自分に合った転職先を見つけるには
社会人1年目の転職|次に失敗しないための転職サイト > 早期離職からの転職 > 早期離職・早期退職 転職を成功させるポイント

早期離職・早期退職 転職を成功させるポイント


早期離職 転職

入社間もなく会社を辞めたい!と思ってしまったら

新卒で入社して実際に働き始める時、どんな仕事、社会人としてキャリアを積み重ねていくのだろう、と期待に胸が一杯の新社会人だったはずなのに・・・

入社して間もなく、会社を辞めたい、この仕事を辞めたい、という気持ちが強くなる方もいます。
実際に入社して数日で退職(出社しなくなる)する人もいますよね。

そこまで短期間での退職ではなくても、新卒で入った会社を3ヶ月以内で辞める人も少なくありません。

3ヶ月も働いていれば、職場の雰囲気、上司の性格や社内での扱われ方、仕事の進め方、人間関係で悩む事もあるかもしれませんね。

入社する前の会社説明会などで聞いていた話と、実際に入社して働き出してみたら全然違う・・・と悩んでしまう事もあるかもしれません。

どうしても、という理由があるのでしたら入社してから短期間での退職も仕方無いと許される面もあります。

なんとなく仕事が合わない、面白くない・・・といった理由であれば、退職する事のリスクの方が大きいといえますので考え直した方が良い事もありますか、退職理由については一度真剣に考える必要はあるかなと思います。

それであっても、退職、転職を希望される場合には次の転職先で再び同じような事(退職)にならないように、しっかりと転職活動をする事が大切ですね。

第二新卒として1度目の転職ならば、転職に成功する可能性は高いといえます。
次の転職活動ではしっかりと情報収集をして成功するようにしたいですね。

入社1年目、退職して第二新卒として転職は可能

学校を卒業してから一度も就職していない人を「既卒者」と言います。

新卒入社をして例え1ヶ月、2ヶ月といったような短期間であっても働いていますから、早期退職だとしても第二新卒としての転職活動となります。

「2ヶ月で退職、ほとんど新卒みたいなものだから、職歴に書かないでもバレないだろう・・・」」

というのは避けなければなりません。

確かに早期離職者よりは、既卒者として就職活動をした方が就職先が決まりやすいとはいえます。
早期離職はどういった退職理由であれ、イメージは悪いですからね。

しかし、それは経歴詐称になってしまいますから、やってはいけない事となります。

経歴詐称をして入社をしたとしても、後日それがバレてしまった場合には解雇されるリスクもあります。

それに早期離職、第二新卒として転職活動をする場合でも、ちゃんと転職先を見つける事は可能ですから、正規に転職活動を行って自分に合った仕事、会社を改めて探した方が良いでしょう。

早期離職・早期退職 転職を成功させるポイント

早期離職、転職をしようと思った際に注意したいポイントがあります。

それは、

次の転職先が決まるまで勢いで会社を辞めてしまわない事

です。

在職しながら、転職活動をする事が大切!

新卒として入社した場合、早期離職を決めた場合にはお金がほとんど貯まっていないと思います。

また、失業保険も給付対象になるほど雇用保険がかかっていないでしょうから、そちらもあてに出来ませんね。

退職をすれば、当たり前ですが給料が入ってこなくなります

無収入なのに、生活費は必要。
特に一人暮らしをしていると、みるみるお金が減っていきます・・・。

経験があるのですが、どんどん貯蓄が減っていく恐怖感は言葉には出来ないほどです。

お金が尽きる・・・と精神的に追い詰められることは間違い無しの状況は、

どんな仕事、どんな会社でも良いから就職しなくては・・・

という気持ちになってしまう可能性が高いのですね。

本来であれば、もっと働きやすい会社、もっと自分がやりたい仕事に就くために転職しようと思ったはずなのに、「お金のために」たとえブラック企業でも良いから就職してお金を稼がなくては・・・という思考に変わってしまう可能性があることが怖いです。

それを避けるための方法は、やはり在職しながら転職活動をする、という事です。

残業があったり、休日出勤があったりと忙しい職場に勤めていると時間調整が難しいかもしれませんが、可能な限り在職しながら転職活動をされる事をオススメします。

転職エージェントも夜間対応していたり、週末も対応をしてもらえるところもあります。
普段はメールなどで情報共有を進めて行くことも出来るでしょう。

退職してから転職活動をするリスクはまだあります。

それはなかなか転職先が決まらないとき、ブランク期間が長くなってしまうと言うことです。

早期離職からの転職は、決まらない方は決まりません。
働いていない期間はブランク期間です。

ブランク期間が長い場合、「転職先が決まらない、何か問題がある人」という印象を持たれるようになってしまいます。

早期離職に加えて、そうした「問題がある人」というイメージを持たれてしまうと、さらに転職活動が難しくなってしまいます。

生活のためにやむなくアルバイトを始めると、フリーターになってしまい、こちらも転職にはマイナスイメージとなります。

そうした事を避けるたけめにも、出来る限り在職しながらの転職活動がオススメとなります。

早期離職からの転職、退職理由が最も重要!

入社1年目、早期離職をする場合。

やはり最も重要なのは「退職理由」です。

なぜ、辞めたいと思ったのか。

自分なりに退職理由をまとめた上で、様々な面接官の質問を想定して答えを準備しましょう。

「なぜ、こんなに早く辞めようと思ったのですか?」

「もう少し、仕事を続けられなかったのですか?」

「こんなに早く辞めるのでは、うちの会社に入社しても続かないのでは?」

時には厳しい質問が面接官からされる事も予想しておいた方が良いでしょう。

重要なのは、反論ではありません。

いえ、しかし、でも

こうした言葉を使うべきではありませんね。

早期離職の反省の上で、こうした働き方をしていきたい、などポジティブは受け答えに繋げられるように準備をする事が大切です。

早期離職という事実から、良いイメージを持たれていない事は覚悟して面接対策を進めていきましょう。

その上で、第二新卒として最低限のビジネスマナーや、短期間であっても身に付いたスキルなどをアピールする事も重要です。

入社1年目、早期離職からの転職は、大変ではありますがまだ無理ではありません。

本当に転職が厳しくなるのは、第二新卒として2回目、3回目など転職回数が増えてくる場合です。

早期離職からの転職、1回目の転職であればまだ転職成功のチャンスは多いといえますのでぜひ、自分に合った転職先を見つけるために情報収集からスタートしてみてはと思います。

転職エージェントを利用して転職活動をお考えの方は、

社会人1年目 転職エージェントは利用出来る?

経験の浅いことを気にして、未経験OKの正社員求人を中心に改めて情報収集をして転職先を探したい、サポートを受けながら転職活動をしたい、といった場合には、

経験の浅い社会人1年目の転職、正社員就職支援サービスを利用しての転職活動

をご覧になってみて頂ければと思います。

それぞれ、転職エージェントや就職支援サービスをご紹介しています。

早期離職からの転職だからこそ、サポートをしっかりと受けながら情報収集、転職先を探していくことが大切ではと思います。




キーワード