転職エージェントを利用して転職活動

短期離職した第二新卒が内定をもらうには


短期離職 内定をもらうには

入社2ヶ月で退職したい!短期離職する理由

新卒で入社した会社、2ヶ月働いてみて・・・辞めたいと考えている。

第二新卒として転職活動をしたいけれど、短期離職の場合だと内定がもらえないのでは?

と不安をお持ちの社会人1年目の方も多いのではないでしょうか。

短期離職の場合には職歴として確かに非常に短いですし、転職先の企業にアピールできるようなスキルや経験が身に付く、といった事もありません。

ほぼまだ新卒ですよね。

入社してから2ヶ月、3ヶ月といった非常に短い時期ではなくても、新卒入社後1年以内に退職することを短期離職などと言います。

就職先がミスマッチだったこともあるかもしれませんが、短期離職者の離職理由としては多いのは、

人間関係

なんですね。

人間関係に関しては、実際に入社して働いてみなければ分かりませんし、人それぞれな部分がとても大きいです。

合う・合わないがありますので、事前の情報収集では分からない事も多いですよね。
たまたま配属されたチームの人間関係が合わなかった可能性もありますが・・・それでも辞めたい、と決断をされるのであれば転職活動をする必要があります。

他には労働時間の長さ、休みの少なさ、仕事が合わなかった、など様々な理由から短期離職を考えるきっかけとなっているようです。

短期離職した第二新卒が内定をもらうには

第二新卒の特徴
どうしても辞めたい、と短期離職をする入社1年目の社会人は多いです。

厚生労働省では「新規就学者の離職状況」として調査結果をまとめ発表をしていますが、これによると新卒入社後1年以内に10人に1人は会社を辞めています。

参考:厚生労働省 新規就学者の離職状況

就職したら「短期間で辞めたら何も身に付かない、3年はその会社で頑張れ」「石の上にも三年」とはよく言われたものですが、今はそうした考え方は弱くなってきているといって良いでしょう。

入社1年目、短期離職であっても転職する事は可能です。

しかし、短期離職者の転職はハードルが高いことはしっかりと理解しておくことが重要です。

第二新卒だし売り手市場だから、簡単に転職先が見つかるのでは?

と思っていたとしたら、転職活動が上手く進まない事に挫折感を覚える事にもなりかねません。

新卒で就職した会社が俗に言うブラック企業であったとしても、早期離職の経歴はマイナス評価を受ける事になります。

短期離職者が内定をもらうのは思った以上に大変です。

転職活動をする際、いつ頃までに転職先を決めたいといったような目標スケジュールもあると思いますが、大抵は予定通りにはいかず転職活動が長期化するケースが多いです。

下手をすると転職先が決まらないため、今の会社で仕事を続けざるを得ない可能性もあります。

しっかりと、転職活動の仕方や方法を選ぶ必要があります。

短期離職からの転職に自信がある方は少ないと思います。

入社1年目、短期離職から転職活動、内定をもらうためには転職のプロのサポート、求人紹介を受ける方法が最も成功率が高いといえるでしょう。

転職エージェントの中には、新社会人の転職サポートにも強いところがあります。

早期離職者の転職支援も行っていますから、こうした転職エージェントを利用される方法がオススメです。

⇒ 社会人1年目の転職、早期離職者もサポートしてくれる転職エージェントを利用しての転職活動

入社1年目、なんとなく転職は危険

退職願
短期離職者が増えているそうです。

社会人となって、当然ですがそれまでの学生生活とは全く違う社会人の生活は、急激な変化のある方も多いと思います。

実際に働いてみて分かる事も、とても多いですよね。

ストレスが多い事も分かります。
その上、職場の人間関係が最悪だったり、仕事内容が全く希望しないものであったり・・・

そうなると、

「今の会社を辞めたい。もっと自分に合った良い会社があるのでは?」

と考えるのも仕方ない面はあるかなと思います。

しかし、なんとなく「もっと良い仕事があるのでは」といったような転職理由では転職に失敗する可能性があります。

転職理由が明確にならず、志望動機もしっかりアピールできるものが作りにくい

からです。

そもそも短期離職によって今の会社よりも規模の大きな会社、大手企業へ転職をするのは非常に難しいです。

基本的には今の会社よりも規模が小さな会社、中小企業への転職となる方が多いでしょう。

転職する度に給料が下がる、と言った方も出てくると思います。

転職は良い面ばかりではない、という事をしっかりと理解した上で転職活動に臨む事が必要です。

短期離職者が転職を成功させるためのポイント

短期離職から転職を成功させるためには、特に次のポイントを抑えて転職活動をする事が重要といえます。

・短期離職となるには、自分にも原因があることを認める

・応募する企業が納得できる退職理由を考える

どうして短期離職しようと思ったか、退職理由は確実に質問されます。
それに対して、前職(今の職場)がいかに環境が悪いか、人間関係が悪いかをアピールしても、単なる言い訳にしか聞こえません。

自分にも原因があることを認めた上で、こうした働き方をしたい、などアピールにつなげていく事が必要です。

企業はこう考えています。

短期離職者は、採用してもまたすぐに辞めてしまうのでは?

こうした心配を覆すことが出来る転職理由、志望動機などが必要となります。

短期離職の大変さから、一人での転職活動に自信が持てない・・・という方も多いのではないでしょうか。

そうした方にこそ、サポートを受けながらの転職活動をオススメしたいと思います。

⇒ 社会人1年目の転職、早期離職者もサポートしてくれる転職エージェントを利用しての転職活動

退職理由、転職理由や面接対策のサポートなども受けながら、確実に転職活動を進めていく事が出来ます。

早期離職からの転職先探しも相談が可能ですから、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

短期離職を繰り返すのは危険です。

リスクが高い転職になる可能性大ですから、また転職を考えてしまい第二新卒として、2回目、3回目の転職にならないようにしっかりと、転職を成功させたいですね。




キーワード