未経験からITエンジニアへ転職
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > ITエンジニア転職 > 未経験 ITエンジニアに転職するためのエンジニアスクール

未経験 エンジニアスクール


未経験ITエンジニアに転職

今の仕事を辞めて何の仕事に転職しよう?

と考えた時、需要や将来性を考えてITエンジニアは、未経験から転職を目指すおすすめの職種です。

未経験からITエンジニアへの転職を目指したい、と思っている方も多いと思います。

求人数も多いですし、年収も高めです。

独学でプログラミングのスキルを身に付けるのは大変ですが、エンジニアスクールを利用すればプログラミングを理解し、就職できるレベルまで身に付けやすいですよ。

エンジニアスクールでは就職や転職もサポートしてくれるところが大半です。
それも、未経験からITエンジニアになりたい方にとって、大きなメリットといえます。

ITエンジニア(プログラマー、インフラエンジニア、ネットワークエンジニアなど)は未経験からでも転職しやすい職種の一つで、比較的、年収が高い転職ができます。

社会人1年目での転職、第二新卒での転職、未経験からITエンジニアへの転職を目指す方も多いと思います。

年齢も20代後半でも十分、転職は可能です。

未経験 ITエンジニアに転職するためにおすすめのエンジニアスクールをご紹介します。

未経験から転職を目指す!この記事中でおすすめしているエンジニアスクール

この記事中でご紹介しているエンジニアスクールを先にご紹介いたします。

エンジニアスクールで学ぶメリット・デメリットなどの後、記事の後半に詳しいスクールの特徴などを掲載しています。

未経験からITエンジニアへ転職、おすすめエンジニアスクール

【無料のエンジニアスクール】

⇒ GEEK JOB スピード転職コース

【有料のエンジニアスクール】

⇒ TechAcademy(無料体験あり)

⇒ 未経験からIT業界へ転職なら【DMM WEBCAMP】

未経験からのIT転職に、エンジニアスクールを利用するメリット

エンジニアスクールを利用するメリットは、

独学だと高確率で挫折しやすいプログラミング学習を乗り越えやすい

ということに尽きると思います。

独学でプログラミングを学び続けるのは、とても難しいです。

挫折せずにプログラミングを学習しやすい

ネット環境と書籍があれば、確かにプログラミングは独学できます。
しかし、ほぼ挫折すると思います。

分からないことを調べるのは確かに身に付くのですが、

プログラミングは分からないことが多すぎて、調べることに疲労します

最初のうちは調べ方も分からないし、エラーメッセージを元に調べた先も分からない単語、謎の単語の羅列、余計に分からない。

調べても調べても分からない・・・

という無限ループに突入する可能性もあります。

分からないことが続くので、体力的にも精神的にも消耗します。

社会人として働きながら転職のために学ぶ場合、無理でしょう。
確実に挫折すると思います。

お金をかけずにプログラミング学習は確かにできるのですが、独学の罠です。

独学でプログラミングを身に付けられる人もいますが、ごく一部の人と考えた方良いです。

エンジニアスクールには講師がいてカリキュラムに沿って教えて貰うことができます。
メンターもいてサポートしてもらえるスクールもあります。

挫折しにくいように、なっています。

挫折の確立を低くプログラミングを学習する、転職のためにプログラミングスキルを身に付けたいのであればプログラミングスクール、エンジニアスクールを利用されることをおすすめします。

エンジニアスクールはIT未経験者も転職に成功しやすい

キャリアチェンジ転職しやすいITエンジニア

転職成功率95%以上!

といったような実績が出ているエンジニアスクールが多いです。

これから未経験でITエンジニアへ就職・転職を目指す場合、とても魅力的な実績ですよね。

エンジニアスクールでは、現役エンジニアや元エンジニアが教えてくれます。

実際に現場で必要なプログラミングスキルを考慮しながら指導をしてくれるため、それもあり採用につながりやすいといえます。

過去の就職・転職支援実績も大きいでしょう。

求人サイトでITエンジニアの求人を調べると、

「未経験歓迎の求人」

がとても多く見つかるのですが、この未経験というのは、

「プログラミングスキルがあるが、就職して働いたことがない未経験の方歓迎」

といったケースも多いため、本当にプログラミングスキルなし未経験で応募しても選考対象外で書類選考で落ちることが多いです。

中には本当に未経験でも採用してもらえる場合もありますが、転職成功の確率を上げるにはエンジニアスクールで学ぶことをおすすめします。

時間や費用もかかりますが、ほとんどの方は転職に成功出来る状況です。

とにかくITエンジニアは人手不足です。

エンジニアスクールで学んだ方であれば、よほど選ばない限りは転職は可能な状況といえます。

エンジニアスクールのデメリット

エンジニアスクールやプログラミングスクールで学ぶ場合、デメリットもあります。

しかし、デメリット以上にメリットが大きいのが実際のところです。

費用がかかる

エンジニアスクールの多くは費用がかかります。

スクールで学ぶ期間、言語などにもよりますが、高額なコースになると50万円などもあります。

安くても20万円前後でしょう。

フリーターや社会人1年目で転職を目指す方にとっては、高額に感じると思います。

しかし、プログラミングスを身に付けてエンジニアとして転職することができれば、すぐに回収できる金額なんです。

年収400万円以上で転職が可能ですし、将来的にフリーランスで働くことも考えている場合、年収1000万円以上も目指すことが可能です。

そうした高年収を何年も継続しやすいのがITエンジニアですから、転職するためにかかる費用として考えると、そこまで大きな費用ではないのではと思います。

自走が必要

エンジニアスクールに過度な期待をしないことが大切です。

基本的には自分で進めていく中で、分からないことがあれば質問、という流れになります。

手厚く教えてくれるわけではありません。

自走できない方は厳しいです。

エンジニアスクールを利用しても挫折する人もいる、ということは忘れてはいけないと思います。

未経験からITエンジニアへ転職はできます

ITエンジニアへの転職ですが、未経験から異業種転職する方は思っている以上に多いです。

求人サイトで簡単にエンジニア求人を探すことができますが、コロナ後、様々な業界で有効求人倍率が下がってきている状況ですがIT業界は

未経験歓迎のITエンジニア求人

が見られます。

未経験でITエンジニアへ転職を目指す場合、全くの未経験で求人に応募するのはやはりハードルは高いです。

確実にITエンジニアになりたい、転職に成功したい、といった場合にはプログラマーやインフラエンジニアとして働くために必要最低限のスキル・知識を学ばれることをおすすめします。

そのためのスクールも多数あります。

  • ・無料で利用できる未経験者向けエンジニアスクール
  • ・有料の未経験者向けエンジニアスクール

とありますので、スクール費用が出せる方は有料のエンジニアスクールも検討されるのも良いかもしれません。

無料でも転職支援付きのエンジニアスクールもあります。

学習できる内容・学習期間、日々に必要な時間、転職支援の内容などをしっかり確認の上で、利用されることをおすすめします。

独学でプログラムを学ぶよりも効率が良いですし、転職活動も有利に進められます。

未経験でITエンジニアに転職を目指すのでしたら、こうしたエンジニアスクールなどを利用する方法はおすすめです。

【無料】異業種・未経験からITエンジニアへ転職を目指せるエンジニアスクール

例えば、こうした未経験からITエンジニアへの転職を目指すエンジニアスクールには、次のようなスクールがあります。

GEEK JOB スピード転職コース

GEEK JOB スピード転職コースは完全オンライン対応です。

20代を対象としている受講料無料の転職コースです。

第二新卒、20代後半までのキャリアチェンジ転職を目指す方におすすめです。

受講料無料なのは大きなメリットですね。

全国から利用してプログラミングを学ぶことができますが、就職先は東京都が中心になります。

⇒ GEEK JOB ITエンジニア スピード転職コース(無料)詳細はこちら

【有料】エンジニアスクール

プログラミングスクールは有料のスクールが多いので、しっかりと学習内容、期間、就職先などを比較する必要があります。

価格もかなり差がありますから、払える金額かどうかも比較のポイントになると思います。
(分割払、クレジットカード払いができるところがほとんどです)

TechAcademy

自宅で学べるオンラインのプログラミングスクール、TechAcademyです。

フロントエンドコース、Javaコースなどたくさんのコースがあります。

上記でご紹介しているのは、プログラミング未経験から12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。
(エンジニア転職保証)

未経験からITエンジニアへの転職、キャリアチェンジ転職を目指すのでしたらエンジニア転職保証コースがおすすめです。

条件として、東京勤務が可能などがありますのでご注意ください。

プログラマー求人は東京都が圧倒的に多いです。

未経験から就職を目指す場合には、やはり東京都を外すと難しくなりますね。

オンライン対応なので地方の方でもしっかりとプログラミングを学ぶことが出来ます。

TechAcademyは無料体験もありますので、まずはこちらで試してみる、というのもおすすめです↓

いきなりお金を払うコースに申し込む(分割でも)のは不安、という方、TechAcademyのいずれかのコースを検討中の方はぜひ無料体験を試してみてください。

費用的に、TechAcademyがおすすめです。

⇒ TechAcademy 無料体験はこちら

DMM WEBCAMP

未経験からITエンジニアへ転職成功率98%のプログラミングスクール、DMM WEBCAMPです。

教室に通いながらしっかりと学ぶスクールとなります。

3ヶ月のカリキュラムでしっかりとプログラミングを学びます。
最短3ヶ月でエンジニア転職、転職できなければ全額返金。

学習のスケジュール例、就職先実績などはDMM WEBCAMP公式サイトでご確認ください。

・3ヶ月の通常コース
・4ヶ月の専門技術講座

2コースが存在しています。

この中で、4ヶ月コースは厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座となっていますので、条件を満たすことで支払った教育訓練経費の最大70%が教育訓練給付金として支給されます。
(限度額56万円)

最大56万円戻ってくるのは大きいですね。

また転職できなければ全額返金保証付きです。
(30歳未満の方限定など条件をご確認ください)

本気でITエンジニアへ就職、転職を目指すのでしたらDMM WEBCAMPはおすすめのエンジニアスクールです。

⇒ 未経験からIT業界へ転職なら【DMM WEBCAMP】

未経験OKのITエンジニア求人は多いです

こうしたエンジニアスクールを利用すれば、未経験からITエンジニアに転職しやすいです。

非常に高い就職決定率は魅力ですよね。

社会人1年目、2年目など第二新卒の方は、しっかりとエンジニアスクールのカリキュラムをやり切れば、まず転職に成功出来るはずです。

それくらい、ITエンジニアの需要はあります。

無料のエンジニアスクールもありますので、検討はしやすいのではないでしょうか。

未経験歓迎のITエンジニア求人はとても多いです。

スクール経由で紹介してもらえる開発会社については、過去にも転職者がいる場合もありますから、詳しい情報を教えて貰いながら転職サポートを受けることができるでしょう。

プログラミングスクールで現役エンジニア、元エンジニアに教えてもらうことで、現場での仕事もイメージしながらスキルを身に付けていくこともできるはずです。

未経験からITエンジニアへ転職を目指す際には、ぜひこうしたエンジニアスクールの活用をおすすめします。




キーワード