来る人材が多いです。

決して、「前の会社ではこうしたやり方だった」といった事は言ってはいけません。

反感を買うかもしれませんし、そんな短い職歴で何を言っているんだ、と突っ込まれるのがオチです。

第二新卒はキャリア採用と同じようには、即戦力として期待はされていません。

入社して、しっかりと仕事を覚えて将来的には中核として活躍して欲しい、将来性を期待して採用したい、といった事が多いようです。

やる気

第二新卒として転職を希望する人へ、企業は「やる気」を期待しています。

1社目に何らかの不満があるからこそ、転職を決意したと人事担当者は考える事が多いです。

その分、やる気、熱意に期待して採用を決める事が多いということです。

社会人としての最低限のマナーを身に付けている

入社1年目など、短期間であっても社会人経験がある第二新卒は、社会人としての最低限のマナーを身に付けているとして見られます。

企業としては、新人研修などのコストを省くことが出来る事も、採用のメリットとなります。

その分、短期間で仕事を覚えて戦力になってくれる可能性が高いですから、期待される分を頑張る必要はありますね。

新たな職場に馴染むためのコミュニケーション能力を面接では見られる事も多いです。

面接対策として、コミュニケーション能力のアピールも考えておかれると良いでしょう。

長期間、働いてくれる事

第二新卒へは「すぐにまた転職してしまわないか」といった心配を抱く人事担当者、面接官は多いです。

だからこそ、第二新卒は面接では、

入社したら長く、しっかり働けること

をアピールする必要があります。

仕事への熱意、志望動機を信用して採用する訳ですから、当然、長期間しっかりと働いて活躍してくれる事を企業側は期待しています。

入社するにあたり、あなたも「次の会社こそは」という気持ちも強いと思います。

そのためにも、ミスマッチの転職にならないように(早期退職しないように)、転職活動中の情報収集、企業研究はしっかりと行う必要があります。

経験の浅い第二新卒、転職成功のポイントとは

第二新卒、転職成功のポイント
第二新卒はあえて言うならば、

とても転職しやすい年代

と言って良いでしょう。

同業界・職種、異業種転職を目指すにしても、アピールの仕方次第では転職に成功する可能性はとても高い年代です。

それだけ、20代前半から20代半ばは企業からの採用ニーズは高いといえます。

第二新卒の特性もありますね。
社会人として最低限のビジネスマナーなどは身に付いている、という事も採用する企業にとっては大きなメリットとなっています。

とはいえ、しっかりと転職のポイントを抑えて準備をしなければ、不採用が続く第二新卒になりかねません。

第二新卒として、希望の転職を成功させるためには、

・転職のスケジュールをしっかりと立て、目標期限を決める
・自己分析を改めて行う
・転職理由を整理し、明確にすること
・在職しながら転職活動を行う
・転職エージェントを利用する

といったポイントを意識されると良いでしょう。

在職しながら転職活動を行う場合、自力での転職活動は時間的にも制限が大きくなります。
また、得られる情報量も個人では少ないですよね。

企業の内部情報などは分からない事が多いです。

転職エージェントを利用する事で、こうした個人での転職活動の制限を超えて、より多くの企業の情報が入りますし、エージェントから企業への推薦なども得られる場合もあります。

また、面接対策も応募する企業に合わせてアドバイスをもらいながら、模擬面接なども行ってもらう事も出来るでしょう。

第二新卒として、万全の体制で転職に成功するために準備をする事ができるのは、大きなメリットと言って良いでしょう。

第二新卒に対して企業が期待する事をしっかりと理解した上で、転職活動を進めてみてください。

転職活動が長期化すると、転職へのモチベーションが下がる可能性があります。
出来る限り短期間に転職を成功させるためにも転職エージェントの持つ第二新卒向け求人、サポート力が役に立ちます。

⇒ 第二新卒、20代の転職にオススメ転職エージェント




キーワード