第二新卒転職で失敗しないために

新卒1年目,2年目の転職は失敗しやすい?


新卒1年目、2年目は転職に失敗しやすい?

新卒1年目や新卒2年目で転職する人も多いです。
実際、新卒1年目に転職することは可能です。

2年目であれば、第二新卒としてさらに転職はしやすくなるといえます。
市場価値の高い人材として、中途採用に積極的な企業は多いです。

ただ、転職の難しさ・厳しさもありますので退職してから転職活動をするのではなく、在職しながら転職活動をした方が経済的に追い詰められることが無いので良いです。

ブラック企業に就職してしまってもう身も心も限界・・・といった場合には、早期に退職することもひつようかも知れません。

ただ有効求人倍率が下がり、リーマンショック以上に不景気となる可能性、今の状況を考えると安易に退職すると次の転職先が見つからない可能性が高いです。

やはり出来る限り、在職しながら転職活動をされることをおすすめします。

エージェントを利用すると、採用意欲の強い企業を紹介してもらえる可能性が高く、転職活動も進めやすいでしょう。

新卒1年目、2年目の転職は失敗しやすい?転職活動のポイント

新卒2年目、転職に失敗

入社1年目だけど、やっぱり転職したい

本当は違う仕事がやりたいと分かったので転職したい

新卒入社1年目でも転職する人は、多いです。

例えば、厚生労働省では新入社員の離職率なども調査を行っていますが、調査結果からは毎年約10%以上の方が最初に就職した会社を退職しているということが分かります。

平成26年3月卒者では、

・高卒新入社員、1年目で 19.4% が退職

・大卒新入社員、1年目で 12.2% が退職

となっています。

退職してフリーター、ニートとなる人もいると思いますが、多くの方は転職を希望されるでしょう。
無収入だと困りますからね。

収入を得るためには、改めて仕事に就いて働く事が必要です。

新卒1年目の転職は可能ですが、難しさもあります。

転職に失敗すると、フリーターとして長く正社員になれない期間が続いてしまうかも知れません。

ブランク期間(正社員として働いていない期間)が長くなればなるほど、その後に内定をもらうのが難しくなってしまいます。

新卒1年目の転職だからこそ、しっかりと転職成功のためのポイントを抑えて、転職活動を進めていくことが重要です。

転職のスケジュールを把握する

新卒1年目での転職、となると新卒時の就職活動の進め方とは全く違う事を理解して、スケジュールを考える事が重要です。

20代の方が多いと思いますが、高卒で新卒1年目と10代の方もいるかもしれませんね。

初めての転職活動ということで転職活動の全体像、スケジュールが分からずに転職活動をすぐに始めてしまう方も多いのではと思います。

退職するにも手続きが必要ですし、時間もかかります

辞めたいから、すぐに辞められるといった事ではありません

ここを見逃している方も多いので、退職時にトラブルになりがちです。

希望通りのタイミングで転職が成功出来るように、まずは転職活動のスケジュールを立ててみてください。

一般的なスケジュールとして、

・自己分析、情報収集 : 1ヶ月
・求人への応募、選考、内定 : 1~2ヶ月
・退職手続き :1~2ヶ月

くらいは時間がかかると考えて良いでしょう。

スムーズに転職活動が進んで3ヶ月。
退職時の引き留め、トラブルがあった場合には4ヶ月、5ヶ月など時間が掛かることも予想されます。

新卒1年目ですから、そこまで業務引継などに時間がかかるとは思えませんが、人員補充で時間がかかる可能性はあります。

次の人を採用できるまで退職された困る、といった事ですね。

退職意思を上司に切り出せなかったり、退職するまでに想定よりも時間がかかってしまうと、今度は内定が出た会社への入社日の調整が困難になります。

何度も入社日の調整が出来ない事もあります。
そうなると、転職が流れてしまう可能性もありますので注意が必要です。

退職時の手続きは、トラブルになりがちですから十分に注意したいですね。

退職理由がなんであれ、円満退社が基本となります。

転職理由を明確にすること

ブラック企業へ入社してしまった
今の会社、仕事を辞めたいと思った理由が必ずあるはずです。

まずはしっかりと、転職理由を書き出す事から始めてみてください。

安易に転職をしてしまうと、次の転職先でも同じような理由で再び「転職したい」と考えてしまう可能性があります。

どんな会社であればもっと頑張れるのか、どんな仕事なら辛くても続けられるのか、どんな自分になりたいのか、といった事も含めて転職先を選ぶ事が大切といえますね。

転職理由を明確にすることで、実は転職をしなくても解決出来る可能性もあります。

新卒1年目での転職。
短期離職はやはりキャリアとして、避けられるなら避けた方が良いですからね。

転職回数が増えるのは、今後の転職に悪影響を及ぼす可能性が非常に高いです。

新卒1年目、2年目での転職は不利になる事を覚悟しておく

新卒1年目での転職は、やはり不利になる事が多いです。

新卒2年目でも転職は難しいケースも実際あります。

転職をポジティブに考える事も大切ですが、面接官の多くはネガティブに見ている事は理解する事が大切です。

採用してもまたすぐに辞めてしまうのでは?

忍耐力が無い人材ではないだろうか

新卒1年目の転職では、ビジネスマナーもあまり身に付いていない

3ヶ月で退職だとほぼ新卒。採用するメリットはあるだろうか?

新卒1年目での転職、あなたにはメリットはありますが、企業側にはそこまで大きなメリットが無い事を理解して転職活動をする事が重要といえるでしょう。

新卒2年目も経験が浅いことは事実ですから、厳しく面接官から評価されることもあります。

ただし、転職理由によっては職歴の短さというデメリットよりも、これからの伸びしろ、ポテンシャルを買ってくれて中途採用されることも多いです。

不利を覆せるように、転職理由を明確にすること。
企業研究に十分時間を取り、志望動機をしっかりと作る事などが大切です。

面接では面接官の不安をいかにひっくり返せるかにかかっていると言って良いでしょう。

新卒1年目、新卒2年目の転職を成功させるには

新卒入社1年目、2年目での転職は、社会人経験も浅く、企業を選ぶ目にも自信が無い方も多いと思います。

また次の転職先で同じようなことになったらどうしよう・・・

ブラック企業かどうか、自分では見分けが付かない

優良企業(ホワイト企業)に転職したいけれど、どれがそうなのか分からない

転職経験が無いですし、ノウハウも無いために転職活動のはじめ方で迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そうした場合には第二新卒の求人に強い転職エージェントの活用がオススメです。

第二新卒に強い転職エージェント

当サイトでも「第二新卒の転職支援」を得意とする正社員就職支援サービスをご紹介していますが、

⇒ DYM就職

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

⇒ ジェイック

といった転職エージェントは、早期離職者の転職もサポートしてもらう事が出来ます。

これまで多くの方の転職支援をしてきて実績がありますから、一人ひとりに合わせてアドバイスをもらう事が出来ます。

また、早期離職者もOK、人物重視・ポテンシャル採用で選考してくれる企業からの求人紹介をしてもらえる事も、転職エージェントを利用する大きなメリットですね。

一人で迷って転職活動が進まないよりも、こうした転職エージェントを利用して薦めた方が、短期間で希望の転職が成功する可能性が高いと言えます。

相談から始める事が出来ますから、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事として、

入社1年目、すぐ辞めても転職に成功する方法

なども合わせてご覧になってみてください。

新卒1年目、2年目が転職で失敗するパターンとは

新卒1年目、転職に失敗

新卒1年目、2年目といった職歴が浅い時期に転職して失敗しやすいパターンとしては、次のような転職の場合があります。

明確な転職の目的が無い(なんとなく今の仕事を辞めたい)

「なんとなく今の仕事を辞めたい、今の会社を辞めたい」

「次にやりたい仕事も特にないけれど、今の会社はイヤだから転職したい・・・」

新卒で入社して働いた場合、当然ですが1社目の会社です。

他の会社で働いたときと比べてこの会社はどう、といった比較が出来ませんから多くの場合には何かしら職場、会社に不満を持ったり、もっと良い会社があるのではないかな・・・といったことを考える方も多いと思います。

しかし、新卒として転職に成功するには、目的が必要です。

転職理由が明確にならないと、転職先を決めることがそもそも出来ません。

また全て面において希望を満たせる転職先も滅多にありませんから、何かを妥協することになるでしょう。

転職の優先順位を決めることも大切になりますので、なんとなく今の会社を辞めたい、といった理由では無く、○○の仕事をするために転職する、といった目的が大切となります。

給料、年収の高さで転職先を決めてしまう

今の会社の給料が低い、年収が低いことが不満で会社を辞めたい、転職したい、といった方も多いと思います。

残業時間の長さ、基本給の低さ、賞与(ボーナス)が少ない・・・出ない。

給料は働く上ではとても大切です。

手取りや生活レベルにも直結してきますし、将来に向けての貯金もしたいですよね。

年齢を考えて、平均年収よりも大幅に低い年収の場合には、やはり高給与で募集を行っている企業は魅力的に思えます。

しかし給与の高さだけでは仕事を続けていくのは難しいです。

転職した会社でどんな仕事ができるのか、キャリアを積むことができるのかも重視しながら転職先を探すことた失敗を回避するためにも重要です。

企業研究が足りていない

第二新卒は需要高いため、それまでの経歴、応募先の企業が欲しい人材像が一致すれば、とんとん拍子に内定まで進むことはあります。

企業研究が足りていなくても、内定獲得といったことがあります。

しかし、そうなると入社してからミスマッチに感じる部分が出てくる可能性が高いです。

できれば会社の社風、入社後の働き方、人間関係、上司や社長の人柄なども含めて情報収集をしておきたいものです。

個人ではこうした企業の内部情報を知るのは難しいのですが、転職エージェントを利用すれば、かなり詳しい情報を得ることができますので参考にすることが出来ます。

第二新卒、20代向けの転職エージェントは、企業に直接足を運び、情報収集を行っていますので個人レベルでは得られない情報を教えて貰いながら、さらに転職成功のためにサポートも受けられることになります。

新卒1年目、2年目など第二新卒の転職に欠かせないもの

新卒1年目、2年目など第二新卒の転職には、転職エージェントの利用は欠かせないといえます。

⇒ 第二新卒エージェントneo

⇒ ハタラクティブ

⇒ 就職shop

などがあります。

新卒、2年目の転職成功のポイント

新卒1年目、新卒2年目で転職に成功するには、先ほどもありましたが転職理由を明確にすることは転職成功のために大きなポイントとなります。

転職理由を明確にする

転職理由が明確になっていれば、大変な転職活動もモチベーションを保って進めていくことができるはずです。

在職しながらの転職活動になる方が多いと思いますが、仕事を続けながら転職活動をするのは、とても大変です。

転職活動のための時間が取れずにストレスを感じることもあるでしょうし、退職のための手続きをすることを考えてもストレスです。

円満退職を目指す必要もあります。

退職することも、結構、大変なんです。
強い引き留めにあってしまって、退職日の調整が困難になり、内定先に入社時期の変更を依頼せざるを得ない・・・といったこともあるかもしれません。

転職理由を明確にすることで、転職活動の大変さも乗り切れるようにすることが必要です。

なんとなく今の会社を辞めたい、と転職活動をスタートした場合、転職や退職手続きが大変だから転職活動自体を辞めようかな・・・といったことにもなりかねません。

第二新卒に強い転職エージェントを活用する

新卒1年目、2年目では転職活動は初めて、という方が多いと思います。

転職活動の進め方、情報収集の仕方、求人には掲載されていない企業の詳しい情報も得ることが大切です。

第二新卒の特性を理解し、第二新卒を歓迎する企業の求人を多く取り扱っている転職エージェントの活用がおすすめです。

一般の転職エージェントが持つノウハウとはまた違った転職ノウハウが第二新卒向けにはあります。

⇒ 第二新卒に強い転職エージェント

で、おすすめ転職エージェントをご紹介しました。

こうした第二新卒の転職に強い転職エージェントを活用しての転職活動がおすすめです。




キーワード