新卒1年目、転職に悩む

新卒 ミスマッチで就職してしまい、転職したい時


新卒 ミスマッチ 転職

新卒 ミスマッチで就職してしまい、転職したい!

新卒1年目で仕事を辞めたい、転職したい!という方は多いです。

早期離職の大きな理由は、やはり雇用のミスマッチといって良いでしょう。

ミスマッチが起こる場面、原因は様々ありますが労働者としても、雇用側としても損失は大きいです。

早期離職の理由としてブラック企業へ就職してしまった、といったケースもあります。

社会人1年目の転職理由

社会人1年目の転職理由で多いものとしては、

・労働条件(労働時間、休日、残業)
・人間関係
・仕事が自分に合わない
・給料が安い
・重いノルマ、責任

といったものが主な転職理由として挙げられます。

こうした部分で、新卒入社して実際に働き始めてから不満、ミスマッチを感じる事から1年目での転職につながるケースが多いと言えます。

新卒としての就職活動では、実際のところ正社員として働くということに理想が含まれている事もあり、働く事に対してしっかりとした理解が無い場合もあるでしょう。

また、企業研究が仕切れていないケースもあるといえます。

もちろん、企業側の採用プロセスが適切では無くて自社にマッチした人材を採用できていない、といった可能性もあります。

ミスマッチでの就職は双方にとって出来れば避けたいところ・・・ですが、既に就職してしまっている場合には退職、転職した方がその後のキャリアでメリットが大きい場合もあります。

自分に合った会社、仕事を見つけるための転職

新卒1年目での転職は、第二新卒として転職活動をする事が出来ます。

2社目のへの転職ですから、次こそは失敗したくない、転職に成功したい!という気持ちが強い方も多いでしょう。

社会人経験が3年以内で転職希望される方を、現職中、離職中を問わず第二新卒といいますが、第二新卒者を歓迎、中途採用に積極的な企業は増えています。

次の転職先選びでも同じミスマッチをしてしまうと、早期離職に繋がってしまう可能性がありますからね。
しっかりとした情報収集が大切です。

第二新卒として転職活動をするといっても、新卒1年目の場合には特別アピール出来るようなスキル、経験がある方は少ないでしょう。

履歴書や面接で話を盛りすぎてしまうと、詰められる原因となってしまいます。

質問に対して上手く答えられないと・・・それは不採用の可能性を高めてしまいますから、出来る限り素直に答えた上で仕事への熱意、やる気アピールへ繋げていきたいところですね。

そうした面接対策なども含めて、第二新卒歓迎の求人、企業の詳細な情報、日程調整などトータルで転職活動をサポートしてくれるエージェントの活用がオススメです。

⇒ 経験の浅い社会人1年目の転職、正社員就職支援サービスを利用しての転職活動

こうした転職エージェントが保有するのは100%正社員求人です。

一人での就活と比べると、担当コンサルタントとしっかりキャリアカウンセリングを行って、適性ややりたい仕事、興味のある仕事を情報共有してから求人紹介となります。

また企業側が採用したい人材像についても把握しているため、ミスマッチは起こりにくいといえます。

こうした第二新卒向け転職エージェントを利用する際には、定着率についても注目される事をオススメします。

新卒入社、転職者の定着率が高い職場は、働きやすい可能性がやはり高いですよね。

第二新卒としてミスマッチ転職が続くと、非正規雇用で将来が描けない将来(末路)が待っている可能性もあります。

20代前半で2社目となる転職では、出来る限り慎重に転職先を選ぶ事が大切と言えます。

第二新卒でもさらにミスマッチの転職を繰り返すと・・・

第二新卒も売り手市場と言われます。

実際、求人サイトを利用して求人を調べてみると、

第二新卒歓迎

といった記述のある求人が多数見つかります。

第2新卒者は、ビジネスマナーなど一通りの研修を受け終わっており、経験、スキルがなくても中途採用したい、という企業は多いです。

教育コストが安く済み、短期間で戦力となる人材だからですね。

しかし、希望する職種によっては正社員求人が少ないのが現状です。

第二新卒として求人募集が多いのは、

・営業職
・コールセンター
・サービス、販売
・介護
・製造の技能職

などです。

特に女性から人気が高い仕事に事務職がありますが、事務職の求人にこだわっている場合には契約社員などで探さなければ見つからない事も。

売り手市場といっても、30歳を越えると未経験者や経験の浅い人材は転職が厳しい状況は変わりありません。

今後のキャリアを考えると、適職に就き、経験年数を長くする事も重要です。

非正規雇用のスパイラルに陥らないために、次の転職先をしっかりと見極めて自分に合った仕事、会社を選ぶ事が大切といえます。

⇒ 経験の浅い社会人1年目の転職、正社員就職支援サービスを利用しての転職活動




キーワード