新卒1年目の転職活動

社会人1年目 転職を成功させるには


社会人1年目 転職 成功

社会人1年目 転職を成功させるには

新卒で入社、社会人1年目で転職するという方は、実際多いです。

新卒入社して働き出してみたものの、どうしても今の仕事を辞めたい
様々な事情から退職・転職をしたい、という結論になる方も多いでしょう。

新卒入社1年目であっても、転職活動をしっかりと行う事で転職は可能です。

ただ、やはり早期離職となることから面接で厳しく評価される事も少なくありません。

しっかりとした転職理由、志望動機、面接対策など準備をする事が、社会人1年目での転職成功のポイントとなります。

社会人1年目での転職、どういった転職活動をする事で成功確率を上げていく事が出来るでしょうか。

第二新卒転職の特徴を抑える

第二新卒の特徴
社会人1年目での転職活動は、新卒の時とは違います。

また、第二新卒として転職活動を進める事になりますので、第二新卒の特徴について抑える事で、その後の面接対策なども立てやすくなります。

企業が第二新卒に期待することをしっかり理解する事で、面接でのアピールもしやすくなりますからね。

第二新卒が企業から期待されることに、

・ビジネスマナーを身に付けている
・仕事へのやる気(2社目ということで)
・考え方が柔軟である
・ポテンシャル、将来性
・長期的に働いてくれること

などがあります。

「またすぐに辞めてしまうのでは?」

と思いつつも、第二新卒者に対して人事担当者が期待する事には上記のようなものがあります。

1社目を辞めたい理由をしっかり説明して、上記の事柄をポジティブに長く働く事をアピール出来れば、第二新卒として転職に成功できる可能性は高いといえます。

退職理由、転職の希望条件を明確にする

入社1年目で退職・転職、というのは実際に多くの人が実行してはいますがやはり早いタイミングです。

次の転職先でもまた同じように転職を考えてしまわないように、

なぜ、退職・転職しようと思ったのか

を明確にしておく事が必要です。

人間関係が元で退職を決断したのであれば、違う働き方が出来るようなチーム体制などを取っている会社、メンター社員などが付いてしっかりサポートしてくれるなどの会社を選ぶ必要があるかもしれません。
職場の雰囲気なども事前に知りたいですよね。

退職理由・転職理由は、転職活動の際にも必要ですからね。
しっかりと時間をとって明らかにしておく事が大切と言えます。

なぜ短期間で辞めたいと考えたのか、次の転職先の条件は。
自分自身にも反省点がある事が多いと思います。

その反省点も合わせて、どのように改善して次の転職先で頑張るかといった事も考えておく事をオススメします。

面接の際にも確実に質問される項目となりますので、面接官に対して、

なぜ、退職・転職しようと思ったのか

を説明し、ポジティブな志望動機などへつなげて行きたいですね。

第二新卒に強い転職エージェントを活用する

第二新卒転職エージェント
社会人1年目、第二新卒として転職をする事になりますが、ここでは第二新卒に強い転職エージェントを利用する事がオススメです。

第二新卒に特化した求人が多くありますし、紹介を受ける事が出来ます。
職場の詳しい情報もおしえてもらい、応募を判断する事が出来ます。

早期退職者もOKで応募が出来るのは大きなメリットです。
転職エージェントの担当コンサルタントが手厚くサポートしてくれます。

書類選考なしで面接が受けられる転職エージェントもありますので、早期離職者が困る書類選考が通らない・・・といった事態を避けることが出来ますね。

面接が受けられないと、仕事へのやる気、熱意も伝えられません。

転職エージェントのコンサルタントもこれまで数多くの求職者をサポートしてきた経験から、一人ひとりに合わせたアドバイスも期待出来ます。

第二新卒・20代の既卒、フリーターなど正社員就職に特化した転職エージェントとしては、

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

などがあります。

無料でサポートを利用出来ますし、就職相談ができる相手がいるのは何かと心強いと思います。

社会人1年目 仕事を辞めたい時に考えたい事

入社して1年目、自分でも早いとは思いつつも退職・転職を決断したのであれば、まずするべきは退職手続きについて確認する事です。
かかる期間を予想して逆算してみましょう。

そして、出来るだけ退職に向けてお金を貯めておくことです。

出来れば、在職しながらの転職活動がオススメですが、何らかの事情により退職が先になる可能性もあります。

退職後、アルバイトをするのは転職活動にとってはリスクがあります。

出来れば、退職後すぐに転職先が決まるように転職活動を進めていくことをオススメします。

退職スケジュール・手続きを確認する

円満退職を目指すのが基本です。

そのためには、いきなり「今月末で退職します!」とするのはマナー違反です。

退職日も上司(会社側)と相談・調整の上で決めますから一方的に決めて伝えるのも、避けた方が良いでしょう。

法的には「退職の意思表示を行った2週間後」に会社を退職することができるのですが、就業規則(雇用契約書)に「1ヶ月前に退職を申し出なければならない」と定められている場合もあります。

入社1年目ですから、そこまで引き継ぎに時間がかかる業務を抱えている事も少ないとは思いますが、退職意思をまずは上司に伝える事が必要です。

退職願の提出は、退職日が決まってからとなります。

後々のトラブルを避けるためにも、必ず退職願を提出した方が良いです。
また手元に記録として残すために、原本をコピーして保管しておかれると良いでしょう。

ちなみに、退職願は使用者が退職を承諾する前であれば、撤回が可能です。
退職届は一方的に退職意思を伝えるもので、撤回は出来ません。

一般的には、退職願を作成し提出します。

出来れば、仕事を続けながら転職活動をする

また、出来るだけ退職してしまわずに仕事を続けながら転職活動をする方が良いです。

私も経験があるのですが、退職してから転職活動をすると、

「時間的に余裕がありますので、じっくりと転職活動をする事が出来ます」

ただし、「お金が無くなって」いきます。

貯金が毎月減っていくのは、正直焦ります。

退職の翌月まで給料が振り込まれるとしても、その後は無収入という状態となります。
短期離職ということで、失業給付がもらえません。
(自己都合退職の場合、離職日以前の2年間に、被保険者期間が1年以上あることが基本です)

転職が決まって、入社して実際に働き出して、さらに翌月にならないと給料が振り込まれないと言う事になります。

お金が無いと、転職活動も妥協してしまいやすくなりますし、どんどん精神的に追い詰められてしまうのです。

そろそろ貯金が底を尽く・・・、という焦りから、例えブラック企業でも良いから内定をもらって働かなくては・・・と考え始める可能性もあります。

もし、退職してから転職活動をする場合には、せめて半年は無収入でも生活が出来るくらいの貯蓄をもっておきたいですね。

転職エージェントを利用して転職活動をするメリット

第二新卒の転職、成功のポイント
第二新卒に強い転職エージェントを利用して転職活動をする大きなメリットの一つは、先ほどもありましたが、退職日に関連して入社日の調整です。

退職が決まらないと、入社日も決められませんよね。

転職エージェントは、入社日の調整も行ってくれますし、退職手続きの進め方に関してのアドバイスもしてくれます。

思った以上に退職がこじれて時間が掛かるとき、そうした場合でも入社日の調整をギリギリまで行ってくれるでしょう。

ただでさえ、退職手続きで消耗しているのに入社日の調整でさらに気を遣って・・・となると、本当に精神的に疲れます。

そうした日程調整も代行してもらえる事は、転職エージェントのメリットでもあります。

入社1年目、第二新卒として転職をお考えの際には、

⇒ 第二新卒に強い転職エージェントを活用する

でご紹介したような転職エージェントの活用をオススメします。




キーワード