IT業界へ転職
社会人1年目,2年目,3年目の転職|第二新卒おすすめ転職エージェント > ITエンジニア転職 > プログラマー 未経験 知識なしで就職できる会社もある?

プログラマー 未経験 知識なし


プログラマー未経験知識なしで就職は可能です

未経験、知識なしの状態でもプログラマーに就職することは可能です。

完全にIT未経験、知識なしでもプログラマーに就職することができます。
安心して大丈夫です。

第二新卒で未経験・知識なしから将来性のあるIT業界へ転職したい、とお考えの方も多いと思いますので、その点は安心して大丈夫ではと思います。

しかし注意点があります。

第二新卒で転職しやすい時期にブラック企業に就職してしまい、いたずらに短期離職の経歴を増やしてしまう・・・ということにならないように、知識なし未経験でプログラマー就職を目指す際に気をつけたいことをまとめてみました。

未経験OKのプログラマー求人探しの方法もポイントになります。

未経験OKのプログラマー求人

未経験OKのプログラマー求人

未経験OKのプログラマー求人があります。

年齢が若ければ、プログラマー未経験・知識なし、といった状況で応募しても就職は可能です。

特に東京都はエンジニア需要が国内で最も高く、未経験歓迎のプログラマー求人も多く見つけることができます!

未経験からプログラマーになるために東京に上京しようかな、とお考えの方も多いのではと思います。

でも、ちょっと待ってください

就職する会社によってはあなたがプログラマーとしてイメージする開発業務を担当することはできないかもしれません。

プログラマー未経験 知識なしで就職できるのはブラック企業?

IT業界には様々な仕事があり、

「未経験、知識なしゼロ」

の人でもできる仕事があります。

また簡単な研修の後すぐに派遣されるような、とにかく人数を集めて派遣し稼ぐ企業もあります。

基本的に、全くの未経験、スキルゼロ、知識ゼロで就職できる企業は思い描くようなプログラマーの仕事ができる可能性はとても低いです。

ブラック企業の可能性が非常に高いです。

急がば回れ、ではありませんが未経験からプログラマーとして就職を目指す場合、IT関連の資格を取得したり、プログラミングスキルを身に付けてから就職活動や転職活動をした方が、良い会社、ホワイト企業に就職できる可能性が高くなりますよ。

ブラック企業をIT業界への就職の入り口として利用して、合間に自分で勉強して上流の会社に転職を目指す、という方法も言われることがありますが体力的に難しいと思います。

余力が無いので、自宅に帰ってもボロボロで寝ることしかできない・・・と思います。

プログラミング未経験で就職しやすいタイミング

1年目、転職に成功するには

プログラミング未経験で就職や転職しやすいタイミングがあります。

それは、

・新卒
・第二新卒

のタイミングでです。

企業としては、即戦力ではなくポテンシャル採用を行うため未経験でも問題になりません。

プログラミングスキル・知識がある方は歓迎されますが、それ以上に人間性やプログラマーとして仕事を続けられそうか、ポテンシャルが重視されます。

第二新卒もほぼ新卒と同じように考えて貰えますので、即戦力ではなく採用した後に期待、ということで未経験でも中途採用してもらえる可能性は高いです。

求人サイトで未経験OKのプログラマー求人を探して応募する方法もありますし、第二新卒の転職支援に強い転職エージェントの中でも、IT・WEB系の求人に強いところを利用する方法もおすすめです。

紹介職種割合でITエンジニアの比率が多い転職エージェント

紹介職種割合でITエンジニアの比率が多い転職エージェントとして、

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ Re就活エージェント

などがあります。

20代なら未経験でもプログラマーに採用されやすい

プログラミングを学ぶ

ITエンジニアは人手不足です。

人手不足の業界・職種は未経験歓迎の求人が増える傾向が強いです。

特に20代は未経験者を採用したとしても伸びしろがありますし、知識の吸収も30代、40代と比較して柔軟で早いです。

年齢も若い分、未経験から採用したとしても長く働いてもらえますから、その分、未経験者の中途採用にも積極的な企業が多いといえます。

ただ、全くのプログラミング知識ゼロで就職を目指すよりも、2,3ヶ月といった期間であってもプログラミングについて学び、知識があるとより高確率で未経験からプログラマーとして就職しやすくなります。

無料で利用してプログラマーとして就職を目指せるプログラミングスクールもありますし、学べるコース・プログラミング言語が多い有料プログラミングスクールも多数あります。

こうしたスクールでITエンジニアとして働くための基礎知識を身に付けることで、さらに未経験からプログラマーに採用されやすくなります。

多くのプログラミングスクールは就職支援も利用できますから、ぜひ活用をおすすめします。

未経験からプログラマー求人に応募する前に準備しておきたいこと

キャリアチェンジ転職しやすいITエンジニア

知識なし、未経験からITエンジニアやプログラマーとして就職を目指すことは可能です。

しかし何の準備もなしに未経験可のプログラマー求人に応募しても、採用されるのは難しいです。

未経験者が採用されるための準備をしっかりと行っておきましょう。

未経験からプログラマーとして就職を目指す場合、やはり強くアピールしたいのはポテンシャルです。

プログラマーの仕事について理解しておく

エンジニアの仕事

面接対策ともなりますが、プログラマーの仕事について正しく理解しておくことはとても重要です。

プログラマーってどんな仕事をするのか、ということは情報収集して理解することが大切です。

他のエンジニア職の仕事と混ざってしまっていると、面接で志望動機や将来のビジョンを話したときに「プログラマーについてちゃんと理解していない」と思われてしまいます。

面接での大きな減点とはならないとは思いますが、あまり良い印象ではないでしょう。

プログラミングの勉強をしておく

プログラマーとして就職を目指したいのに、プログラミングをしたことも無い、というのは大きなマイナスです。

他の応募者が「プログラミングを勉強しています!」とアピールしている場合、比較されると、やる気に乏しいことは確実です。

プログラマーになりたいのに、プログラミングにトライしたことも無いのではポテンシャルも判断すぐのが難しいでしょう。

プログラマーとして就職を目指す以上、最低限、1つの言語の基礎は学んでおかれるとアピールしやすくなるでしょう。

将来のビジョンを明確に

企業側としては、求職者が将来どんなプログラマーになりたいのか、ステップアップしてどんなエンジニアになりたいのか、といったことも知りたいと考えています。

積極的に努力できる人かどうかの判断にもなります。

将来像がある方が、採用担当者にアピールできることは間違いありません。

しかし、そのためにはプログラマーの仕事、エンジニアの仕事を正確に理解することが必要になります。

知識を身に付けてからプログラマーとして就職するのがオススメ

新卒1年目、未経験職への転職

人手不足のIT業界なら、未経験でも就職しやすそう

といった考えの方もいるかもしれません。

しかし、そうした考えで仕事探しをしてもブラック企業に引っかかってしまう可能性が高くなってしまうのであまりおすすめできません。

数ある職種の中から、プログラマーに興味を持たれたのでしたら、ぜひプログラミングについて学習されることをおすすめします。

プログラミングスキルが無い人を採用するのは、採用担当者としてもリスクがあります。

プログラマーになりたいのでPHPを学んできました!

とアピールしてくれた方が採用しやすいです。

作品を提出できると、それだけでポイントが高くなりますのでオススメです。

よほどレベルが低いものでなければ、やる気も含めて評価してもらえることが多いと言えます。

プログラマーを目指す以上、何か1つはプログラミング言語を学ばれることをおすすめします。

未経験からプログラミングスキルを身に付けるための方法

キャリアチェンジ転職しやすいITエンジニア

未経験からプログラミングスキルを身に付ける方法としては、以下が挙げられるでしょうか。

・独学で学ぶ
・専門学校で学ぶ
・プログラミングスクールで学ぶ

独学で学ぶ方法はコストを安く抑えることができます。

しかし、挫折する可能性がとても高いのでオススメできません。

独学すると分からないことだらけですし、学習する順番を間違える可能性が高いです。

すると、より挫折する可能性が高くなります・・・

IT業界への就職、転職を目指す専門学校もありますが、学費が高額です。
そこまでお金は無い・・・といった方も多いでしょう。

現実的な方法としては、プログラミングスクールを利用して学ぶ方法かなと思います。

プログラミングスクールの費用はスクールによってかなり差がありますが(カリキュラム、コースにも差があります)短期間で必要なスキルを身に付けることができます。

また、最近はほとんどのプログラミングスクールが就職サポート付きです。

就職成功率の高さを売りにしているプログラミングスクールが多いですから、自力で就活をするよりも成功率が高いのも魅力的です。

プログラミングスクールに必要な費用は、IT業界に就職できればすぐに回収をすることができますよ。

未経験からIT業界へ転職 関連記事

未経験 ITエンジニアに転職するためのエンジニアスクール

需要や将来性を考えてITエンジニアは、未経験から転職を目指すおすすめの職種です。
高確率で未経験でITエンジニアに転職成功するには、エンジニアスクールで学ぶ方法がおすすめです。

未経験でプログラマーに就職できる年齢の限界

新卒1年目、2年目で転職を考えている第二新卒の方が多くご覧になっているのでは、と思うのですが、未経験でプログラマー転職に挑戦できる年齢の限界は何歳くらいなのでしょうか?

特に資格など必要ないプログラマーの仕事ですが、未経験から転職する年齢の限界としては30代後半といって良いと思います。

過去に知っている事例として、30代後半の方が未経験の状態で異業種転職されてきました。

勉強して知識を身に付けてからの転職となりますので、そうした転職活動の方法であれば可能性はあるということになります。

さすがに全くの未経験、転職してから現場で働きながら学びたい、といった受け身な方は年齢的に転職は無理でしょう。

人数確保が優先のブラック企業であれば転職は可能かもしれませんが、その後のキャリア展望が全く見えません・・・

未経験でプログラマーを目指すのであれば、年齢が高くなればなるほど勉強してから転職活動をする方法がおすすめです。

人手不足のIT業界では様々な仕事があり、30代でも転職を目指すことは現状では可能と言って良いでしょう。

なりたいエンジニア像を決めて、プログラミングの勉強を

プログラマー、といってもどういった開発の仕事をしたいかで目指すべきエンジニアが変わってきます。

プログラマーといっても種類があります。

・組み込み・制御系プログラマー
・汎用系プログラマー
・オープン系プログラマー
・WEBプログラマー
・アプリケーションプログラマー
・ゲームプログラマー

プログラマーとしてどんなお仕事をしたいのか?といったことを自分の中でイメージを使って必要な言語を学ぶことが大切になります。

WEBプログラマーとして就職を目指したいのに、需要が少ない言語を学んでしまうと就職は難しくなってしまいます・・・

就職の可能性を高めるには、プログラミングスキルを身に付ける方法が一番です。

先ほどご紹介したプログラミングスクールの中では比較的安価で学びやすい、

⇒ TechAcademy(無料体験あり)

がおすすめです。

無料のエンジニアスクールもありますが、学べる言語がかなり限定されるデメリットがあります。

なりたいエンジニア像があるのでしたら、有料のエンジニアスクールで必要な言語をしっかりと学ばれるのが良いと思います!

まずは無料体験をぜひ活用してみてくださいね。

⇒ TechAcademy(無料体験あり)




キーワード