第二新卒の転職
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > ITエンジニア転職 > 未経験 第二新卒がweb系エンジニアに転職するのは難しい?

webエンジニア 未経験 第二新卒


webエンジニア 未経験 第二新卒の転職

第二新卒で開発業務未経験、でもWEBエンジニアとして転職したい、といった方もいらっしゃると思います。

第二新卒で転職したいけれど次の仕事は何をしよう?WEBエンジニアの仕事が面白そう・・・

ITエンジニアは人手不足、と言われているし調べてみたら第二新卒歓迎の求人も確かに多い。

年収も今よりもアップしそう。

でも、全くの未経験の第二新卒がweb系エンジニアに転職するのは難しいかな?と思っている方も多いのではないでしょうか。

この記事では第二新卒が未経験でWEBエンジニアに高い内定率で転職する方法についてご紹介しています。

IT業界は人手不足、第二新卒は未経験でもWEBエンジニアに転職しやすい

未経験からITエンジニアへ転職

未経験からITエンジニアとして転職を目指す方も多いのですが、その中でも第二新卒は採用の需要が高く、転職をするチャンスといえます。

第二新卒はあらゆる業界・職種で需要が高いといえますが、IT業界への転職でも同様です。

第二新卒の転職が有利な理由

美容師から転職のメリット

第二新卒で1回目の転職、というのは強力なカードであるということを抑えておくことは大切です。

だからこそ後述しますが、適性のある仕事に転職し長くキャリアを積むことが大切といえます。

第二新卒で1回目の転職だから

第二新卒で1回目の転職だから転職しやすい

ということですね。

第二新卒で2回、3回目の転職となると短期離職が続くことになりますので、市場価値が高いと言われる第二新卒でも転職が難しくなってきます。

長く働くことができない人材、という印象を面接官に持たれてしまうと転職のハードルが上がり採用されにくいです。

社会人経験あるのでビジネスマナーなどの教育コストが不要

第二新卒の方は、最初の就職先でビジネスマナーを身に付けているはずです。

企業としてはそうした基本的な教育が不要であることは魅力的です。

中途採用後、すぐにWEBエンジニアとしての教育をスタートすることができます。

その分、早期に戦力になってくれる可能性が高くなります。

第二新卒として真剣にエンジニアの仕事への転職を選んでいる

社会人として1年、2年と働いた中で色々と自分の将来のキャリアなどを考えて、IT業界への転職を選んだ、ということでやる気、モチベーションを評価して貰えるケースが多いです。

異業種転職であっても同様です。

ただし、1回目の転職だから、ということは大きいです。

転職回数がいたずらに増えないようにすることが大切です。

第二新卒は新卒と同様に未経験でもポテンシャル採用を狙えることも、ITエンジニアとして転職しやすい理由になります。

要は第二新卒はIT企業にとって魅力的!

ITエンジニアの人手不足は解消されることなく、さらに人手不足が加速しています。

「2030年には約79万人のIT人材が不足する」

と言われています。

現状でもITエンジニアは人手不足が明確となっています。

転職エージェント大手、DODAのデータによりますと、

「IT・通信の求人倍率は4.83」

となっています。

全体の求人倍率は1.66です。

(転職求人倍率レポート、2020年6月より)

多くの開発会社にとって、将来のエンジニア不足をいかに解消するか、エンジニアを確保するかはとても重要になってきています。

そうした状況もあり、転職先としてIT業界を志望している第二新卒はやる気があり、ポテンシャルもあり、企業から見てとても魅力的な人材といえます。

だからこそ、未経験でも第二新卒ならWEBエンジニアとして転職を狙うことが可能です。

28歳、29歳、30歳といった年齢で未経験からWEBエンジニアに転職を目指すのは、非常に難しいです。

WEBエンジニアの仕事、種類とは

WEBエンジニアといっても仕事内容によって大きく2つに分けることができます。

どちらを目指すかで求人を選んだり、エンジニアスクールでスキルを身に付けてから転職を目指す場合にはコースをしっかりと選ぶ必要があります。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドとは、ユーザーに見えている要素のことを指します。

WEB制作では、WEBブラウザ側(クライアント側)を指します。

その分、企業ホームページやスマホアプリなど仕事は非常に多岐にわたります。

HTML、CSS、JavaScriptなどを学んでおかれると、フロントエンドエンジニアとしてさらに転職しやすくなります。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアはフロントエンドエンジニアとは対照的な仕事となります。

ユーザーから見えないサーバー側の処理を担当するエンジニアです。

サーバー側で行う処理に対して必要なプログラムの開発や、サーバーで扱うデータの管理を行います。

PHP、Ruby、Python、Javaなどを学ばれておくと、よりサーバーサイドエンジニアとして転職しやすくなります。

未経験 第二新卒がweb系エンジニアに転職するには

採用されやすい、と言われる第二新卒であっても応募する開発会社によっては、未経験者は不採用の場合もありますし、ライバルとの比較で未経験が響き不採用になることもあるでしょう。

第二新卒はポテンシャル採用が狙える、とはいってもWEBエンジニアとして知識・スキルがあった方が転職成功率は格段に上がります。

そのためのエンジニアスクールが、今は多数あります。

時間もお金も無い、早く転職を決める必要がある、という方は求人サイトを利用したり、第二新卒の転職に強い転職エージェントを利用する方法がおすすめです。

未経験でもOK、ポテンシャル採用あり第二新卒のWEBエンジニア求人を狙う

リクナビNEXTは既に利用されている方も多いと思います。

第二新卒歓迎のエンジニア求人も多数掲載されていますので、情報収集にとても便利です。

⇒ リクナビNEXT

ITエンジニア求人に強めの第二新卒向け転職エージェントを利用して探す

他には、第二新卒の転職支援に強い転職エージェントの中でも、IT・WEB系の求人に強いところを利用する方法もおすすめです。

紹介職種割合でITエンジニアの比率が多いところとして、

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ Re就活エージェント

などがあります。

エンジニアスクールで学んでからWEBエンジニアへ転職を目指す方法

エンジニアスクールの中には、WEBエンジニアに必要なプログラミング言語、スキルを身に付けられるコースが用意されているスクールも多いです。

フロントエンドエンジニアへ転職を目指す場合には、HTML、CSS、JavaScriptを学ばれるのがおすすめです。

サーバーサイドエンジニアへ転職を目指す場合には、PHP、Ruby、Python、Javaなどを学ばれておくのがおすすめです。

TechAcademy

様々なエンジニアスクールがありますが、おすすめしているのはTechAcademyです。

TechAcademyは自宅で学べるオンラインのプログラミングスクールです。

フロントエンドコース、Javaコースなどたくさんのコースがあります。

TechAcademyは無料体験もありますので、まずはこちらで試してみる、というのもおすすめです↓

⇒ TechAcademy 無料体験はこちら

費用的にも、他のエンジニアスクールと比較してコスパも良いと思います。

第二新卒は未経験でもWebエンジニアに転職できる

第二新卒はIT業界に限らず、転職市場で価値の高い需要がある年代です。

最初の就職に失敗した・・・キャリアチェンジ転職を目指したい、といった場合にも有利に転職活動ができますし、同じ業界・職種で転職もしやすいという、有利さが多いのが第二新卒といえます。

今はオンライン面接が主流で、リモートワーク化に舵を切っている企業が多いです。

遠方に住んでいるエンジニアが採用されるケースも出てきていますから、第二新卒がエンジニア転職もチャンスが増えている状況といって良いと思います。

未経験からWebエンジニアへの転職を目指す場合には、転職エージェントを利用する方法、エンジニアスクールでプログラミング言語を学びスキルを身に付けてから転職を目指す方法がおすすめです。

転職エージェントを利用する場合には、IT業界に強い転職エージェントを選ぶことが大切になります。

未経験からIT業界へ転職 関連記事

未経験 ITエンジニアに転職するためのエンジニアスクール

需要や将来性を考えてITエンジニアは、未経験から転職を目指すおすすめの職種です。
高確率で未経験でITエンジニアに転職成功するには、エンジニアスクールで学ぶ方法がおすすめです。




キーワード